トップページ > 入れ歯 > 入れ歯ができるまでの流れ・工程

入れ歯ができるまでの流れと、入れ歯が完成するまでに行われる工程Artificial Tooth

入れ歯ができるまでの流れ

女性の歯医者さん

入れ歯が必要になった場合、まず最初にしなければいけないことは、信用できる歯科医を探すことから始めます。 ずっとお世話になって、何代も続いているような歯科医や、入れ歯作成において評判が良い歯科医に相談してみましょう。 病院でまず行われることは、現存する歯や口腔内の状態の確認、X線にて顎の間接の状態と骨を確認、 アレルギーの確認、顎の土手の粘膜の確認など様々な細かい確認を行います。(病院によっては同じ工程とは限りません。) 総入れ歯を作る場合、完成までに1~2ヶ月ほど日数を要しますので、仮歯(保険非対応)や即時義歯(保険対応)を作成する場合もあります。 (最近では1~2日で入れ歯を作成してくれる医院もあるようですが、その医院でもあくまで応急処置的な入れ歯と謳っておりますので、 しっかりとした入れ歯を手に入れたい場合は、日数は掛かるものだとお考え下さい。)

入れ歯ができるまでの工程

ここでは保険適用の総入れ歯について話を進めていきます。

1.印象採得

型を取る道具に印象剤を盛り口の中に入れ、型を取ります。ピンクや青色のガム状のものが一般的です。

2.模型作製

型取りしたものに石膏を流し込み正確な型を取り、傷なども細かく修正をします。

3.咬合採得

上下の顎の位置を決めるためにパラフィンワックスを使い噛み合わせを確認します。

4.配列試適

パラフィンワックスの上に人工歯を並べ、噛み合わせや安定感、歯の入り方など様々なことを確認します。

5.重合

パラフィンワックスをレジンに置き換えます。

6.完成

完成した入れ歯を装着し、今一度噛み合わせの確認や痛い場所はないか確認します。

入れ歯が完成して終了ではありません。 その後もきちんとしたメンテナンス・手入れを継続的に行うことがとても重要です。 メンテナンスや手入れを怠ると入れ歯は勿論のこと、口腔内や、体内に悪影響を及ぼす可能性がありますので、必ず行いましょう

保険と自己負担の差

自己負担で作成する入れ歯は値段が高い分、それだけ患者さんにフィットした入れ歯を作ることが可能となります。 例えば総入れ歯の場合、厚みが薄く違和感のない入れ歯を作ることが出来るのです。 しかし違うのは素材だけの差ではありません。 自己負担で作成する入れ歯には保険対応のものと比較して倍近くの手間がかかっているということをご存知でしたか? 保険適用の総入れ歯は23工程で作成されているのに対し、自己負担で作成する入れ歯はなんと52もの工程を経て作成されているのです。 この工程の積み重ねがより違和感のない安定した入れ歯を生み出しているのです。

半年間のルール

歯医者さん

保険を使って入れ歯を作った場合、その後半年間は保険を使って入れ歯を新しく作り直すことは出来ません。 (修正はしてもらうことはできます。) そのため制作から半年以内に、どうにも使っていられないので、新しく作りたいと思った場合自己負担での制作になってしまいます。 入れ歯を作る際に、何度か通院することになりますので、噛み合わせや安定感など満足いくまで調整してもらうことが大切です。

また部分入れ歯の場合、小さいものですと洗浄中に流してしまったという事故も起こりうるかもしれません。 この半年間は保険を使って作れないというルールは、半年で壊れるようなものを作らないようにという医師に対しての戒めの意味合いが強いため、 かつては患者による紛失の場合保険での再作成が認められていたこともあったのですが、 現在では不可とされていますので取り扱いには充分に気をつけるようにしましょう。 また総入れ歯の場合、裏層(リベース)と言う裏打ち材料を使用して修理してしまうと、 入れ歯を作った日から半年間ではなく、裏層の日から半年間という事になってしまいますので注意しましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.