デンタルガイドトップ入れ歯入れ歯を作るときの良い歯医者の選び方

入れ歯を作るときの良い歯医者の選び方

入れ歯を作る上で最も大切なのは歯科医選びになります。あなたが歯科を選んでいる理由は何でしょうか?

歯科医の選び方

歯医者さん

家から近い、仕事場から近い、なんとなく昔から通っているから、それぞれ理由があると思うのですが、歯の治療といっても様々な専門治療があり、歯列矯正や、ホワイトニング、インプラントなどといった治療は、専門的な知識や、設備が必要になりますので、治療を受けられる歯科医と受けられない歯科医があるでしょう。

そのため満足のいく入れ歯を作るためには、入れ歯に熟知した専門の歯科医を選ぶことが大切なのです。

良い歯科医の条件

女性の歯医者さん

良い歯科医を選ぶ基準としてまず信頼できるかということが大切になってきます。

そこで良い歯科医の条件をいくつか挙げてみましょう。

・分かりやすく親切丁寧に教えてくれる

治療は全て医師に委ねることになりますので、あまり説明もせずにいきなり治療を始める医師は信頼できませんし、一体どんな治療をしているのかとても不安を抱くこともあると思います。

また、難しい専門用語ばかり使う先生も、治療の説明をする気がないのではないかと思えてしまいます。

小さなことでも、患者が納得するまで説明をしてくれる医師が良い医師と言えるでしょう。

同様に、質問を尋ねやすいという雰囲気もとても重要です。

丁寧な説明だけども一方的に話されて終わり…では良い医師とは言えません。

何か気になること、不安なことはないですか?と問いかけてくれるような医師が良いですね。

・話を真剣に聞いてくれる

入れ歯を使うとどうしても出てくるのが違和感や不具合です。

噛み合せが少し合わないだけでも痛みを伴う場合があります。

そのため患者の意見を真剣に耳を傾けて真摯に対応してくれる医師を選びましょう。

歯科医を選ぶ際に、事前に電話やメールで相談するのもいいでしょう。

歯科医も実際に診てみないことには正確なことは言えませんので、まずは来院して下さいと言うと思うのですが、現在の状況など何行にもわたって書いたメールの返事が、「お問い合わせありがとう御座います。詳しい状況が知りたいのでお時間の都合がよろしい日に来院してください。」

と言うように、僅か2~3行の定型文を返信するような歯科医を信用しようと思うでしょうか。

対応が適当、おざなりだと感じる方が大多数ではないでしょうか。

こういった些細な点でもその歯科医の対応や在り方が伝わるものですので、是非判断の基準としてお使い下さい。

・ホームページが充実している

昔から経営している小さな歯科医ではホームページを運営していない歯科医もまだまだたくさんあると思うのですが、インターネットが普及し、歯科医選びもインターネットで行うような時代です。

常に最新の情報を配信し、設備などの説明も充実しているようなホームページを運営している歯科医が良いでしょう。

・費用を明確に説明してくれる

保険外の入れ歯はとても高額です。

患者の口内の状態を鑑みて保険外のものを薦める場合はともかく、最初から保険外の入れ歯を薦めてくる歯科医も少なくありません。

高額な入れ歯の必要性、かかる費用、メンテナンス、なぜその入れ歯が適しているのかなど、しっかりと説明してくれる医師を選びましょう。

・ベテランの歯科医師

入れ歯作りは経験によって良し悪しが左右されると言っても過言ではありません。

そのため、ベテランの歯科医師が作る入れ歯のほうが精密でしっかりとしたものが期待できます。

1番確かな方法

歯医者さん

電話やメールの対応、インターネットでの評判などである程度は病院の対応など垣間見ることが出来ると思いますが、やはり1番分かるのは実際に受診してみるのが1番です。

最初から入れ歯を作る目的で受診するのではなく、歯科検診という目的で受診されるのがお勧めです。

検診を経て信用できそうだなと思われた場合、入れ歯の相談をすると良いでしょう。

入れ歯は、作ったらおしまいではなく、その後も調整やメンテナンスなどがありますので、医師とは長い付き合いになります。

そのため歯科医選びはとても重要なのです。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.