デンタルガイドトップ虫歯子供の虫歯について

子供の虫歯について

子供の虫歯は食生活が主な原因です

笑顔の子供

子供の虫歯は進行しやすいものです。

それは、乳歯は永久歯と比べて柔らかくてもろいという性質も関係しています。

とはいえ、子供の虫歯は食生活が主な原因になっていることはたしかです。

では、具体的にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

例えば、いつもガムやアメなどのお菓子を口にしていることが多い場合は、だらだらと食べさせないようにすることが大切です。

食事の間にお腹がすくだろうからとか、口が寂しいだろうからといった理由で親がついついお菓子やジュースを与えているということはないでしょうか?

でも、このようなだらだら食いをすると、いつも食べ物が口の中にある状態になってしまいます。

これでは、口の中が常に虫歯になりやすい酸性に傾いてしまいます。

まずは、甘いお菓子やジュースを口にするのならば、おやつの時間を決めてその時間に食べるようにします。

そして、おやつを食べたさせた後はしっかり歯磨きを行うようにしつけるのです。

最後にしっかり磨けているかチェックすれば、なお良いですね。

小さなころにきちんとした食生活を送ることで、将来大人になっても丈夫な歯を保つことができます。

いずれにせよ、子供の虫歯と食生活ということを真剣に考えるのならば、今こそ親がしっかりと管理することが大切なのです。

子供の虫歯を予防するにはあらゆる方法を駆使しましょう

フッ素コーティング

子供の虫歯を予防する方法としては、親の最終チェックを前提とした毎食後の歯磨きが挙げられます。

その他にも、だらだらと物を食べないように食生活の改善を行うこともあります。

毎日の日常生活で予防する方法としては、主にこの2点に気を付ければよいでしょう。

しかしこれだけではまだ完璧とは言えません。

ここは是非とも、定期的な歯科検診を受けるべきでしょうね。

なんだかんだ言っても、私たちは素人です。

歯の専門医である歯医者さんの知識と経験には、到底かないません。

それに、歯医者さんで専門的なチェックを定期的に受けると、現在の歯の状態をしっかり把握できるとともに、親も気付くことができなかった程度のごく初期の虫歯を発見することもできるのです。

このように早期治療の開始を可能とさせるためにも、定期検診を受けることには大きな意味があるのです。

また、その際に依頼すれば歯を強くするフッ素コーティングを施してもらうこともできます。

フッ素には口の中の酸に強いという性質があります。

つまり、歯にフッ素コーティングをすることで、酸に負けない状態に持っていくことができるので、子供の虫歯の予防に効果的です。

上記のあらゆる方法を駆使して、子供の虫歯を予防していきましょう。

子供の虫歯の治療は早期発見がポイントです

歯磨き

子供の虫歯の治療は早期発見が最大のポイントとなります。乳歯は永久歯よりも材質的に弱く、どうしても虫歯になりやすいのですが、進行もまた早いのです。

そのまま放っておくと将来生えてくる大切な永久歯にも悪影響が出る場合があります。

でもごく初期段階の場合だと、まだ痛みを感じないことも多いのが困りものです。

そのため、子供の虫歯の治療として重要なポイントである早期発見のためには、毎日の歯磨きケアのときに普段から親がしっかりとチェックすることが一番の方法です。

面倒くさがらずに歯磨き後には磨き残しがないかの確認とともに、どこか異常はないかの確認を怠らないようにしましょう。

例えば一部分だけ白濁していたり、または黒っぽくなっているように見える箇所はないでしょうか?

特に歯と歯の間などの歯磨きをしたときに磨き残しやすい箇所は注意してチェックしてみましょう。

その際、もしもこれはどうだろう?と思う箇所があったら、早めの受診をオススメします。

子供の虫歯の治療でも、早期発見ができれば、それだけ確実に進行を抑えることができます。

また、期間も長引かずにキレイに治すことも可能で、結果的に辛い思いをしなくて済みます。

みなさんの可愛い子供に辛い思いをさせないためにも、また大切な歯の健康を守るためにも親の心掛けが大切なのです。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.