デンタルガイドトップ歯周病歯周病とは?歯周病の種類

歯周病とは?歯周病の種類

歯周病と具体的にどんなものなのでしょうか?

歯

歯周病は虫歯と同様にお口の中の病気の一種だとはわかりますが、具体的にはどういうものなのでしょうか?歯周病は歯自体ではなく、歯にとって大切な土台になる歯茎やあごの骨に炎症を起こしたり、組織を破壊する病気のことを指します。

少し前まではこの名前よりも歯槽膿漏という名前の方が一般的でした。

歯周病は成人であればほとんどの方が該当するぐらいで、今までまったく虫歯に縁がなかった人でも、調べてみると患っている例は結構多く見られるものです。

症状としては、歯茎のみの炎症である歯肉炎と、歯茎以外にまで炎症が進んだ歯周炎に大きく分けられます。

この病気は、虫歯同様にお口の中にたまった歯垢に住んでいる細菌によって引き起こされます。

歯垢の中にいるある種の細菌が、歯茎やあごの骨に炎症を起こしたり、組織自体を破壊してしまうのです。

実は、歯を失う原因としては虫歯よりもむしろこちらの方が多いと言われているのです。

つまり、せっかく歯の健康に気をつけてキレイにしていても、歯周病を治療・予防できなければいつか歯を失うことになってしまい、まったく意味がないと言っても良いのです。

虫歯にならないように気を使っていても、それだけでは残念ながらダメなのです。

同時にこの病気についての正しい知識を持つとともに、予防・治療に努力しましょう。

歯周病の原因菌の種類にはどんなものがあるのでしょう?

歯

お口の中には何と数百種類以上もの細菌が住みついていると言われています。

でも、これらの全てが歯周病の原因菌ではありません。

そのうち、歯周病の原因菌として考えられているものはごく一部とされています。

虫歯に関係の深いものともまったく別のものになります。

このごく一部の種類の原因菌のために歯周病が引き起こされ、歯を支える大切な顎の骨や歯肉がどんどんダメになってしまうのですから怖いですよね。

さて、これらの原因菌ですが、人によって持っている種類が微妙に異なるのです。

そのため、薬を用いた治療を行う際は治療効果をできる限り上げるためにも、種類の特定が必要となります。

検査の際にはお口の中の歯垢を少量取って、どんな細菌がいるのかを顕微鏡で調べます。

歯医者さんの中には、このときに実際の様子を見せてくれるところもあります。

その様子を目の当たりにすると、自分のお口の中でこんなにも多くの細菌がうじゃうじゃうごめいているのかと思って卒倒しそうになるでしょう。

しかし、どんな人のお口の中も細菌は必ず存在していますので、必要以上に恐れる必要はありません。

問題になるのはその中のごく一部だからです。

歯周病の原因となる悪玉細菌を増殖させないためにも、日頃から歯垢を溜め込まない努力が必要なのです。

成人のほとんどが歯周病ってご存知ですか?

歯医者さん

「私は虫歯にすらなったことがないから、歯周病なんて全く関係ないです。」こう言いきれる人はその考えをすぐに正しましょう。

なぜならば、成人のほとんどが歯周病にかかっているというデータがあるからです。

統計的には成人のほとんどである、全体の約8割もの人が何らかの歯周病を持っているとのことです。

この数字を見て、他人事ではないと是非認識し直してください。

例えば、最近歯磨きをしているとたまに出血する、歯茎が少し腫れていることがあるなんて自覚症状があるのならば、可能性が高いです。

そうでなくても、普段あまり歯磨きをする習慣のない人やしばらく歯医者さんに通っていない人は特に注意した方がよいでしょう。

なぜならば、歯周病の大きな原因は食事の後の食べカスが歯垢となってお口の中にとどまり、そのために原因菌を増やしてしまうことだからです。

歯磨きを怠たれば、たちまち歯の隙間に歯垢がどんどんたまってしまいます。その中に住みついた原因菌が歯茎の炎症を起こし、ひどくなると歯を支えているあごの骨まで溶かしてしまうのです。

