デンタルガイドトップ入れ歯正しい入れ歯の手入れ方法

正しい入れ歯の手入れ方法

入れ歯の手入れをじゅうぶんに行うと、キレイな状態で長く使用することができます。ここでは正しい入れ歯の手入れ方法について解説します。

手入れの重要性

ピカピカの入れ歯

総入れ歯の場合、虫歯の恐れがないからと入れ歯の手入れを怠ってしまうと、変形や変色などが起きてしまい最悪の場合作り直す必要さえも出てきてしまいます。

安心して長く使うためには、毎日の丁寧なお手入れが必要不可欠です。

手入れが不十分な入れ歯は、菌が繁殖して歯や歯茎に悪影響を及ぼす可能性があるほか、口臭の原因、義歯性口内炎などの原因にもなります。

そのため食べ物を食べた後は、極力早くに入れ歯を清潔にするように心がけましょう。

特に、部分入れ歯やブリッジの場合は、残っている健全な歯を守るためにもよりしっかりと歯と入れ歯を清潔磨くようにしましょう。

優しく丁寧に磨くことの必要性

入れ歯を洗う

プラスチック製で出来た入れ歯は特に汚れや最近などが付着しやすいため、食後や寝る前には丁寧に歯を磨くことが大切です。

磨く歯ブラシは、一般的な歯ブラシ若しくは入れ歯専用の歯ブラシを使いましょう。入れ歯を落としてしまった際を考慮して、洗面台には水を張りましょう。

また、プラスチックで出来た入れ歯は傷つきやすいため、流水下で優しく磨くようにしましょう。

入れ歯の表面に傷をつけてしまうと、細菌が付着しやすくなってしまうため、歯磨き剤や、洗剤など使うのは避けましょう。

部分入れ歯の場合、クラスプ(バネ)の部分に食べかすが溜まりやすいため丁寧に洗浄し、また部分入れ歯と隣接している土台の歯の間も食べかすが溜まりやすいので丁寧に磨きましょう。

部分入れ歯を容易に外せる環境の場合は、食事ごとに外して丁寧に洗浄することが望ましいです。

また、当然のことですが、入れ歯以外にも自分の歯もしっかりと磨くことを忘れずに行いましょう。

ブリッジの場合食べかすが歯間に溜まりやすいので、歯間ブラシを使ってしっかりと食べカスを掻き出すことが大切です。

手入れを怠ると、支柱にしている健全な歯が虫歯になってしまったり、歯周病などになってしまう可能性があります。

入れ歯洗浄剤を使うことの必要性

歯ブラシで入れ歯を洗う

汚れたままの入れ歯を装着し就寝してしまうと、菌が増殖し歯や歯茎にとって悪影響をもたらします。

入れ歯洗浄剤を使うことによって、1日の汚れを綺麗にすると共に、口臭予防や義歯性口内炎の予防に繋がりますので、就寝前は、丁寧に入れ歯を磨き、その後入れ歯洗浄剤を使うことをお勧めします。(1晩漬け置くと効果的です。)

入れ歯洗浄剤で洗浄が終わったあとは、歯ブラシを使用し流水下で優しく丁寧に洗浄剤を洗い流しましょう。

入れ歯の保管方法

入れ歯を水に付ける

入れ歯は乾燥に弱いため、そのまま放置をしてしまうとひび割れや変形の原因になってしまいます。

使用しない場合は、水を張った入れ物に入れるようにしましょう。

尚、プラスチック製の入れ歯は比較的熱に強いのですが、入れ歯によっては加熱に弱く変形してしまうものがありますので、熱湯を注ぐことは避けましょう。

煮沸消毒がしたい場合、利用している入れ歯の耐熱温度をよく確認し、医師などに相談しましょう。

入れ歯にも歯垢や歯石がつきます

入れ歯を磨く

入れ歯についた歯垢をデンチャープラークといいます。

部分入れ歯の場合特に、クラスプの部分に歯垢がたまりやすいため、特に丁寧に磨くことを心がけましょう。

また、歯石は食べかすなどが石灰化したもので、水洗いでは容易に落とすことが出来なくなってしまいますので、日々のお手入れがとても重要になります。

口内には細菌が多く存在しており、入れ歯と歯茎の間は最近の格好の住みかといっても過言ではありません。

そのため日頃からきちんと手入れを行っていないと、口内の最近が原因による義歯性口内炎や、誤嚥性肺炎になってしまう恐れも出てきてしまいますので、気をつけましょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.