デンタルガイドトップ虫歯虫歯を放置するとどうなる?

虫歯を放置するとどうなる?

虫歯を放置すると一体どうなってしまうのでしょう?

原型が無くなってしまった歯

自分に虫歯があるという自覚があっても、何かしらの理由でそのままにしている方も多いのではないでしょうか?

たしかに、そのままにしていても痛みが特に無かったりすれば、治療の必要性が特に感じられないのかもしれませんね。

前歯のように目立つ部分だったらまだしも、奥歯だと余計にそう感じるかもしれません。

でも、例えば歯医者が嫌いだからとか、なかなか治療に通う時間がないからと虫歯を放置すると一体どうなってしまうのでしょうか?

虫歯を放置すると、歯がどんどん溶けたり欠けていったりしてしまいます。

もちろんそうなる途中に痛みもひどくなるはずです。

でも、それも我慢して乗り越えてしまい神経がダメになって痛みがなくなるころには、ほとんど原形をとどめない姿になってしまいます。

こうなると歯が抜けたのとほとんど変わらないのですから、その部分の噛み合わせがおかしくなってしまいます。

すると、その部分をカバーしようとして他の歯に余計な負担がかかります。

この段階になると、歯並び全体にも影響が出たりと、お口の中で大変な状況が起こってしまいます。

このようにたった1本の虫歯でも放置することはいただけません。

また、もっと放置すると原因菌が顎の骨にまで到達して炎症を起こすようになります。

こうなってしまうと、全身にさらに悪影響が出る可能性がありますので注意が必要ですよ。

虫歯を放置しすぎて手術をする場合もあります

レントゲン

歯医者さんが嫌いだからとか、めんどうだからとか、治療をきちんと行っていない理由は人それぞれあるでしょう。

しかし、虫歯を放置しすぎて手術をしなくてはならない場合もあると知ったら、どうでしょうか?

通常、痛みを感じるほどの症状になると大抵の場合は、嫌々ながらも歯医者さんの門をくぐることになるでしょう。

でもこの段階でも、市販の痛み止めを飲んでなんとかやり過ごしてしまう人も多くいます。

それでもしばらくは痛みとの葛藤となりますが、より進行して歯の神経がダメになると痛みすら感じない状況になります。

でも、痛みがなくなったから安心というわけではありません。

実は、ここまでくるとかなり厄介なのです。

この段階では、すぐにでも虫歯の原因菌が顎の骨に到達する状態になってるからです。

もしも顎の骨に入り込んでしまうと、歯だけでなく顎の骨もどんどん溶かしてしまいます。

そうすると炎症を起こして腫れ上がってしまうことになります。

中には、この治療のために顎の骨を部分切除する手術をしなくてはならない場合も出てきます。

そうなると顔の形も変わってきてしまいますよ。

このように虫歯を放置しすぎて手術になる場合もあるのです。

虫歯を放置しすぎて手術ということにならないうちに、治療は早めに行いましょう。

虫歯を放置しすぎると最悪死亡することもあります!

傷んだ歯

虫歯をあまりにも放置しすぎると、最悪死亡することもあると言ったらどうでしょう。

死亡するなんて、そんなバカなと思うかもしれませんが、これは紛れもない事実なのです。

もちろん、早期に適切な治療を受けていれば何も問題はありません。

しかし、放置し過ぎると虫歯の原因菌が顎の骨にまで到達してしまい、そこで炎症を起こしてしまうのです。

その炎症部分から、今度は原因菌が血液を通して入り込み体内を巡ります。

このため、原因菌が心臓や脳に届いて炎症を起こしたりする場合もあるのです。

こうなるとすぐに適切な治療を受けなければ、後遺症が残ったり、最悪死亡することもないとは言えません。

糖尿病であるとか脳卒中や心筋梗塞などの既往歴があったりと、他にも基礎疾患を抱えている方はさらに注意が必要です。

また、過労やストレス過多などで体の免疫が弱っている時期も危険です。

かなり進行してしまった虫歯がある場合でも、今のこの瞬間が治療開始のベストタイミングとなります。

今は特にこれといった症状の自覚がなくても、知らず知らずのうちにもっと進行してしまう可能性もあります。

どうか怖がらずに、勇気を出して歯医者さんに行って、適切な治療を早めに受けてください。

みなさんの大切な命を失わないためにも、虫歯をずっと放置することは絶対に止めましょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.