トップページ > 虫歯 > 虫歯を予防するには何をしたらいい?

虫歯を予防するには何をしたらいい?Prevention

正しいブラッシングで虫歯予防をしましょう

ブラッシング

虫歯予防のためには、歯磨き時の正しいブラッシングを身につけることが大切です。ただ単に力任せにゴシゴシと磨いていたのでは、歯の表面を削り取ってしまい、それが原因で虫歯になったり知覚過敏を起こしてしまう場合もあります。正しい方法としては、歯ブラシの毛先の先端が斜め45度ぐらいの角度で歯の根元に当て、小刻みに前後左右に磨きます。こうすると、たまっている歯垢(プラーク)も取りやすくなります。力は入れ過ぎないことがポイントとなります。しっかり磨こうとするとどうしても力が入り過ぎてしまうので気を付けましょう。磨き残しの出やすい歯と歯の隙間や、歯茎との境目、上下の奥歯の裏側などまんべんなくブラッシングしましょう。きちんと歯垢がとれると、舌でさわったときにツルツルの感触になりますよ。その後十分に口をゆすいで完成です。

さらに仕上げとして、口の中を見ることができる小さな鏡を使用して、磨き残しがないかどうかチェックをすると安心ですね。

でも、自分が行っているブラッシング方法で果たして本当に良いのか疑問に思う場合は、歯医者さんでブラッシング指導を受けると良いでしょう。正しい方法で行っている人は少ないものです。虫歯予防のためにも、プロに改めて教えを請う価値は大きいですよ。

食生活を改善して虫歯を予防しましょう

虫歯・お菓子

虫歯を予防するためには、現在の食生活を見直して改善する必要があります。みなさんは、ご自分が一日どんな物をいつどのくらい食べているか正確に覚えていますか?このように聞かれた際に、きっちり答えられる人は少ないのではないでしょうか。私たちは、常に多くの食品に囲まれた環境の中にいます。少し歩けばコンビニがあったり、甘いジュースが買える自販機も数多く道端にありますよね?このような恵まれた環境のため、いつでも欲しいと思った時にお菓子などが手に入れるのはたしかに便利と言えるでしょう。ただし、弊害もあります。家事や仕事中でも、アメやチョコレートなど、何かしら食べ物を口にしている習慣を持っている人も多くなっているのです。でも、虫歯を予防するためには、こうしたながら食いをするような食生活を改善しなくてはいけません。ながら食いをするということは、食べ物がお口の中に常にとどまっている状態になることを意味します。これでは長い時間、お口の中が虫歯になりやすい酸性に傾いてしまいます。虫歯を予防するためには、ながら食いやだらだら食いを止め、規則正しい食生活に改善するようにしましょう。また、こうすることで間食の量が減り、思わぬダイエット効果なども期待できるかもしれませんよ。

虫歯を予防するグッズを上手に使いましょう

歯ブラシとコップ

特に子供が小さなうちは、自分でしっかり歯磨きをすることもできず、歯の質が柔らかいこともあって虫歯になりやすいですよね?親ならば、何とかしてこの可愛い歯を守ってあげたいと思うことでしょう。ならば、虫歯を予防するグッズを使うのはいかがでしょうか?子供にとっては、そもそも歯磨きは決して楽しい行為とは言えません。いつも嫌々行っている場合が多いことでしょう。そこで、まずは歯磨き自体を楽しいと思えるようすることが大切です。そのためにも、こうした虫歯を予防するグッズは大変効果的です。例えば、歯磨き粉でも子供が好む甘くて美味しい味のものを使うことも一つの方法です。また、おやつにもガムやチョコレートでキシリトール配合のもの与えるのも良いでしょう。甘いお菓を食べられるのだったら、子供も大喜びして協力してくれそうですよね。その他、歯磨きの大切さや正しいブラッシング方法などを取り上げた絵本を、適宜読み聞かせるのも効果が大きいでしょう。

このように、一種類だけと言わずいろいろなタイプのものを使って親子で楽しみながら行うことがコツとなります。素直に物ごとを吸収できるのは、まだ小さな子供のうちだけとも言えます。虫歯を予防するグッズを使って、上手に教育を行っていきましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.