デンタルガイドトップ歯周病歯周病とタバコの関係性

歯周病とタバコの関係性

タバコを吸っている人は歯周病になりやすいのはどうしてなのでしょう

タバコ

タバコを吸っている人は、ヤニが歯についてしまって独特の汚れとなっていることが多く見られます。

特に、歯の裏側がヤニ汚れのために真っ黒になっていることが特徴です。

でも、タバコの影響は歯についたヤニ汚れだけにとどまりません。

実は、タバコを吸っている人は歯周病になりやすいのです。

それはどうしてでしょうか?血管を収縮させてしまうニコチンやヤニ汚れの原因となるタールといった成分が、歯茎の血行阻害や歯の周辺に歯垢を付着しやすい状況を作ってしまうからなのです。

タールの成分が一度付着してしまうと歯磨きでもなかなか落ちず、そこに歯垢が溜まってしまうのです。

また、歯茎の血行が悪くなると初期症状である出血も量が少ないので、見逃してしまいがちになります。

このため、一般的に歯周病の症状に気がつくのが遅くなる傾向があり、進行してから始めて慌てて歯医者さんに行って発覚するということも多いのです。

さらにせっかく治療をして治ったと思っても、またすぐになりやすいといった問題もあります。

つまり、本気で歯周病対策を考えるのならば、禁煙なしにはありえないと言っても良いでしょうね。

それでも吸いたいというのならば、タバコを吸っている人は吸わない人の何倍も歯周病になりやすいことを念頭において、予防や症状の進行防止に気を配る必要がありますよ。

タバコを吸う人と吸わない人ではこれだけ歯周病のリスクが高まるというデータが!

タバコ

タバコを吸う人は、吸わない人と比べて歯周病のリスクが高まると言われています。

タバコはニコチンによって歯茎の血行を阻害しますし、タールは歯に歯垢を付着しやすくしますからね。

リスクが高まると言われるのも、素直に納得できることです。

では、両者の間にはどのくらいの差が出ているのでしょう?具体的なデータで見てみると、タバコを吸う人は吸わない人よりも、なんと5倍ものリスクが高まるということです。

さらに、吸う本数が多くなればなるほどさらにリスクが高まるというデータも出ています。

つまり、ヘビースモーカーの人ほど深刻だということですね。

それにしても、具体的なデータで示されると、タバコを吸う人と吸わない人では、こんなにも歯周病のリスクが違うのかとつくづく思わされますね。

歯周病になりたくない、これ以上進行させたくない、というのならやはり禁煙に踏み切るしか道はなさそうです。

最初は口寂しかったりイライラしたりと、特有の禁断症状が出て辛いことでしょう。

でも、ここでこらえることができれば歯周病になりにくくなるだけではありません。

例えば肺がんになる危険性も軽減できるなど、様々な健康効果も期待できますよ。

将来歯を失ったり、命を落とす根源となる怖い病気を防ぐためにも、是非今日から禁煙に努力してみてください。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.