トップページ > 虫歯 > インプラントとはどんな治療法?どれぐらい費用がかかる?デメリットは?

インプラントとはどんな治療法?どれぐらい費用がかかる?デメリットは?Implant

インプラントとはどんな治療法なんでしょう?

インプラント

最近歯科治療の方法の一つとして、インプラントという言葉を良く耳にするようになりました。日本語に直訳すると”中に埋め込む”という意味になる、このインプラントとはどんな治療法なのでしょうね?具体的には、金属製の人工歯根と顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法となります。今までは虫歯や歯周病で歯が抜けてしまったり、大部分が失われてしまった場合は、部分入れ歯もしくは総入れ歯にすることが一般的でした。しかし、インプラントという治療法を選択すれば、入れ歯の煩わしい出し入れや手入れが不必要ですし、何より元々自分の歯であったかのような自然な噛み心地を実感できることもメリットとされています。

これからは歯が抜けてもイコール入れ歯、という時代ではないのです。それに、入れ歯のように食事中に歯茎との間に固い物が挟まって、痛い思いをすることもありません。

このように様々な意味で画期的な治療法として、今大変注目を浴びているのです。ただし、この治療を受けるためには顎の骨が手術に耐えられることが前提となります。そのためには、手術適用があるかきちんとチェックを受けなくてはなりません。もし、興味を持ったのならば、インプラント治療を取り扱っている歯科医院に相談してみましょう。

インプラントにかかる費用はどのくらいなのでしょう?

インプラント

さて、インプラントにかかる費用は一体どのくらいなのでしょう?残念ながら、現在のところインプラントにかかる費用は健康保険適用外となります。また、治療には特殊な人工歯根を使うため、一般的な治療方法と比べて原材料からコストが高くつくということもあります。こうした事情もあり、手術の分も合わせると1本あたりの総額は大体25万円から50万円前後が現在の目安となるようです。やはり高額な治療費になることは避けられないようですね。

しかもたった1本でこれだけ必要なのですから、もしも複数本治療を受けたいとなると、それこそ自己負担額はかなりのものとなってしまいます。また、健康保険適用外で自由診療扱いとなるということは、治療を受ける歯医者さんによってもかなり違いがあることを意味します。中には相場よりもかなり安く済ところもあるようです。そのため、インプラントにかかる費用をできるだけ安く抑えたい場合は、いくつかの歯医者さんを比較してみると良いでしょう。

ただし、そうは言っても安かろう悪かろうでは困りますよね?安さにひかれてその歯医者さんを選んでも、結果に納得できなくては元も子もありません。安くても評判の良い歯医者さんを選ぶためには、口コミ情報サイトなども参考にしてみてください。

インプラントにはデメリットもあります

インプラント

インプラントには入れ歯と比べて良い点もたくさんある反面、デメリットもいくつかあります。インプラントのデメリットには、まず金属製の人工歯根を顎の骨に埋め込むというちょっとした手術が必要になる点が挙げられます。このとき顎の骨が体質的にもろかったりすると、手術自体ができないケースもあります。つまり、誰でも受けられる治療ではないのです。

そして、一般的には健康保険が適用されない自由診療扱いとなるため治療費が高額になる点も、忘れてはいけないでしょうね。全額自己負担となってしまうために治療費を支払っていくメドが立たず、経済的にあきらめざるを得ない人もいるのです。現在のところ、こうした高額な費用の問題が一番のネックになっているようです。

さらに治療期間が一般的に長引く傾向があり、その後も定期的に通院しながらメンテナンスを受けることが必要になるといった点もあります。さらに自宅でも手入れを十分に行わないと、独特の歯周病を引き起こす可能性もあります。このように術後のメンテナンスに手間がかかるという点も、インプラントのデメリットの一つなのです。

実際に治療を受けるかどうかは、上記のようなインプラントのデメリットも十分に考慮した上で考えましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.