デンタルガイドトップインプラントインプラントに保険は適用される?

インプラントに保険は適用される?

残念ながら、インプラントの治療には保険はききません。

ダメ!歯医者さん

インプラントの治療を行うときには、少しでも安く治療を行いたいと思う方が多いです。

インプラントの治療でも、費用の問題は多くの患者さんの関心が最も高い点です。

けれども、残念ながら現時点では、インプラントの治療には一切の保険がきかないことになっています。

そのために、すべての費用をあなたが負担しなくてはならないのです。

インプラントの治療を行っている歯科医によっても違いはありますが、あなたがインプラントの治療を受けた際には、30万円から40万円の費用がかかります。

保険がきかないですから、この全額をあなたが用意して支払わなくてはならないのです。

現在の歯科医の虫歯の治療や入れ歯の治療には、1部では保険が適応されています。

ですから、患者さんが全額を負担しなくても治療が行えるのです。

けれども、インプラントでは保険適応の対象外です。

これが、今のところまだ、インプラントの治療が普及されていない大きな原因の1つになっています。

多少不便でも、入れ歯を選ぶ?

歯

歯の治療を行うときに入れ歯にしたら、インプラントを行うよりも、かなり安く入れ歯を作ることができます。

患者さんによっては、3万円程度で新しい入れ歯を作ることが可能です。

しかし、同じ歯の治療でもインプラントにしたら、30万円から40万円はかかってしまうことになるのです。

この費用の差は、大きいですね。

だから、「自分の歯を治療しなければならない」というときに、費用の問題をまず考えてしまう方が多いです。

30万円以上も費用をかけて、インプラントにする予算がないわけです。

だから、多少不便でも、入れ歯を選ぶ方が多いです。

インプラントの治療を選択したら、30万円から40万円のまとまった治療費が必要になってきます。

それだけのまとまった予算が用意できない場合には、入れ歯の治療を選択することになります。

今後インプラントに保険は適用されるようになるか

疑問?歯

インプラントの治療にも、保険を適応させるべきだという意見もあります。

けれども、インプラントの治療は比較的新しくて、始まったばかりの治療方法です。

そのため、保険が適応されるとしても、この先まだ10年以上は時間がかかってしまうでしょう。

それは、さまざまな角度から、インプラントの治療の安全性や必要性、緊急性が総合的に判断されて検討されるからです。

インプラントの治療に保険が適応されるようになるためには、厚生労働省の中に、審議委員会が設置されなくてはならないのです。

その委員会のなかで、インプラントの治療に保険を適応するかどうかの話し合いや検討が進められます。

それは、どれくらいの期間や時間がかかるのかはまったく分かりません。

しかし、今のところはまだ、その審議委員会も設置されていませんから、すぐに、インプラントの治療に保険が適応されるということはないでしょう。

残念ながら、今後10年以上にわたっては、インプラントの治療には、保険は適応されない可能性が大きいです。

インプラントの治療に保険が適応されたら、インプラントの治療を選択される患者さんはもっと飛躍的に増えていくはずです。

けれども今のところは、自由診療によって自費による治療が続いていきそうです。

このままインプラントに保険が適応されなかったら、費用の面を考えても、インプラントの治療を選択できないで、入れ歯の治療を選択する人が多いかもしれないです。

あなたは、どのように考えますか?

便利なインプラントの治療を、自費診療で保険がきかなくても行いますか?

それとも、費用の面を考えて、インプラントの治療は行わないで、入れ歯などのほかの治療方法にしますか?

それぞれの患者さんの予算の問題や考え方によって、歯科の治療方法も大きく変わってくるのです。

あなたも、インプラントの治療を行うときには、保険や費用の問題などさまざまなことを考慮しながら、治療方法を選択してくださいね。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.