デンタルガイドトップ歯周病歯周病の検査方法

歯周病の検査方法

歯周ポケットの診査(プローピング)とはどんな検査方法?

プローピング

歯周病がどれだけ進行しているのかを把握するための検査方法が、歯周ポケットの診査(プローピング)です。

専用の計測器具であるプロープを用いて、歯と歯茎の間のすきまである歯周ポケットに差しこんでその深さを見ます。

歯周ポケットの診査(プローピング)では、1本の歯につき何カ所かを測定するのが一般的です。

これは、複数箇所を測定することで歯周病の進行度をより正確に把握できるからです。

このとき深さが深いほど、深刻な状態であることを意味します。

ちなみに炎症を起こしている箇所は、このときに出血をします。

これは、炎症を起こしている部分は充血しているために少しの刺激でも出血しやすいからです。

つまり、出血の有無も炎症があるかないかの判断基準となります。

さて、炎症がない健康な歯茎であれば、歯と歯茎の隙間は大体2〜3ミリ程度となっています。

しかし、歯周病が進行してくると歯茎の組織が炎症によって歯と歯茎の間に隙間が大きくできてしまうのです。

この深さが、3ミリ程度以下までは正常もしくは初期の症状である歯肉炎の段階で、4ミリ以上になると歯周炎の領域となります。

こうして歯周ポケットの診査(プローピング)によって状況を正確に把握した後に、改善を目指して本格的な治療が開始されることになるのです。

レントゲン診査で歯周病の進行を把握できます

レントゲン

歯医者さんに行くと、見た目だけでは判断できない奥深くの症状を把握するためにレントゲン診査が行われます。

一見したところではあまり問題がないようでも、実は歯周病が進行していて、あごの骨がほとんど溶けている状態で発見されることもあります。

お口の中は、本来は撮影時に骨が白く写るはずなのですが、溶けてしまっていると黒く透き通って見えます。

最近歯がぐらつくけどどうしてだろうと思っている人は、気がつかないうちに歯が溶けてしまっているかもしれませんね。

このようにレントゲン診査があってこそ、現在の状態を的確に把握できるのです。

逆に言えば、これがなかったら今後の治療計画を立てることは格段に難しくなってしまいます。

でもレントゲン診査は放射線の影響が心配だという人も多いでしょうね。

特に、妊娠中でも大丈夫なのかという疑問が多く寄せられます。

妊娠中のお母さんからすれば、お腹の赤ちゃんへの影響が気になるところでしょうが、歯医者さんでの撮影に使用される放射線量はごく微量でありほぼ安全です。

もちろん、それでも心配ならば撮影をしないに越したことはないのですが、今後の治療方針を立てることが不可能になり、そうこうしているうちに症状が進行してしまうことも考えられます。

歯医者さんとよく相談の上、治療に必要だと判断された場合は受けた方が良いでしょう。

歯周病の検査方法の一つの清掃状態の診査ってどんなもの?

染め出し

歯医者さんで行われる、歯周病を把握するための清掃状態の診査とは、どんな検査方法なんでしょうか?これは簡単に言えば、歯垢を歯磨きできちんと取り除けているのかをチェックする検査ということになります。

最初にお口の中の歯垢を赤く染めだす専用の検査薬を、口に含んで何回かクチュクチュした後に吐き出します。

こうすると、磨き残しがあって歯に付着した歯垢は、検査薬に染まって真っ赤になりますので一目瞭然です。

十分に磨いていると思っていても、意外としぶとく残っていることに愕然とする人も多いことでしょう。

そのくらい、きちんと歯垢を取り除くことは結構大変なことなのです。

実際の場面では、歯と歯茎の間に溜まった歯垢が歯周病の原因となりますので、この部分を細かくチェックします。

プローピングと同様、現在の状況を正確に把握するために1本の歯に対して何カ所か計測するのが一般的です。

最初はかなりの歯垢の付着率でも、正しいブラッシング方法での歯磨きを行っていけば、次回の清掃状態の診査時には改善しているものです。

歯周病の改善のためには、お口の中の歯垢の残存率を極限まで下げることが必須です。

その意味合いでも、清掃状態の診査は今後の治療を進めて行く上で欠かせない、家庭でのブラッシング指導に役立つ方法であると言えますね。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.