デンタルガイドトップ虫歯虫歯になると口臭がする原因はなに?

虫歯になると口臭がする原因はなに?

虫歯になると口臭がする原因は何でしょう?

歯垢

虫歯になると口臭がすることがあります。

この原因は何かというと、食事の際の食べカスが歯にこびりついた歯垢(プラーク)で繁殖した菌により、異臭を発生させるからなのです。

ニオイは虫歯が進行しているほどキツクなりがちです。

というのは、進行して歯に開いてしまった大穴に食べカスが詰まりやすく、それが歯垢となってしまうからなんですね。

しかも、このような部分は歯磨きをしてもなかなかうまく磨くことができない、とても厄介な部分だったりします。

みなさんも、食後に歯磨きを欠かさずに行っているのに、なぜか周りの人に口臭を指摘されたことはありませんか?

いくら歯磨きをしても、口臭対策製品を使ったりしてもなかなか口臭が治らないなんて場合は、もしかしたら虫歯が原因になっているかもしれません。

この場合の解決策としては、適切な治療を受けることが一番の方法となります。

たとえ一時的にマウスウォッシュなどを使ってニオイが消えたように感じても、そもそもの原因を治療していなければ焼け石に水の状態です。

放っておけばどんどん進行してしまい、そのうち顎の骨が溶けてしまうなど、もっと大変な問題も引き起こしてしまいます。

心当たりがある方は、是非一度歯医者さんで検診を受け、早急に適切な治療を開始してくださいね。

虫歯による口臭を予防するには虫歯予防が一番です

きれいな歯

虫歯による口臭を予防するには、そもそもの原因を作らならないように努力するしかありません。

予防するには歯磨きをしっかり丁寧に行って十分にゆすぐことの他にも、お菓子などのだらだら食いを止めるなど食生活にも気をつけるなどがあります。

とにかくお口の中に食べカスを残さず、原因菌の温床となる歯垢を除去することが大切なのです。

また、唾液が少なくなるとお口の中の殺菌効果が低下してしまいます。

これを防ぐには唾液の分泌を促すためにガムを噛むと効果的です。

ただし、ガムでも砂糖がたっぷり入ったタイプでは逆効果です。

これではお口の中で酸が作られて、余計に虫歯による口臭が起こりやすい環境になってしまいますからね。

ガムを噛む場合は、ノンシュガータイプ、その中でも酸を作らないキシリトール配合のものにすると良いでしょう。

味がなくなっても、しばらく噛み続けるとより効果的です。

また、それ以外にもお水やお茶をコマメに飲んでお口の中を常に潤しておくのも得策です。

これだけでもいくらか虫歯による口臭を予防することができますよ。

しかし、これだけ気をつけていても虫歯になってしまったら、これ以上進行してしまわないように速やかに治療を開始しましょう。

それと同時に、他にも患部を作らないように一層の予防対策に励みましょうね。

虫歯による口臭を治療するにはどうすればよいのでしょう?

歯垢

いろいろ調べた結果、虫歯による口臭だったと判明した場合は、どのように治療すればよいのでしょうか?

この場合、いくらガムを噛んでも、丁寧に歯磨きをしても、マウススプレーなどの対策をしてもあまり改善されません。

残念ながら、原因を取り除かない限りはずっと悩みから解放されることはないのです。

この場合は、当然ながら虫歯を一刻も早く治すことがポイントとなります。

できる限り速やかに歯医者さんに行って、治療を開始しましょう。

面倒だからとそのまま放っておくと、どんどん症状が進行してしまいますからね。

そうなると、余計に状況は悪化するだけです。

でも、歯医者さんで適切な処理をきちんと行えば、今まで悩んでいた虫歯による口臭から解放されることになりますから、これで人前でも堂々と会話ができるようになりますよ。

しかし、治療が終わった後でも決して気を抜いてはいけません。

なぜならば、もともと虫食生活や生活習慣に問題がある方が多いからです。

何も対策をしないで油断をしていると、また再発してしまって元どおりになってしまいます。

虫歯による口臭が解消した後も、再発を予防するために食生活に気をつけたり丁寧に歯磨きをしたりと、意識して心掛けることをオススメしますよ。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.