トップページ > 入れ歯

入れ歯Dental Guide

主なサイトコンテンツContents

用途や素材によって様々な種類が存在する入れ歯

インプラントとは?

入れ歯と一口に言っても様々な種類があります。 まず、形態上の違いとして総入れ歯と部分入れ歯があります。総入れ歯とは、歯が全部失われてしまった場合に使われます。 健康保険が適応されている総入れ歯は義歯床がプラスチック製のものしかなく、値段は凡そ1万円前後です。部分入れ歯は、まだ歯が残っている場合に使われます。続きを読む…

古代から現在までの入れ歯の歴史

インプラントの方法

入れ歯の歴史はかなり古く、紀元前から入れ歯が使われていたということをご存知でしょうか。 最も古い入れ歯と言われているものが、 エジプトにあるギザの墓場から発掘された紀元前2500年頃のものと思われる義歯です。 古代エジプトには既に歯科医師が存在していたと言われており、発掘されたミイラから虫歯の治療痕なども明らかになっています。続きを読む…

様々な種類の入れ歯のメリットやデメリット

インプラントの費用

動物の世界では、歯を失ってしまった動物は満足な栄養を取ることができなくなり死んでしまうという例もあるほど 歯というのは生きる上で非常に重要なファクターであることは間違いありません。 またたくさん噛む(咀嚼をする)ことで、満腹中枢が刺激され少量でも満足感を得られたり、 唾液をたくさん出すことで免疫力の向上や、虫歯予防…続きを読む…

~保険適用から自己負担まで~入れ歯にかかる費用の相場

インプラントのメリット

<総入れ歯>名称:スルフォンデンチャー 費用:10,000円前後の費用がかかります。素材:義歯床の素材はレジン(プラスチック)製のものしか選べません。<部分入れ歯>費用:5,000~13,000円程度の費用がかかります。素材:クラスプは金属のものしか選べません。<ブリッジ>費用:10,000~50,000円程度の費用がかかります。続きを読む…

保険適用の入れ歯も使いようによっては快適に

インプラントの失敗

入れ歯は高額なものと考えている人もいるかもしれませんが、 保険が適用されると総入れ歯で約10,000円程度、 部分入れ歯で5,000~13,000円程度、 ブリッジの場合10,000~50,000円程度の費用で治療をする事が可能です。 自己負担の場合、総入れ歯の相場は200,000~700,000円程度、 …続きを読む…

正しい入れ歯の手入れ方法と口中内の菌による影響

インプラントのアフターケア

総入れ歯の場合、虫歯の恐れがないからと入れ歯の手入れを怠ってしまうと、変形や変色などが起きてしまい最悪の場合作り直す必要さえも出てきてしまいます。 安心して長く使うためには、毎日の丁寧なお手入れが必要不可欠です。 手入れが不十分な入れ歯は、菌が繁殖して歯や歯茎に悪影響を及ぼす可能性があるほか、口臭の原因、義歯性口内炎などの原因にもなります。続きを読む…

Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.