トップページ > 虫歯 > 虫歯を予防するには何をしたらいい?

虫歯を歯医者で治療しようTreatment

自然治癒を促す治療法もあります

健康な歯

虫歯になったからといって、歯医者さんに行ってもすぐに治療開始とは限りません。表面が少し白濁したかな、ぐらいの本当にごく初期段階のものであったら、そのまま自然治癒を待つということもあります。ただし、注意したいのは自分一人で自然治癒が可能な状態だと判断しないことです。必ず歯医者さんに判断してもらいましょう。

お口の中では、酸によって歯の表面が溶かされても、同時に再石灰化によって修復もなされています。つまりこの働きのバランスを取れば、理論上はこれ以上虫歯が進行しないことになります。歯医者さんでは、こうしたもともとお口の中に備わっている自然治癒である歯の再石灰化を促すために、食生活での注意点の説明や食後の歯磨き指導がなされます。

また、同じく歯の再石灰化を促す成分であるキシリトールが配合されたガムを食後に噛むようにも勧められる場合があります。ただし、必ずこれだけで自然治癒されるとは限らず、この先は歯医者さんで定期健診を受けながら経過観察を行う必要があります。しかし、最初は経過観察の処置が取られた場合でも、年月が経つうちに残念ながら進行していることが発見されると、このままでは治ることはありませんので通常の治療を開始することになります。

無痛治療で痛さ知らずに虫歯を治せます

無痛治療

歯医者さんを敬遠してしまう大きな理由の一つが、痛みの問題ではないでしょうか?大人でも、治療時の独特の痛みは、本当に嫌なものですからね。でも、今はできるだけ痛みを感じさせない無痛治療を行うことが主流となっています。具体的には、従来からある麻酔注射によるものだったり、歯を削らずに薬を使用する方法だったり、中にはレーザーを使って処置していく場合もあります。

このように日々、無痛治療のための技術は進化しているのです。そのため必要以上に痛みの心配をして歯医者さんに行くことをせずに放置してしまうのは、まったくのナンセンスです。それに、進行してしまった状態ならまだしも、ごく初期段階の虫歯を治すのでしたら、そもそもほとんど痛みに関しては心配ないはずです。

しかし、それでもまだ痛みが出るのではないかと心配だったら臆せずに歯医者さんに相談しましょう。ごく初期段階の虫歯の場合は、患者側から無痛治療を希望しないと特に行われないケースもありますので、ここはしっかり意思表示を行ってくださいね。でも、痛みを強く感じるかどうかというのは患者側の精神面の問題も大きく関わってきます。信頼のできる歯医者さんを選び、納得した治療を受けることも一つの方法ですよ。

虫歯はレーザー治療でも治せます

レーザー治療

まだ一般的とまではいきませんが、歯医者さんによっては、レーザー治療を選択できる場合があります。この方法では、特殊なレーザーを患部に当てることで、悪い患部のみを一気に蒸発させます。その際、優れた殺菌効果も期待できます。そのため、患部から新たにまた虫歯になってしまうことが少ないのもうれしい点です。また、レーザー治療で虫歯を治すメリットとしては、一般的に使用される切削器具の独特の嫌な音や振動がないという点が挙げられます。こうした歯医者さん独特の音や振動に弱い方にもうってつけなのです。また、施術時に痛みを感じにくく、止血効果もあるという特徴もあります。さらに、歯の表面や歯茎の色素の除去などにも効果を発揮します。

上記のように良い点も多くあるレーザー治療ですが、広い範囲を大きく削ったり、思い通りにキレイに削り取ることに関しては不得意となります。また、従来の削る方法よりも施術に時間がかかってしまうこともネックになります。そのため、すでに進行していて大きく穴が開いている状態や痛みがひどく出ている虫歯では、この治療方法は向かないということになります。しかし、まだ痛みがなく表面のみの症状にとどまっている初期段階の虫歯には、大きなメリットを感じられる治療法となります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.