デンタルガイドトップ入れ歯入れ歯にかかる費用の相場

入れ歯にかかる費用の相場

入れ歯は高いという印象があるかと思いますが、内容によってはそう費用がかからない場合もあります。ここでは入れ歯に必要な費用を保険適用の場合と保険適用外の場合でみてみましょう。

保険適用の場合

総入れ歯

総入れ歯

名称:スルフォンデンチャー
費用:10,000円前後の費用がかかります。
素材:義歯床の素材はレジン(プラスチック)製のものしか選べません。

部分入れ歯

部分入れ歯

費用:5,000~13,000円程度の費用がかかります。
素材:クラスプは金属のものしか選べません。

ブリッジ

費用:10,000~50,000円程度の費用がかかります。
素材:前から4番目以降の歯には金属のものしか選べません。

基本的に保険が適用されるものは、安価な分、付け心地や見た目を選ぶことはできません。より快適なものを装着するためには自費負担が必要となります。

保険適用外の場合<総入れ歯>

総入れ歯

コバルトクロムプレート

費用:180,000~220,000円程度の費用が掛かります。
素材:義歯床の素材はコバルトクロム製です。

チタンプレート

費用:300,000~350,000円程度の費用が掛かります。
素材:義歯床の素材はチタン製です。

ゴールドプレート

費用:500,000~700,000円程度の費用が掛かります。
素材:義歯床の素材はゴールド製です。

トルティッシュプレート

費用:270,000円~300,000円程度の費用が掛かります。
素材:樹脂で出来たの義歯床と細かいメッシュ状になっている金属プレートで出来ています。

コンフォート義歯

費用:100,000~200,000円程度の費用が掛かります。(別途入れ歯代)
素材:シリコーン

総入れ歯は主に義歯床の違いによって値段が大幅に変わります。値段が高価なものほど、素材の持ち・見栄え・フィット感が良く、熱伝導率も良いため食事を楽しむことができるようになります。

保険適用外の場合<部分入れ歯>

部分入れ歯

コーヌス・テレスコープ

費用:500,000円~1,500,000円程度の費用が掛かります。
素材:セラミック

スマイルデンチャー

費用:100,000~200,000円程度の費用が掛かります。
素材:スーパーポリアミドナイロン樹脂

フレキシブル義歯

費用:100,000~150,000円程度の費用が掛かります。
素材:フレキシブル樹脂

ホワイトクラスプ

費用:20,000~30,000円程度の費用がかかります。
素材:プラスチック

アタッチメント義歯

費用:10,000~100,000円程度の費用がかかります。(別途入れ歯代)
素材:磁石

部分入れ歯は主に残っている歯に対しての負担の違いや、見た目・フィット感によって値段が異なります。銀のクラスプを白色に変えるだけで1本20,000円前後必要となりますので決して安いとは言い切れませんが、前歯など見える位置に部分入れ歯を装着することになった場合、クラスプが気になって話すことが嫌になってしまったなどという人も実際にいます。

保険適用外の場合<ブリッジ>

費用:150,000~900,000円程度の費用がかかります。素材:セラミック

保険で適用されるブジッジは、経年劣化により色が変色したり目立つ場所に金属を付けられてしまう可能性がありますが、保険外の場合、セラミックを使用しますので他の歯と差異がありません。記念写真などで、銀歯が見えるのは嫌がるだろうという歯科医の配慮から若い女性や、結婚を控えた女性にはセラミックでできたブリッジを薦めることも多いという話もあります。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.