トップページ > 虫歯 > 審美歯科と虫歯

審美歯科と虫歯Dental esthetic

審美歯科ってどんなところなのでしょう?

健康な歯

誰しも芸能人のように、白く輝いて美しくキレイな歯並びに憧れますよね?いくら顔立ちが整っている美人であても、歯並びが悪かったり、歯の色が黄ばんでいると台無しですからね。では、あこがれの芸能人も多く通っている審美歯科とはどんなところなのでしょうか?審美歯科とは文字通り、見た目の美しさに重きをおいた治療を行うことが大きな特徴となっています。例えば、基本的な歯並びの矯正に始まり、表面の色を美白するホワイトニングなどもあります。このように、通常の歯医者さんと比べると特に美容面から見て美しい仕上がりにこだわった治療が可能です。ですので、とにかくきれいな歯になりたいというのならば、審美歯科での治療を受けることも検討してみましょう。

ただし、一般の歯医者さんと違って、健康保険が適用されない場合が多くなります。なぜならば、その多くの工程で病気のためではなく、あくまでも美容のために受ける治療という扱いになるからです。現在の日本では、美容を目的とした治療には健康保険は適用されないのです。そのため、治療費が患者の大きな負担となることは避けられません。

実際に審美歯科で治療を行う場合は、どのくらいの費用がかかるのかを事前にしっかり確認してから始めるようにしましょう。

審美歯科で虫歯のあとをきれいにすることも可能です

治療跡

審美歯科では、昔治療した虫歯のあとをきれいにすることができます。少し前の時代はとにかく治療第一で、見た目の美しさは二の次、という傾向がありました。特に、そのような時代に治療した虫歯は大きく削られているので目立ちます。さらに、詰め物に使用された金属やその周りが経年変化で黒ずんでしまって気になる場合もあります。そのため、思い切り人前で笑うことができないと悩んでいる人もいるくらいです。

審美歯科で虫歯のあとをきれいにする具体的な方法としては、金属などの古い詰め物を取り去ってセラミック製の詰め物に取り換える方法などがあります。こうした治療を審美歯科で行う場合に実際にどのくらいの費用がかかるかというと、部分的な詰め物を交換する場合で1本あたり3万円ぐらいからというのが相場となっているようです。ただし、まるごと銀歯のような状態にセラミックを被せる場合は、もう少し費用が高くなります。

その他、使用する素材によっても費用は前後します。自分の希望する仕上がりを細かく伝えながらよく相談した上で、治療開始という手順を踏んでいきましょう。

このように審美歯科ならば、コンプレックスである虫歯のあとをきれいにすることができるのです。きっと、自分の笑顔に自信を持てるようになりますよ。

審美歯科の治療方法は見た目のキレイさを重視します

ラミネートベニア

昔よりも歯の美しさに対する意識が高まっている今、審美歯科の治療方法に注目が集まっています。審美歯科の治療方法は、とにかく見た目の美しさ重視で自然な歯に見えるように外観を整えることに重きがおかれます。例えば、虫歯を治す際に金属を使った詰め物を使えば、もともとの歯の色との差でかなり目立ってしまいます。こうした場合でも、歯の色と近い素材の詰め物を使用することで見た目の美しさを得ることが可能です。このように患者の希望によって、あくまでも見た目の美しさ重視の治療方法を行うのが、審美歯科の大きな特徴となります。

しかし、これは数多くある審美歯科の治療方法の一つに過ぎません。ガタガタの歯並びを治すために、ラミネートべニアと呼ばれるものを使えば、比較的短期間のうちに見た目の歯並びをキレイにすることもできます。これで長い年月をかけて苦労して矯正をしなくても大丈夫です。

また、薬の服用や元々の体質によって歯の色が変色している場合も、専門の薬剤を使用したホワイトニングを受けられます。これで、憧れの白い歯にすることが可能となります。ただし、いずれの場合でも治療費に関しては健康保険適用とならない部分が多いためにかなり高くなることは避けられません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.