デンタルガイドトップ入れ歯部分入れ歯と総入れ歯の違い

部分入れ歯と総入れ歯の違い

部分入れ歯と総入れ歯の違いは、歯があるかないかです。

総入れ歯は、全ての歯を失った時に使う入れ歯で歯茎全体を覆うように装着します。

部分入れ歯は、歯が残っている場合に部分的に装着する入れ歯で、残っている歯を土台とし、クラスプ(バネ)で固定します。

1本でも歯が残っていれば部分入れ歯にすることが可能なため、義歯の数により入れ歯の大きさは変わります。

<総入れ歯>

総入れ歯

総入れ歯は総義歯、全部義歯とも言い、総義歯にもいくつか種類があります。

装着方法は、顎の粘膜に沿ってゆっくりと吸着させるようにはめ込みます。

・即時義歯

通常入れ歯は抜歯をしてから作成を行うのですが、完成までに1ヶ月程度要するため、見た目や食事、会話などで不自由になる場合があります。

そこで、抜歯前に即時義歯を予め作成しておくことで、本義歯が完成するまで即時義歯で補うことができる仮歯のようなものです。

歯がある状態で型を取り、抜歯した状態の歯肉を予想して入れ歯を作成するため、通常の入れ歯と比べると違和感があるのは否めません。

抜歯後直ぐに装着ができ、健康保険も対応しています。

・治療義歯

下あごの矯正などを目的とした治療法です。

<部分入れ歯>

部分入れ歯

部分入れ歯は部分義歯とも言います。一般的にはクラスプというバネを土台の歯にはめて装着します。

保険適用外の部分義歯は、クラスプが白いものや、ノンクラスプデンチャーというクラスプを使用しないタイプの部分義歯などがあります。

価格の違い

歯医者さん

保険適用の場合、総入れ歯は10000円前後、部分入れ歯は5000~13000円程度の費用が掛かります。

保険適用外の場合総入れ歯は200,000~700,000円程度の相場で、部分入れ歯ですと、30,000~200,000円程度が相場となっています。

いずれもメンテナンス費用や洗浄代が別途掛かることと、顎が痩せていくことによって入れ歯が合わなくなって作り直すという可能性もありますので1つ作ったら一生物ではありません。

歯科医院によっては、定期的な検診を受けることで入れ歯の永久保証を付けている歯科医院もあります。

医師との相談

歯医者さん

入れ歯を作るに当たり、ある程度歯が残っている場合は、部分入れ歯となりますが、重度の歯周病患者であったりすると、例え部分入れ歯にしても、土台としている歯が数年で使い物にならなくなってしまうなどが考えられますので、最初から抜歯をし、総入れ歯にするという選択肢がでてきます。

この時に、医師との信頼関係や説明がしっかりされていない場合、勝手に歯を抜かれてしまったと思う方もいるでしょうし、実際に訴えるという行動を起こす患者さんがいるのも事実です。

ですので、既存の歯がまだたくさんあるのにも関わらず全てを抜歯しなくてはいけないという話になった場合、納得するまで話を聞くことが大切ですし、必要であれば別の歯科医に相談することも考えましょう。

最近の医師は、あまり状態が良くない歯でも、極力歯の改善を試みて現存させる方向で治療を進めてくれるケースが多いからです。

また逆に、歯痛に悩まされるのは嫌だから健康な20数本の歯を全て抜いて総入れ歯にして欲しいと医師に依頼しても、まともな医師は確実にお断りするでしょう。

これは決して総入れ歯を作るのは手間が掛かる割りに安価(保険適用)だからという理由ではなく、倫理上の観点から受けられないということです。

また、健全な歯を抜歯することは治療行為に値しませんので保険は適用されません。

入れ歯は食事をしたり会話するためには欠かせないもので、人生を潤わせてくれるものです。

入れ歯選びに後悔しないためには医師との相談は欠かせません。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.