デンタルガイドトップインプラントインプラントとは?

インプラントとは?

インプラントを、あなたも試してみませんか?

笑顔の歯医者の先生

最近、歯の悪い方に大変注目されているのが、インプラントです。

あなたもその名前ぐらいは、聞いたことがあるでしょう。

しかし、実際には、どのようなものなのかを詳しく知っている方は少ないですね。

多くの方が、インプラントとはどのような治療方法なのかを詳しく知らないのです。

ですから、もしあなたがインプラントの治療を受けてみようと思われた際には、まずインプラントについて、詳しく調べたほうがいいでしょう。

インプラントと聞くと「怖い」とか「痛そう」といった、間違ったイメージを持たれている方もいます。

インプラントの治療では、怖いこともないですし、必要以上に恐れることはないのです。

どなたでも、安心してインプラントの治療を選択していただけます。

年齢を重ねても丈夫な歯を保つ

インプラント

近年は、超高齢化社会になっています。

ですから多くの方が、80歳、90歳まで元気に長生きしています。

けれども、そんなときに、問題になるのが「歯」です。

80歳、90歳になったら、皆さん自分の歯を失くしてしまっているのです。

そして、入れ歯をしている方が目立ちます。

年を重ねたときに、自分の歯がなかったり入れ歯だったら、おいしく食べ物をいただくことができません。

おいしく食べ物を食べることは、いくつになっても人間の大きな喜びなのです。

ところが、歯がなかったり入れ歯だったりしたために、硬いものやご飯、おせんべいなどが食べにくくなっていきます。

これでは、おいしく食べ物をいただけないですし、ストレスを感じますね。

また、自分の歯でよく噛んで食べ物を食べられなかったら、健康の面からいっても大きな問題です。

自分の歯でしっかりと食べ物を噛んで、そこから十分な栄養成分を摂取することは、長寿の基本だからです。

そんな高齢者の方にもインプラントにしたら、いつまでもまるで自分の本当の歯を使っているように、食事を楽しんでいただけます。

入れ歯はすぐに歯に合わなくなったり、ずれてしまったりして、使いにくいものです。

けれども、インプラントならば、入れ歯のように取れてしまう心配もありません。

ですから、おいくつになっても、好きなものをおいしくよく噛んで食べていただくことが可能なのです。

これから、ますます進んでいく超高齢化社会のなかで、インプラントは非常に重要な位置づけになってきます。

インプラントのあゆみ

歯医者さんの白衣

インプラントの治療は、1970年代にアメリカから入ってきた技術です。

しかし、そのときにはまだ完成した治療方法ではありませんでした。

そのために、日本ではあまり一般的には広がっていかなかったのです。

けれども、この10年間に日本でも、だいぶインプラントの治療も技術も大きく進んできました。

町を歩いていたら、インプラントの治療を行ってくれる歯科医院の看板も、多く見かけるようになってきました。

それだけ、一般の方にも、インプラント治療は広がっているのです。

では、どうしてこの10年間に、インプラント治療は大きく進歩してきたのでしょうか?

それは、まずインプラントの治療の技術が大きく発展したからです。

今での治療よりも、歯にも患者さんにも負担が少なくなってきました。

たとえば、痛みをそれほど長期間感じなくても、治療を行えるようになってきましたし、インプラントをした後の歯の調子もかなりよくなってきました。

食べにくくなったり、歯が痛み出したり、口に合わないということが少なくなってきたのです。

このインプラントの技術の進歩によって、多くの患者さんがインプラントの治療を選択するようになりました。

もしもあなたもインプラントの治療に関心があるのならば、1度詳しく調べてみてはいかがでしょうか?

インプラントの治療を行ったら、今までの不自由な歯ではなくて、毎日おいしく食事ができることでしょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.