デンタルガイドトップ歯周病歯周病治療にかかる費用・保険・期間

歯周病治療にかかる費用・保険・期間

歯周病治療にかかる費用はどのくらいなのでしょう

歯医者さん

歯医者さんで歯周病治療にかかる費用はいったいどのくらいになるのでしょうか?歯周病治療は原則として、健康保険が適用されます。

ですので、例えば会社員の方だったら実際の窓口負担は治療費総額の3割の費用がかかるということになります。

このため、びっくりするほどの金額を最初に提示されることは基本的にあまりありません。

でも、現在の症状がどのくらい進んでしまっているかにも左右されるのも事実です。

例えば、初期段階の歯肉炎のみだったら適切な処置を施せば、すぐに治癒に向かうことでしょう。

しかし、歯肉炎の段階から歯周炎に進んでしまっている状態では、より長期間の治療が必要となってしまいます。

治療が長引けば、当然ながらそれだけかかる費用も多くなります。

それに、あごの骨にまで炎症が広がっている場合などは、手術を施さなくてはならないケースも出てくるでしょう。

こうなると、その手術代も必要ですから総額としてはやはりかなりの出費にならざるをえません。

つまり、どのくらいの歯周病治療にどのくらいの費用がかかるのか、という問題に対しては、実際にお口の中の状態を把握しないと判定できず、これだけ掛かりますよと一言で言うのは難しいのです。

一つだけ言えることは、初期段階で歯医者さんに行くことができれば、それだけ安上がりになるということです。

歯周病治療で保険は使えるのでしょうか?

歯

歯周病はお口の中の病気の一つです。

そのため、歯肉炎や歯周炎などの病気としての症状を改善させるための歯周病治療には、基本的にはご自身が加入している健康保険を使えるということいなります。

保険が使えるのならば、費用の負担も随分と抑えることができるので、ありがたいことですよね。

例えば、歯や歯周ポケットこびりついた歯垢やしつこい歯石を取り除くスケーリング・ループトレーニングの類は、保険を使えるので安心して治療を受けることができます。

ただし、一部の治療は保険適用外となりますので注意が必要です。

たとえば歯周病治療や予防に効果的な、お口の中を徹底的にクリーニングするPMTCと呼ばれる手法がありますが、こちらは適用外となっています。

現在のところPMTCは、美容的な意味合いが強いと理解されているためです。

いずれにしても、全ての歯周病治療を保険が使える範囲内で行いたいのならば、事前に歯医者さんにその旨を伝えることが大切です。

また、もしも保険適用外の治療方法を薦められた場合は、どうしてそれが必要なのか納得できるまできちんと説明を受けるようにしましょう。

歯医者さんからの説明を受けず、言われるがままに治療を行って費用支払いの段階になって愕然とする状況だけは避けたいものです。

歯周病治療にかかる期間はどのくらいなのでしょう

歯医者さん

歯周病治療にかかる期間は、実際どのくらいなのでしょうか?この問題に対しては、歯周病治療にかかる期間は進行度による、としか言いようがありません。

例えばごく初期段階の軽度の歯肉炎程度で発見することができれば、歯磨き時の丁寧なブラッシングに気をつけるだけで知らない間に正常化するケースもあります。

しかし、あごの骨がほとんど溶けてしまっているような重度の状態であれば、治療期間はかなりの長期に渡ります。

歯周病治療にかかる期間は、症状が進行していればするほど長い期間が必要になることはたしかです。

たとえ歯医者さんに通うのが嫌だったり、面倒だと思ったとしても、後回しにすればするほど多くの回数の通院が必要になってしまいます。

それに放置し過ぎることで、重症化させてしまって大切な歯が抜け落ちたり、血液中に入った原因菌が全身に回ってあらゆる悪さをするようになります。

時には、命が危ぶまれる状態になることもあります。

治療にかかる期間を短く済ませるためにも、今以上に進行させて深刻な状況に陥らないためにもすぐに歯医者さんに相談することが先決ですよ。

初期状態のうちは特に見過ごしてしまいやすい歯周病ですが、歯医者さんで定期的に健診を受けることでも早期発見・治療開始が可能となります。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.