トップページ > 入れ歯 > 入れ歯の痛みの原因

入れ歯によって引き起こされる様々な痛みの原因Artificial Tooth

入れ歯を初めて使い人はその違和感に驚くかもしれません。 そのため、最初は違和感から痛みを伴う人も少なくありません。 違和感に慣れていないだけの人は2~3日もすれば気にならなくなるという方もいるのですが、 慣れていないから痛いというのとは別に原因がある場合、何時まで経っても痛みは消えることはありません。 では、入れ歯の痛みの原因とは一体何が考えられるのでしょうか?

口腔内に傷が有る場合

口

入れ歯を装着する前から、歯茎や骨が傷ついている状態の場合、入れ歯の義歯床が当たる事で痛みを伴う場合があります。 そして、合っていない入れ歯を使うことで歯茎が傷つけられその上でさらに義歯床が傷つけてしまうとう悪循環も考えられます。 痛みがあまりに続く場合は早急に医師に相談することをお勧めします。

入れ歯が合っていない場合

困る歯医者さん

義歯床と歯茎が合っていない場合、歯茎に義歯床が擦れて痛みを感じる場合があります。 (隙間から噛み砕いた食べ物の欠片が進入にし歯茎を痛めつける可能性もあります。) 最初から痛みを伴っていた場合は、入れ歯の出来が不出来だったことが考えられますが、 使い始めは快適に使えたのに、段々と痛みを感じるようになった場合は入れ歯とのバランスが崩れたためだと考えられます。 入れ歯を使うようになると顎の骨は次第に痩せていってしまうためそれに伴い口腔内の形状も変化してしまいます。 そのため、入れ歯の形状と口腔内の形状のバランスが崩れフィットしなくなり義歯床が歯茎に当たってしまうようになるのです。 そのため、入れ歯を快適に使用するには、定期的なメンテナンスが大切になります。 また、義歯床と歯茎が擦れて痛いという場合シリコーン義歯という義歯床の一部がシリコーンで出来ているものを使うと痛みが緩和される可能性があります。

噛み合わせが悪い場合

噛みあわせ

普通に装着している分には痛みは感じないけど、物を食べた途端痛みを感じる場合は噛み合わせが悪い場合が考えられます。 これは、義歯床と歯茎はフィットしていても、歯の上下の噛み合わせが合っていないことで起きる現象です。 噛み合わせが悪いことにより頭痛や肩こりを引き起こしたり、顎関節症、歯茎の損傷、消化不良などといった様々な病気を誘発する可能性があります。 物を噛まない限り痛まないから柔らかいものだけ食べればいいかという気持ちは全ての機能を老化させる原因ですので、絶対に止めましょう。

唾液が少ない場合

舌

入れ歯の痛みの原因として唾液の量も関係していることをご存知でしょうか。 唾液は義歯床と歯茎の間の潤滑油の役割を果たしています。 義歯床と歯茎がフィットして、噛み合わせも良いのに痛みを感じる場合は、唾液不足が考えられます。 唾液は加齢と共に減少してしまいますし、あまり噛んで物を食べない人は唾液の分泌が減少してしまいます。 そのためあまりに唾液の分泌が少ないと感じる場合は意識的に唾液を分泌するように心がけましょう。

上顎及び下顎に痛みを感じる場合

レントゲン

上顎の天井部分に痛みを感じる場合は、義歯床に小さな突起物がある可能性があります。 目視では確認し辛いような小さいものでも、柔らかい粘膜には痛みを感じてしまいますので、突起物を取ってもらいましょう。 下顎の場合、神経が通っているオトガイ孔の上に義歯床が乗ってしまうと痛みを感じてしまいます。 最初のうちは痛みは無くても、歯が抜けることによって下あごが痩せていき、 段々とオトガイ孔が上に上がってきて義歯床に当たり痛みを感じるという場合があります。 神経を圧迫するために激痛を感じる場合がありますので、義歯床のあたる部分を削る必要があります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.