デンタルガイドトップ歯周病歯周病になる原因

歯周病になる原因

歯周病は歯垢がたまっている状態から引き起こされます

プラーク

もしお口の中に歯垢がまったくない状態であれば、歯周病になるリスクはかなり軽減されます。

それくらい、歯周病の原因の中で大きな割合を占めているのです。

私たちは食事の際、歯を使って食べ物を良く噛み砕いて飲み込みやすくします。

このとき、食べカスが歯の隙間や歯と歯茎の間に挟まってしまいます。

この食べカスが歯磨きなどで取り除かれずそのままにされ、歯や歯茎に付着したものが歯垢となります。

歯垢は、歯周病の原因菌にとって栄養源たっぷりであり、温床となってしまうのです。

そのため、この中で歯周病の原因菌が繁殖してしまい、それが歯茎に炎症を起こすのです。

この歯茎が炎症を起こしている状態は歯肉炎と呼ばれます。

この状態から進むと、あごの骨の組織まで溶けだし歯周炎と呼ばれる状態になってしまいます。

ここまで来ると、歯がぐらつくようになり治療も長引いてしまいます。

めんどうくさいからと歯磨きをサボっていると、将来的に歯を失いかねません。

大切な歯を守るためにも、歯周病にならないために、また現在の状態より進行させないためにも、お口の中の歯垢を徹底的に追い出さなければいけないのです。

パッと見、白くてきれいに見える歯や歯茎にも専門の染め出し液を使って調べると、びっくりするほどの量が歯にこびりついているものです。

現在自分のお口の中の状態に自信がある人も、気を抜かず正しいブラッシング方法で歯磨きを行っていきましょう。

歯石も歯周病の大きな原因になります

歯医者 指

歯磨きなどで取りきれなかった歯垢は、そのまま放っておくとやがて歯石と呼ばれる状態に変化します。

これは、唾液の中に含まれているカルシウムと徐々に化学反応を起こして石灰化するからです。

特に歯と歯の間や歯と歯茎の境目、歯周ポケットと呼ばれる歯垢が溜まりやすい部分に多発します。

いくら歯磨きをしても取れず、その部分の表面を舌でなぞるとざらざらしている場合は可能性が高いですね。

こうなると歯にぴったりとこびりついてしまうので、自分で歯磨きをしただけでは取り除くことはできなくなります。

そのため、歯医者さんに通って専門の器具を使って取ってもらう必要があります。

実は、歯石自体は原因菌が死滅した状態なので、歯周病の直接の原因にはなりません。

では、どうして歯周病に良くないのかというと、歯周病の原因菌の住みかとなる歯垢の格好の溜まり場となってしまうからなのです。

歯石を顕微鏡で良く観察してみると、無数の小さな穴があいている状態になっていることがわかります。

この穴に歯垢が入り込んでその中で原因菌がどんどん繁殖してしまうというわけです。

歯石を取らないで放っておくことも、このように歯周病を進行させてしまう原因になります。

定期的に歯医者さんで取ってもらいましょうね。

たばこを吸う人は歯周病も要注意です

歯医者さん

今は国を挙げての禁煙対策が施され、愛煙家にとっては辛い世の中になりましたね。

でも、歯周病の原因にもなるのですから、その点からしても良い傾向です。

その理由はさまざまですが、まずはたばこに含まれているニコチンの影響で歯茎の血行が悪くなることが挙げられます。

血行が悪くなると細胞の新陳代謝が滞り、炎症を進行させやすくなってしまいます。

そして、同じく含まれているタールが歯に付着することで、歯垢がつきやすい状態になることも挙げられます。

歯周病対策としては、いかに歯垢をお口の中に残さないことに尽きますが、わざわざ歯垢がつきやすい原因を作っているわけです。

これでは自ら歯周病を招いていることになってしまいますね。

さらに、歯周病になっても免疫力や歯茎やあごの骨の再生能力が落ちているために治りにくいという点も厄介です。

このようにたばこを吸う人の方が吸わない人よりも数倍もリスクが高いのです。

たばこは百害あって一利なしの言葉通り、肺がんやその他多くの生活習慣病を引き起こす原因になるだけでなく、お口の中の健康にも多大な悪影響を及ぼしてしまうのです。

勇気を持ってスッパリ止めることが一番の方法です。

将来たばこのせいで大切な歯を失わないためにも、今日この瞬間から禁煙することをオススメしますよ。

歯並びの悪さも歯周病になりやすい原因です

歯並びの悪さも、虫歯になりやすいだけでなく、歯周病にもなりやすい原因となります。

それは物を食べたときに、どうしても歯と歯の重なりや隙間に食べカスがたまりやすいからです。

さらに歯磨き時に歯ブラシの先も届きにくいために、結果として歯垢がたまりやすいのです。

歯垢は歯周病の原因菌の温床です。

また、歯がガタガタに並んでいる状態だと、自分でもしっかり歯磨きでできているか確認しづらい部分が出てきます。

やはり、歯と歯が重なってしまっている部分や、反対に隙間があいてしまっている部分などですね。

こうした見落としやすい部分があることが原因で、歯並びの悪さが気になる人はキレイな状態の人よりも何倍も歯周病になりやすい、進行しやすいと言えるのです。

自分の歯並びの悪さを自覚しているのなら、歯磨きを丁寧に行うことで歯周病を防ぐように気をつけましょう。

自分で目が届かない部分の対策には、歯垢除去に効果があると言われるデンタルリンスやマウスウォッシュの併用も考えましょうね。

本当はキレイに歯列矯正をして歯並びの悪さを治療してしまうのが一番良いのですが、様々な事情で実現できないという場合もあるでしょう。

その場合でも、歯医者さんに定期的に通って正しいブラッシングの指導を受ける、たまった歯石を取ってもらうなどのケアが必要ですよ。

詰め物、被せ物があっていないのも歯周病の原因になります

詰め物

