デンタルガイドトップ入れ歯入れ歯の保険適用について

入れ歯の保険適用について

入れ歯は保険適用で作ることは可能なのでしょうか?このページでは入れ歯の保険適用について解説しています。

入れ歯の保険適用について

総入れ歯

入れ歯は高額なものと考えている人もいるかもしれませんが、保険が適用されると総入れ歯で約10,000円程度、部分入れ歯で5,000~13,000円程度、ブリッジの場合10,000~50,000円程度の費用で治療をする事が可能です。

自己負担の場合、総入れ歯の相場は200,000~700,000円程度、部分入れ歯の相場は、20,000~200,000円程度掛かってしまうので、自己負担で作成する入れ歯と比較すると格段に安いことがお分かりいただけることかと思います。

ただし、お値段が安価な分制限も掛かってしまいます。

保険適用による制限

部分入れ歯

人工歯の色や種類は、極限られているため、残っている健全な歯との色やバランスが合わない可能性があり、歯肉部は、汚れがつき難く装着感じがいいように作られていますが、基本的な形態のものしかありません。

義歯床は、レジン(プラスチック)製のものしか選べず、素材的に割れやすく厚みがあるのが特徴的で、部分入れ歯の固定方法は金属製のクラスプ(バネ)のみで、ブリッジの場合も、前から4番目以降の歯には金属のものしか選べません。

保険適応入れ歯のデメリット

入れ歯

保険適用入れ歯のメリットは安価であることや、完成までの工数が比較的短い、破損してしまった場合修理が比較的簡単であること、などいくつかメリットがあるのですが、その反面デメリットも存在します。

義歯床の厚み

今まで入れ歯を使用したことが無い人は特に厚みに対して違和感を抱くと言われています。この厚みによって、話しづらい、食べ辛い、熱を感じにくい、味覚を感じにくいなど弊害もでてくる人もいます。

金具が目立つ

部分入れ歯の場合金属製のクラスプですので、場所によってはとても目立つようになってしまいます。(ブジッジの金具も同様です。)また、口腔内にバネなどが存在することで異物感を感じる人もいます。

壊れやすい

素材がレジン(プラスチック)製のため、落下の衝撃で破損してしまう変形しやすいなどといった面もあります。

入れ歯が健康保険適用外になる!?

歯医者さん

あなたはシリコン義歯が保険適用になると言う噂を耳にしたことがありませんか?

歯科医師によるとこれは全くの根拠の無い噂話だと言います。むしろ、入れ歯が健康保険適用から外されるのではないかと言う噂のほうが信憑性が高いと言われています。

厚生労働省が掲げる理屈としては、歯がない人や、目が悪い人は生活するうえでとても困難ですが、目が悪い人がメガネを作る際健康保険は使えないのに、歯がない人はなぜ保険適用で入れ歯を作ることができるのは優遇されていておかしいということになってしまうのです。

そのため、遠くない将来、入れ歯が健康保険適用外担ってしまう可能性も否めません。

そのような状況ですので、より快適なシリコン義歯が保険で適用されることは可能性としてとても低いのです。

入れ歯の良し悪しは技工テクニックに左右される

診療台

保険適用の入れ歯は違和感が大きく使いづらいと感じる方も多いかもしれませんが、多くの歯科医師は、入れ歯の良し悪しは、材質よりも技工テクニックの差によるものが大きいと言います。

見た目の美しさ(目立たなさ)を比較するとどうしても自己負担の入れ歯のほうが美しいものが多いのですが、保険適用の入れ歯でも機能性が充分に優れている入れ歯を手に入れることができるのです。

その際、技工テクニックが優れていることも重要ですが、患者側の口腔内の状況もかなり重要になります。

逆に高いお金を掛けて入れ歯を作ってもあまり良い医師と出会えなかった場合、いつまで経っても違和感のある入れ歯を使い続ける羽目になるなんてこともありえるのです。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.