デンタルガイドトップインプラントインプラントにはどんなものがある?インプラントの種類について

インプラントにはどんなものがある?インプラントの種類について

日本でも、インプラントの治療にはいくつもの種類があります

インプラント

現在、世界中で行われているインプラントの種類は、10種類以上あるといわれています。

その国によって、どんな種類が主流になっているのかは違っています。

日本では、大体大きく分けて5種類以上が主に使われています。

日本人はアメリカ人やヨーロッパ人に比べて、口や顎が小さいです。

そのために、あまり口や顎に大きな負担がかからないタイプが、インプラントの治療には使われています。

また、その歯科医によっても、どのようなインプラントを用いているのかがぜんぜん違っています。

インプラントの治療は、まったく保険のきかない自由診療です。

そのために、使われているインプラントの種類も、すべて歯科医が自分の使いやすいものを選択して使っているのです。

ですから、あなたがインプラントの治療を行うために、歯科医にかかる際には、その歯科医で、どのような種類のインプラントを使って治療を行っているのかを確認した方がいいでしょう。

スクリュータイプとシリンダータイプ

インプラント

インプラントの種類で現在よく使われているのは、スクリュータイプとシリンダータイプの2種類です。

そのほかにも種類はあるのですが、古いタイプだったり、副作用が大きかったりするので、あまり使われないようになってきました。

日本でも、2種類のどちらかが使われることが多くなっています。

どちらのインプラントを使っても、そんなに大きな差はありません。

現在のところは、もっとも使いやすいのがこの2種類なのです。

インプラントの治療は、スクリューやシリンダーを歯の中に埋め込んで使っていきます。

ですから、より軽くて炎症を起こさない種類が人気になっています。

今のところはこの2種類がよく使われていますが、今後のことはまだ分からない状態です。

その理由は、もっと軽くて性能の高いインプラントが、開発されるかもしれないからです。

そうなったら、あなたはより負担が少なく、インプラントの治療を受けられるようになるでしょう。

また、スクリュータイプとシリンダータイプに分類されるだけではなくて、その使われている素材は、またいくつかの種類に分かれています。

1番よく使われている素材は、純チタンです。

純チタンは、軽くてさびにも強い素材です。

また、あなたの歯に与える負担も少ないので、多くのインプラントに用いられています。

しかし、純チタンのインプラントは値段が高いこともあります。

そのために、少しでも値段を安く抑えたい患者さんには別の素材の種類が選ばれています。

それが、チタン合金です。

チタン合金は、純チタンの中に別の素材を配合したものです。

けれども、純チタンに比べてかなり安く作れるので、人気になっています。

それに、耐久性なども、純チタンに比べてもまったく劣っていないのです。

インプラントを行う歯科医の中には、積極的にチタン合金を使用しているところもあります。

また、そのほかでは、チタン・ニッケル合金をよく使用する歯科医も目立っているのです。

1回法と2回法

インプラント

インプラントの種類は、1回法と2回法に分かれています。

1回法は1回で治療が終わりますから、患者さんの負担がより少なくなっています。

けれども、丹念に治療が行えないという欠点もあるのです。

2回法は2回にわたって治療を行いますから、患者さんの負担が大きくなってしまいます。

けれども、それだけ丁寧にインプラントの治療が行えますから、あなたにぴったりと合ったインプラントが作れるというわけです。

このように、インプラントの種類は非常にたくさんあって、細かく分類されています。

そして、それぞれが大きな特徴を持っているのです。

ですから、あなたがインプラントの治療を行うときには、より使いやすく体や歯に負担の少ないインプラントを選択するようにしてください。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.