デンタルガイドトップ入れ歯インプラントと入れ歯の違い~それぞれのメリットとデメリット~

インプラントと入れ歯の違い~それぞれのメリットとデメリット~

インプラントと入れ歯の違いとは一体何でしょうか?それぞれのメリットデメリットを交えてご説明します。

インプラント

インプラントの特徴

インプラントは、顎の骨の中にチタン製の人口の歯根を埋め込み骨と結合させ人口歯を被せる治療方です。

顎の骨しっかりと結合されるため、本物の歯と同じように硬いものなど食べることが可能となり、会話の妨げや、違和感がないのが特徴的です。

見た目も本物の歯と遜色ないため見栄えが良く、顎の骨が痩せ細る心配もありませんし、部分入れ歯のように隣接する歯に負担を掛ける様なこともありません。

しかし、インプラントは、顎の骨に歯根を埋め込む必要があるため手術が必要となり、歯根と骨が定着するの時間が必要となります。(4ヶ月~半年)

また、保険が一切使えないため全額自己負担となりますので、高額な治療費が必要となります。

入れ歯の特徴

歯を失った際に装着することができる義歯のことで、保険適用の入れ歯を使えばかなり安価に作成することが可能となります。

インプラントが普及してきた現在でも、高額な治療費や手術の必要性から入れ歯を利用する人が多く、比較的短期間で作成できることが特徴的です。

ただし、入れ歯を使うことで顎の骨が弱くなってしまったり、部分入れ歯のクラスプや、ブジッジを行う場合、健全な歯に対して負担や研削が必要になる場合があります。(素材によってはクラスプ(金属)などが目立つ場合もあります。)

また、入れ歯を口の中に装着することで、異物感は大なり小なりでてきてしまい、食事や発音の妨げとなる場合も少なくありませんし、本物の歯のように硬い物を噛み砕くことは困難となります。

インプラントと入れ歯の最大の違い

入れ歯

インプラントにあって入れ歯にないものは、「根」つまり土台です。

歯根があることで、ものをしっかり噛み砕くことができるので、消化機能も上昇します。

しかし入れ歯は、ある程度のものは噛み砕くことができても、咀嚼率は本物の歯と比べて10~20%程度の咀嚼率しかないため、消化にもよくありませんし、入れ歯によっては、熱伝導率が悪く料理の味がよくわからないといったケースもよくあります。

勿論固いお煎餅等は噛み砕くことはできませんし、前歯で噛み千切るということも難しいでしょう。

メンテナンス

メンテナンス

インプラントも入れ歯もメンテナンスが必要です。

どちらも食後にはよく磨くことが大切です。

インプラントも入れ歯も、残っている歯を守るため口腔内の歯磨きは大切です。

全てインプラントにした場合でも、歯石や歯垢、歯周病の予防に歯磨きは欠かせませんし、総入れ歯の場合も、毎日丁寧に入れ歯を洗浄しなければ口腔内に菌が繁殖してしまう可能性があります。

そして共に通院による定期的なメンテナンスが必要です。

どちらもきちんとメンテナンスを行わないと、劣化の進行が早くなるなどデメリットばかりですので、安定かつ安全な状態を維持したいのであれば、必ずメンテナンスは行いましょう。

永久にもつ?

女性の歯医者さん

インプラントも入れ歯もメンテナンスが必要です。

どちらも食後にはよく磨くことが大切です。

インプラントも入れ歯も、残っている歯を守るため口腔内の歯磨きは大切です。

全てインプラントにした場合でも、歯石や歯垢、歯周病の予防に歯磨きは欠かせませんし、総入れ歯の場合も、毎日丁寧に入れ歯を洗浄しなければ口腔内に菌が繁殖してしまう可能性があります。

そして共に通院による定期的なメンテナンスが必要です。

どちらもきちんとメンテナンスを行わないと、劣化の進行が早くなるなどデメリットばかりですので、安定かつ安全な状態を維持したいのであれば、必ずメンテナンスは行いましょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.