デンタルガイドトップインプラントインプラントの寿命・インプラントにした部分はどれぐらいもつ?

インプラントの寿命・インプラントにした部分はどれぐらいもつ?

だいたい10年間が、インプラントの寿命になっています

歯の寿命

インプラントは1度入れてしまったら、しばらくの間は、そのまま元々あったあなたの歯とまったく同じように使い続けることが可能です。

入れ歯やブリッジのように、外れてしまったりする心配もまったくありません。

そのために、ケアーが比較的簡単だとも言えるのです。

けれども、そんな便利なインプラントですが、やがては寿命がきます。

永久に、1度入れたインプラントを使い続けられるわけではないのです。

ですから、寿命がくる前には、また専門の歯科医にいって、治療をしてもらわなくてはならないでしょう。

そのインプラントの寿命ですが、あなたが使ったインプラントの種類や、歯科医の考え方によっても多少は違っています。

けれども、平均してみたら、だいたい10年間ぐらいが、インプラントの1つの寿命の目安と見たほうがよさそうですね。

治療をしてインプラントを入れて10年間がたったら、またインプラントの治療を行った方がいいです。

これは、あなたがインプラントの治療を行ったときに、歯科医があなたに確認をするはずです。

「○年後にはインプラントの寿命がきますから、その際には、また治療を行ってください」といわれるはずです。

この歯科医にいわれたことは、必ず守るようにしましょう。

患者さんの中には忙しかったりして、その年月がたったことを忘れて、また治療を行うのを忘れてしまう方がいるのです。

つまり、インプラントの寿命がきているのに、そのまま古いインプラントを使い続けてしまいます。

これでは、あなたの歯や体の健康面を考えたときには、非常に危険なことになります。

10年間以上使い続けると?

歯医者さん

10年間もあなたの歯の中に埋め込まれて、毎日使い続けられたインプラントは必ず劣化してきます。

そして、劣化してきたインプラントをそのままにしていたら、歯や口にも悪影響が大きくなってきます。

10年間も使われてきて、寿命がきたインプラントをそのままに放っておいたら、どうなってしまうのでしょうか?

それは、根元から歯が腐ってくることが考えられます。

あなたの口の中には、さまざまなばい菌や雑菌がたくさんいるのです。

もちろん、インプラントを埋め込んだ部分にも、そのばい菌や雑菌はたくさんついています。

そのばい菌や雑菌が何もケアーをされないで、10年間以上も放っておかれたら、インプラントの周辺はかなり汚らしい状態になってしまいますよね。

また、肝心のインプラント自身も10年間も使い続けていたら、弱くなったりもろくなったりしてきます。

つまり、寿命がきているのにもかかわらずに、10年間以上もインプラントを使い続けることは非常に危険なことなのです。

このようなことを続けていたら、清潔に保たれなくてはいけないあなたの歯や口の中は、ばい菌や雑菌でいっぱいになってしまうでしょう。

そうなったら、たくさんの悪影響が出てきます。

それは、健康な歯までもが、虫歯になってしまう可能性もあります。

また、口の中がばい菌や雑菌でいっぱいになってしまいますから、口臭がすることもあるでしょう。

とにかくどんなときにも、口の中は清潔に保たれなくてはならないのに、このようなことでは、不潔な口の中になってしまいますね。

ですから、あなたが1度インプラントの治療を選択したのならば、10年間後のインプラントの寿命がきたら、そのときにはまた治療を受けなくてはいけないのです。

それを怠っていたら、一生快適にインプラントを使い続けることはできないでしょう。

インプラントの治療を行ったときには、大体10年間がインプラントの寿命だということを忘れないようにしましょう。

そして、常に清潔に歯や口の中を保つようにしたいですね。

そうしたら、ずっと快適にインプラントを自分の歯のように使い続けることができるのです。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.