トップページ > 虫歯 > 虫歯を痛みなしで治療する無痛治療とは?

虫歯を痛みなしで治療する無痛治療とは?親知らずも無痛治療できる?Painless treatment

無痛治療の方法ってどんなものなのでしょう?

レントゲン

虫歯を治すために歯医者に通わなければいけないことはわかっているけど、痛いのは苦手という人も多いでしょう。しかし、そうこうしているうちに虫歯はどんどん進行してしまいます。いくら苦手だからと言っても、放置しておいてよいことは何もないのです。今は痛みを感じさせないように治療する無痛治療という方法もあります。どうしても心配ならば、無痛治療で行いたい旨をはっきり伝えておきましょう。

最もポピュラーな方法としては、麻酔注射によって痛みを感じる神経をブロックする方法でしょうね。みなさんの中にも、抜歯などを行う際に経験したことがある方も多いのではないでしょうか?また、笑気ガスなどを使って精神的にリラックスさせることで緩和させる方法もあります。人はリラックスしているとそうでない時よりも痛みを感じにくいというデータがありますからね。実際にはそれほどの痛みが発生していなくても、過度の恐怖心を感じることで過敏になってしまうこともあるのです。

その他にもたくさんの方法がありますので、歯医者さんに相談してみてください。それにしても無痛治療で虫歯を治すことができるのならば、本当にうれしいことですね。虫歯で手遅れにならないためにも、無痛治療の方法について学び、早めの治療開始を検討してみてください。

薬を使った無痛治療にも数種類あります

薬

無痛治療の中でも、薬で行われる方法について取り上げてみましょう。

薬での無痛治療の最も有名なものは、麻酔注射によるものです。患部に麻酔剤を注射器で注入し、痛みを感じる神経をブロックします。抜歯や進行してしまった虫歯など、痛みが大きいと予想される治療に対してよく採用されています。

実は、その他にも虫歯の病巣部分に抗菌剤を何種類か塗って、殺菌するという無痛治療もあります。この画期的な3Mix-MP法と呼ばれる方法は、従来のように患部を大きく削らなくて良いのも大きなメリットとなります。患部を大きく削らないことで、もとの歯をできるかぎり多く残すことができます。歯は大きく削ってしまうと、どうしてもその分もろくなってしまいますからね。大きく削ったもろくなった部分がまた虫歯になってしまうこともよく見られます。また患部をしっかり殺菌できるので、再発する可能性も従来より少なくなったと言われています。気になる痛みに関しても、一回でほとんど治まることが多いので、すぐに痛みから解放される点も特徴です。今までのように歯を必要以上に削ることもなく、痛みもなく治すことができるとは患者にとってもありがたい限りですね。

このように薬を使った無痛治療の中でも、メリットの大きい3Mix-MP法は、今後ますます広まっていくことになるでしょう。

親知らずを無痛治療で対応できます

親知らず

親知らずは歯磨きで磨き残しが残りやすく、またどうしても虫歯になりやすい歯ですが、一度なってしまうととても厄介です。口の中の一番奥に位置していることもあって、治療時に苦痛を伴うことも少なくありませんからね。また真っ直ぐ生えていない場合などは、周りの歯を押してしまうために、歯並びが悪くなる原因になったりと、様々な悪影響が懸念されます。それに場所が場所だけにかなり進行して激しい痛みが出てから発見されることも多いものです。

このようなことから、親知らずこそ無痛治療での対応が適しているのです。一般的な無痛治療の方法としては多くが麻酔注射を施した上でとなりますが、必要がある場合は笑気ガスなども使用して精神的なケアも同時に行っていきます。さて、子供時代に歯医者さんで経験した怖さや痛さの嫌な思い出があるために、歯医者さんへの恐怖心が強く、親知らずがうずいてもずっと我慢している人もいるようです。そのためほとんど欠けてしまって歯根だけの状態になってしまったり、かなり腫れてしまう人も多かったりします。しかし、今はこうした精神的な面からの無痛治療の技術も進んでいるので、心配は不要です。これ以上進行させないためにも、是非とも早めに歯医者さんにかかるようにしたいものです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.