デンタルガイドトップ虫歯キシリトールで虫歯予防

キシリトールで虫歯予防

今話題のキシリトールってどんな成分なのでしょう?

ピカピカの歯

虫歯予防にキシリトールという成分が良いと耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

現在キシリトールとして製品化される場合は、白樺や樫の木から抽出された成分から作られることが多くなっています。

イチゴやほうれん草といった食品にも含まれていますが、十分な量を摂取するには多量に食べないといけなくなるので、製品化されているものを利用する方が効率的です。

人工的に作られた甘味料ではありますが、天然の原料由来のものであるため安全性が高く、安心して口にできることもポイントです。

キシリトールの最も大きな特徴としては、お口の中で虫歯の原因となる酸を作り出さないことです。

さらに菌自体の働きを弱める効果も確認されています。

このため、最近はガムなどに多く採用されているなど、注目の的となっています。

特に小さな子供の虫歯率が少ないことで有名なフィンランドでは、食後に必ず摂取することを国を上げて推奨しているほどです。

しかも砂糖よりカロリーも低いことから、虫歯予防だけでなくダイエットにも良いとされています。

上手に活用すると、健康のためにとても良いというのはこうした特徴があるからなのです。

みなさんも歯や体の健康を気にするのならば、砂糖をできるだけ控えてキシリトールを意識的に摂取するようにすると良いでしょう。

キシリトールで虫歯予防になると聞くけれど本当でしょうか?

ピカピカの歯

キシリトールは虫歯予防になるとよく聞きますね。砂糖と比べるとカロリーも少なくヘルシーで、さらにお口の中で酸を作る性質もありません。

また、唾液の分泌を促し、歯の再石灰化に対して効果的であることが知られています。

その上虫歯の原因菌の働きを弱める効果もあるのです。

しかし、ただ単に摂取しただけで虫歯予防になるかというとそうではありません。

まずは、普段の歯磨きの時に歯垢(プラーク)が残らないようにしっかりとブラッシングすることが大切です。

その上で、効果を最大限に引き出すためには、気を付けるべきポイントがあるのです。

それは、お口の中にできるだけ長くキシリトールを留まらせることです。

こうすることで常にお口の中の酸が中和されるため、歯のエナメル質が溶けにくい状態を保つことができるのです。

そのためには、毎回の食事やおやつの後だけでなく、夜寝る前の対策も重要となります。

寝ている間は唾液の分泌が少なくなるので、お口の中で酸が多く作られやすいからです。

これには、夜寝る前にしっかりと歯磨きを行った上で、キシリトール入りのガムを噛んでから寝るようにすることをオススメします。

このように基本的な虫歯予防対策をしっかりと行った上でキシリトールを活用すれば、怖い物なしですよ。

キシリトールガムと虫歯について考えてみましょう

歯

ここ最近、各メーカーから多くのキシリトールガムが発売されています。

食事の後に噛むことでお口の中の酸を中和させ、虫歯の予防に効果的とされています。

これだけで簡単に虫歯になりにくくなるのですから、うれしいですよね。

でも、なんとなく有名なメーカーの製品だからとか、自分が好きな味だからという理由で選んでしまっていませんか?

実は、数多くあるキシリトールガムもその内容は様々ですから、しっかり吟味して購入する必要があるのです。

良い製品を選ぶためには、製品に記載されている成分表示のチェックが欠かせません。

特に、中でも実際のキシリトールの配合率はどのくらいになっているのかが大切です。

当然ながら、配合率が高めのものの方がよく、できれば100%となっているものが理想的です。

その方が、より虫歯に対する効果が期待できますからね。

残念ながら、中には味の調整のためか砂糖など他の糖分を配合してしまっている製品も見受けられます。

これではせっかくの効果も半減してしまいますから注意しましょう。

また、噛み方としては片方だけでなく左右の歯でまんべんなく噛み、できるだけ長い時間噛み続けることが大切です。

こうすることでより長くキシリトールガムの効果を発揮することができますので参考にしてください。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.