せっかく虫歯の治療をしても、その治療で施された詰め物や被せ物があっていないと歯周病の原因となります。

詰め物や被せ物にも、寿命というものがあります。

残念ながら、歯医者さんで治療を終えても何年か後にはやり直しをする必要性が出てくるのです。

私たちが食べ物を噛む時には、想像よりはるかに大きな力が歯にかかっているものです。

そのため、長年歯を使っているうちに、詰め物や被せ物の部分に負担がかかって、どうしても隙間ができたり外れてきたりと不具合が出てしまうんですね。

ここに、歯周病の原因である細菌の大好物である歯垢がたまってしまうのです。

しかも、細かな隙間にたまった歯垢は治療跡の奥深くにまで入り込んでしまいやすく、そうなると通常の歯磨きで取り除くのは困難です。

そのため詰め物や被せ物に違和感を感じたら歯医者さんに行って、チェックしてもらいましょう。

最近、冷たいものや熱いものを食べた時に歯がしみたりしませんか?舌で触った時に、ぐらぐらしたり、がたつく感じはありませんか?以前虫歯の治療をしたときから随分と日にちが経っているのなら、そろそろやり直しをする時期に来ているサインかもしれませんね。

このまま放っておくと再度の虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

思い当たる節があるのなら、歯周病にならないためにも早めに歯医者さんに行って調整してもらってくださいね。

歯ぎしりと歯周病の関係を知りましょう

自分では気づかなくても、夜眠ると歯ぎしりをしている方は多いものです。

夜眠っている間にギリギリ、あるいはカチカチと周りに音が聞こえるぐらい強く噛みしめてしまうことが特徴です。

友人や家族に指摘されて初めて自覚するぐらい、自分でも無意識に起きている症状の一つです。

実は、この歯ぎしりも歯周病の原因となっているのです。

歯ぎしりをする原因としては、歯並びが悪いせいで噛み合わせが良くなかったり、精神的なストレスが大きいことによると言われています。

歯ぎしりの歯に与える影響はかなり大きく、長年この状態が続くと歯がどんどんすり減ってしまうぐらいです。

でも、それだけでなく歯の土台となっている歯茎やあごの骨にも当然ながら大きな圧力がかかるわけですから、もし歯周病で炎症があればその部分を刺激して悪化させてしまうことになります。

このように、歯周病とは一見して何の関係もなさそうに見える症状ですが、実は深い関係があるのです。

さて、歯並びが悪い場合は歯列矯正するなどの方法で改善することもありますが、問題は精神的な問題から来ている場合です。

大きなストレスを抱えている人は、そのストレスの元となっている原因を取り除ければ一番です。

しかし、そう簡単にはいかないでしょう。

その場合は対症療法として、就寝時に専用のマウスピースをはめるという方法もありますよ。

生活習慣の影響で歯周病に大きく関係しています

歯医者さん

歯周病は、お口の中のある種の細菌が歯の周辺の組織(歯茎やあごの骨)に炎症を起こす病気です。

では、規則正しい生活習慣を送っている場合と、だらしなく過ごしている場合では、どちらがよりこの病気になりやすいと思いますか?それは、間違いなく後者の方が、歯周病になりやすいでしょうね。

なぜならば、だらしない生活習慣を送っている人は、その影響で多くがお口の中の清潔を保つことに無頓着になっていることが考えられるからです。

まず間違いなく、正しい方法で歯磨きができている人は少ないことでしょうね。

それに、食べたい時に食べたいものを食べて、いつもだらだらしているような人はかなりの確率で歯周病にかかっていることでしょう。

なぜならば、このような生活習慣の影響によって、常にお口の中に食べ物があることになりますから、その影響で歯垢も付きやすいのです。

歯垢は細菌の格好の繁殖源となりますから、食後に歯磨きをしないで歯垢を落とさないとたちまちこの病気になってしまうというわけです。

反対に規則正しい生活を送っている人は、お口の中もキレイな人が多いものです。

当然ながら歯周病にもなりにくく、なったとしてもすぐに発見できるので軽症のうちに歯医者さんに行くので進行を食い止めることもできます。

このように、生活習慣の影響は大きく関係しているのです。

糖尿病が原因で歯周病になるのはどうしてでしょう?

歯医者さん

血糖値が異常に高く、尿にも糖が多く出ることからそう呼ばれている糖尿病。

糖尿病になると合併症で失明したり、血行不良のせいで足を切断する人もいます。

実はこの病気を持っている人はそうでない人に比べて歯周病になりやすいのです。

その原因の一つに、体の免疫機能が落ちることが挙げられます。

免疫機能が落ちると、お口の中で歯周病の原因菌の繁殖を抑えることができなくなりますからね。

これによって、歯磨きで落としきれなかった歯垢の中で原因菌がどんどん繁殖してしまうのです。

また、糖尿病の人は唾液の分泌量も一般の人よりも少ないことが確認されています。

実は、唾液は殺菌能力に優れているため、これが十分に分泌されないことも歯周病を発症・進行させてしまうことになるのです。

つまり、免疫能力が落ち、殺菌能力に優れた唾液の分泌も少なくなるという悪条件が重なるため、リスクが高いのです。

糖尿病は一生の病気と言われ、日常生活での血糖値のコントロールに気をつけないと各種合併症に見舞われて、命にかかわることもあります。

特に健康診断で血糖値が高いですよと忠告を受けている方は危険です。

歯周病の原因のみならず全身に悪影響を与える糖尿病にならないためにも、早急に原因となる食生活や生活習慣を改善することに努めましょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.