デンタルガイドトップ虫歯虫歯になるとどうなる?虫歯の症状と進行

虫歯になるとどうなる?虫歯の症状と進行

虫歯の症状は痛みだけではありません

汚れた歯

虫歯の症状といっても、いろいろあります。具体的にはどんなものがあるのか、詳しく見ていくことにしましょう。

様々な症状がある中でも、みなさんが一番辛いのはやはり痛みでしょうね。

残念ながら、痛みを感じる時にはすでにかなり進行してしまっていることが多いのです。

この段階では、見た目にも黒ずみや穴があいているなど判別が容易になってきます。

こうなると自然に治癒することは不可能ですから、歯医者さんに通ってきちんと治療を受けなくてはなりません。

また、初期症状としては、黒ずみや穴といった見た目の変化や痛みから現れるとは限りません。

一見してまだ黒ずみなども見られないごく初期の段階でも、周りから口臭がすることを指摘されてよく調べてみた結果、実は原因が虫歯だったと判明する場合もあります。

このように、最初は特に自覚がなくても、そのうち進行するにつれて口臭がしたり、徐々に見た目にもわかるようになって痛みも増してくるのが通常です。

いずれにしても、初期段階で発見することが治療期間を短くし、また必要になる治療費も少なくて済みます。

もしかしたらこれは虫歯なのかもしれないなと思ったら、安易な自己判断で終わらせずにできるだけ早く歯医者さんに診てもらうようにしましょう。

虫歯になると段階的にこのように進行していきます

最初は特に目立った自覚症状がない虫歯ですが、きちんとした処置を行わないとどんどん進行していきます。

このように、虫歯の進行度合いはC0からC4という5段階で表します。

歯医者さんで検診を受けた時に、”○○がC0、○○がC1”なんて言われるのを耳にしますよね?

具体的に、それぞれ虫歯が進行していく段階を簡単に説明しましょう。

C0

虫歯C0

歯の表面が白く濁った状態です。この状態ならば、経過観察でよく歯医者さんではまだ治療開始されないケースとなります。痛みも殆どありません。

C1

虫歯C1

エナメル質が溶け始めるこの段階にくると、痛みこそないものの、少し変色したり欠けが目立ってきます。ここまでのC0やC1の段階で発見・治療すると簡単に早く、治療費も安く済みますよ。

C2

虫歯C2

エナメル質の下の象牙質まで達します。痛みも自覚できるようになります。

C3

虫歯C3

かなり痛む段階で、歯の神経にまで達している状態です。ここまで来てしまうとかなり痛みが激しく、周囲の歯茎が腫れたりと重い症状が出てきます。

C4

虫歯C4

ほとんど上の歯の部分はなくなり、根っこ部分のみになります。こうなると抜歯せざるを得ないケースも増えてきます。

虫歯にもこのように進行していく段階があることを頭に入れておきましょう。

虫歯の体への影響について知ることが大切です

健康な歯

虫歯は単にお口の中の病気ということで済むとは限りません。

体への影響もきちんと知っておくべきでしょう。

虫歯になると、第一に食事のときに物をしっかり噛みにくくなります。

すると無意識にもう片方の側の歯でばかり噛むことになってしまいます。

このことが顎の歪みを引き起こし、体全体の骨格バランスにも影響を与えます。

体の歪みが起きれば、それが原因で肩凝りや腰痛になることもあります。

また、ひどく痛むときは食事が満足に摂れないようになる場合があります。

良く噛むことができなければ、胃腸で消化不良を起こしてしまいます。

そのため、胃腸の不調のもとにもなってしまうのです。

さらに虫歯が進行していくと、原因菌が血液の中に入り込んで全身を回って体の随所で悪さをするようになります。

心筋梗塞や脳出血のリスクが高まるというデータもあります。

私たちが想像する以上に、体への影響は実にたくさんあるのです。

それに、痛みがあるとそれ自体がストレスとなってしまいます。

痛みがひどくなると、仕事や勉強に集中できないほどになることもあります。

これでは日常生活に多大な支障をきたしてしまいますよね?

このように、たかが虫歯じゃないかと考えずに、体に与える影響について知り、しっかり治療する必要があることがおわかりいただけたでしょうか?

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.