デンタルガイドトップ歯周病歯周病予防グッズ

歯周病予防グッズ

歯周病予防におすすめの歯ブラシはどんなタイプ?

歯ブラシ

歯周病予防には、何と言っても正しいブラッシングによる歯磨きが一番の対策となります。

このことなしでは、歯周病予防は不可能と言っても良いくらいです。

では、その歯磨きの際におすすめの歯ブラシはどんなタイプになるのでしょうか?歯周病の原因菌はお口の中に溜まった歯垢が大好物なのですから、歯磨きの際にこの歯垢をできるだけ取り除くことが予防のカギとなります。

つまり、歯垢を効率よく取り除きやすいタイプのものがベストということになりますね。

具体的には、ヘッド部分の毛先が細いタイプのものが、おすすめの歯ブラシとなります。

毛先が細いと、歯と歯の隙間や歯と歯茎の間など歯垢が残りやすい部分にも届きやすくなるからです。

固さに関しては、あまり柔らかいものだと歯垢を掻き出す能力が落ちるので、ふつうの固さが良いでしょう。

もしも歯茎から出血するようだったら、やわらかめのタイプに替えて様子を見ながら、出血が治まった時点でふつうの固さに替えることをおすすめします。

上手に歯ブラシを選べるかどうかも、歯周病予防の大切なポイントです。

例えセール品で安くなっているからといって、やみくもに大量買いするのはいけません。

価格ではなく、機能面を重視して適切な歯ブラシを選ぶようにしましょう。

歯周病を予防する歯磨き粉で歯磨きタイムをパワーアップしましょう

歯磨き粉

歯周病を予防するためには、歯磨きの際の適切な歯ブラシを選ぶとともに、歯磨き粉も重要なアイテムとなります。

みなさんは、どんな基準で歯磨き粉を選んでいますか?テレビCMで有名だから、あるいは前からずっと使っているから、といった感じでしょうか?もしかしたら、味が好みだからという理由かもしれませんね。

でも、しっかりと歯周病を予防することを目的とするのなら、今後は十分に吟味して選ぶ必要があります。

成分に注目するならば、例えば歯垢除去に効果のある成分が入ったタイプがおすすめです。

このタイプならば、使用することによって歯垢を分解してくれるので、歯ブラシで掻き出しやすくなりますし、歯や歯の隙間にたまっていても溶かし出してくれることが期待できます。

ただし、必要以上に量を使えば良いというものではありません。

歯ブラシに乗せる量が多過ぎては、かえってブラッシングを妨げてしまうこともあります。

ブラッシングを妨げない程度に、適量を使うことが大切ですよ。

いくら歯周病を予防する効果の高い歯磨き粉を使っていても、基本的なブラッシングが出来ていなければその効果も半減してしまいます。

適切な歯ブラシと、歯磨き粉、そして正しいブラッシング方法の3つが揃って、初めて歯周病を予防することが可能だと覚えておいてくださいね。

歯周病を予防するガムを噛みましょう

歯医者さん

食後にきちんと歯磨きをすることが基本中の基本ですが、さらにその後、歯周病を予防するガムを噛むと大変効果的です。

でも、砂糖などの糖分たっぷりの甘いガムを噛めといっているわけではありません。

最近は、歯周病を予防する効果があるとされる成分を含んだガムが発売されていますので、このようなタイプのものを利用してみると良いでしょう。

コツとしては、できるだけお口の中に長くとどまらせることです。

こうすると有効成分の効果を長くお口の中で発揮させることができますよ。

味が無くなったからといって、すぐに捨ててしまうのはもったいないです。

また、噛むという行為自体が唾液の分泌を促すことになり、歯周病の原因菌を殺菌する効果も期待できます。

唾液が不足している、いわゆるドライマウスの状態では、本来唾液の成分によって殺菌されるはずの原因菌が増加してしまう原因となりますからね。

さらに、よく噛むことであごの骨を丈夫にし、脳にも良い刺激を与えることになります。

このように歯周病を予防するガムを噛むことで、他にも大きなメリットが期待できるのです。

食後は歯磨きも大切ですが、ガムを併用することが効果的です。

ただし、職場などで仕事中にガムをくちゃくちゃとすることは重大なマナー違反となりますので、TPOもよく考えましょうね。

デンタルリンスは細かい箇所の歯垢対策に効果的

綺麗な歯

気を付けて丁寧に歯磨きを行っていても、良質な歯ブラシを使っていても、どうしても歯垢が残りやすい部分があるものです。

私たちの歯は複雑な形をしていて、しかも規則正しく並んでいるとは限りません。

歯並びが整っている場合ならまだしも、ガタガタになっていたり、八重歯のある人はなおさらです。

でもこのまま放置していると、歯垢がたまってそこで歯周病の原因菌がどんどん増殖してしまいます。

そのため、歯周病が進行してしまうだけでなく、気になる口臭も発生しやすい状況になってしまいます。

そこで、お口の中の歯垢を落としやすくして歯周病の原因菌を退治する効果のある、デンタルリンスの登場です。

デンタルリンスは液体ですから、歯ブラシの先が届きにくく、磨きにくい細かな隙間などの箇所にもすんなり入っていくことができます。

デンタルリンスは歯磨き後にお口に含んで隅々にまで届くようにクチュクチュするだけと、使い方も簡単なグッズです。

お手入れに時間も掛かりませんから、歯磨き後に是非とも取り入れると良いでしょう。

さて、デンタルリンスは、使用時のスッキリ感を強調するために、ミント系の味わいの製品が多く出回っていますが、中には刺激の少ないマイルドなタイプもあります。

使用感や味の好みで選ぶという方法もありますが、しっかり歯周病の予防や改善を行いたい場合は、中でも有効成分が多く配合されている薬用タイプを選びましょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.