デンタルガイドトップ虫歯虫歯治療にかかる費用はどれぐらい?保険はどうなる?

虫歯治療にかかる費用はどれぐらい?保険はどうなる?

虫歯治療にはどのくらいの治療費がかかるのでしょう?

歯医者

現実的な問題として、虫歯を治すためにはどのくらいの治療費がかかるのか気になるところですよね?

できるだけ見た目もきれいに治したいけれど、そうかと言って金銭的にあまり余裕がない方も多いことでしょう。

では、治療費を安く抑えるためにはどうすればよいのでしょうか?

通常の虫歯治療の場合は、基本的に病気を治すという扱いになるため、健康保険が適用されます。

現在健康保険の自己負担率は原則3割となっていますので、一回ごとの金額を見る限りでは、目が飛び出るほどに高額になることはあまりありません。

ただし、虫歯治療の中でも健康保険が適用されないケースもあります。

例えば、インプラントを行ったり、見た目重視で行われる審美歯科的なケースです。

このようなケースでは、歯科医院ごとに設定された治療費を全額自己負担で支払うという扱いになってしまいます。

そのため、通常の場合よりもかなりの金額の差になってしまいますので注意しましょう。

しかしできるだけ治療費を抑えるためには、どちらの場合であってもできるかぎり初期段階から治療を始めることが大きなカギとなります。

なぜなら、初期段階で治療を開始できれば、それだけ簡単な処置で済むので結果的に自己負担額も少なくできるからです。

つまり、虫歯治療はできるかぎり初期段階で、健康保険を利用して行うことが安く済ませるコツということになりますね。

虫歯治療には保険が適用される場合とされない場合があります

歯医者

虫歯治療でも保険が適用される場合と、適用されない場合では必要となる費用がまったく異なってきます。

できるだけ費用を安く済ませたい場合は、全ての治療を保険が適用される範囲内で行えるように歯医者さんに相談しましょう。

そうすれば、支払い窓口での自己負担額は総治療費の3割(国保・健保とも基本的な本人負担率)で済みますからね。

歯医者さんの中には、見た目がキレイになるからといって、保険が適用されずに費用が全額自己負担になる審美歯科的な治療法を勧めてくる場合もあります。

もちろん、誰しもできることならば見た目がキレイに仕上がる方が良いに決まっていますよね?

でも見た目の美しさを重視する治療は保険が効かないので費用は全額自己負担となり、かなり高額になってしまいます。

自分が支払っていけるのか、それだけの金額を支払う価値を見いだせるのかをしっかり考えてからにするのをオススメします。

この部分の考え方は、それこそ人それぞれです。

できるだけ安く済ませたい人もいるでしょうし、お金は惜しまないからとにかく見た目重視でキレイに虫歯治療をしたいという人もいるでしょう。

どちらにしても、最初にしっかり治療方針の説明を受け、費用面を含めてこんなはずではなかったと後悔しないようにしたいものです。

虫歯治療のアフターケアにかかる費用も忘れてはいけません

歯をクリーニング

虫歯の治療が終わっても、その良い状態を長く保つためには適切な処置が必要です。

そうしないと、詰め物に不具合が出たり、合わなくなったりする可能性もあるからです。

私たちは毎日の食事などで想像以上に歯を酷使していますから、ちょっとした不具合ぐらいはすぐに起こりやすいのです。

そのため、虫歯治療を考えるときには、このアフターケアにかかる費用も考えておかなければなりません。

例えば、治療自体は終了しても、その後歯医者さんに定期検診に通う必要があるでしょう。

また、特にインプラント治療を受けた後などは、歯科医によるクリーニングなどの専門的な処置が必須です。

つまりこうした処置を受けるたびに、費用が必要になるということです。

でも、アフターケアにかかる費用がもったいないからという理由で、まったく受けないというのはオススメできません。

治療後の適切な処置を怠れば、すぐにまた状態が悪化して虫歯治療が必要な状態に逆戻りしてしまうことも考えられます。

これでは今までお金と時間をかけて行ってきたとしても、台無しになってしまいますね。

虫歯治療は適切なアフターケアがあってこそ、完成するものなのです。

つまり、アフターケアにかかる費用はある程度必要なものです。ここをケチる方が長い目で見たときに損になりますよ。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.