みなさんが成人であるならば、ほとんどがこの病気にかかっているのだと思ってお口の中を清潔に保つように心掛けましょう。

また、早期発見・治療のためにも是非一度歯医者さんを受診してみてくださいね。

歯周病の種類

歯肉炎は歯周病の始まりです

最も代表的な歯周病の種類の一つが歯肉炎です。これは歯茎が炎症を起こしている状態です。

患部を見てみると歯茎が周囲よりも赤くなって腫れており、歯ブラシの先が当たった程度の少しの刺激で出血しやすくなっています。

もっとよく観察してみると腫れている歯茎の周辺の歯の根元には歯垢(プラーク)がたくさん溜まっていることがわかります。

この歯垢が歯肉炎を引き起こす原因菌を増加させているのです。

しかし、歯肉炎は歯周病の種類としては始まりの段階ですので、すぐに歯医者さんを受診して適切な治療を開始すれば進行を抑えることは難しくありません。

もちろん、同時に自分でも歯垢をきちんと取るように食事をした後などに丁寧なブラッシングを心掛けることで、症状を改善していくことができます。

ただし、歯肉炎では痛みに関しては自覚がない場合が多く、そのために見過ごしてしまいやすいのも事実です。

裏を返せば、この段階で歯周病を発見し、すぐに適切な治療できるかどうかが大きなポイントということになりますね。

普段から鏡を使って、歯磨き後に歯だけでなく歯茎の状態もチェックしておきましょう。

もしも気になる箇所があったら、虫歯じゃないからまだ大丈夫とか、これくらいで歯医者さんに行くのも気が引ける、などと思わずに早めの受診をオススメします。

歯肉炎が進行すると慢性歯周炎になります

歯周病の種類のうちのごく初期段階である歯肉炎が進行すると、今度は慢性歯周炎と呼ばれる状態になります。

これはどのような歯周病の種類なのでしょうか?

種類的には、慢性歯周炎は歯肉炎の段階では歯茎のみで済んでいた炎症が、歯を支えている歯根膜や、あごの骨、歯の根元部分にまで広がってしまっている状態を指します。

この段階でも、歯肉炎のときと同様に進行するスピードはゆっくりであるために、放置してしまう人も多いのも事実です。

さて、慢性歯周炎になると、歯周ポケットが深くなることによって歯の根元が露出してきます。

そのため、一見したところでは、今までよりも歯が長くなったように感じるのも大きな特徴です。

また、ここまで進行してしまうと歯を十分に固定する力が弱くなってしまうので、歯のぐらつきを自覚するようになります。

歯周ポケットも深くなっているので、歯垢も歯石も溜まっていくばかりです。

残念ながら、こうなってしまうと早く処置しない限りどんどん症状が悪化してしまいます。

そのうちに歯のぐらつきも次第に大きくなり、しまいには抜け落ちてしまうことになります。

鏡を見て歯の根元が長くなったように感じたり、歯のぐらつきに気が付いたら、もう歯周病のために歯医者さんに行かなければならないタイムリミットです。

一刻も早く治療を開始しましょう。

侵襲性歯周炎は若い人に多い症状です

歯周病の種類の一種である侵襲性歯周炎は、別名若年性歯周炎とも呼ばれています。

一般的には、歯周病は30代以降からと比較的年齢が高くなってから発症・進行していく傾向があります。

しかし、侵襲性歯周炎に関しては20代以下の若年層に多発します。

若い人が虫歯の治療のために歯医者さんを訪れた際に、よく調べてみると侵襲性歯周炎が発見されることもあります。

自分は若いからまだ大丈夫などと、過度な自信を持たないことです。

発症しやすい位置としては前歯や一番前の奥歯の周辺に起こりやすく、急速に進行していくことも大きな特徴となります。

そのため、まだ歯茎がちょっと腫れているぐらいの初期段階だからと放置してしまったがために、いきなり歯がぐらついてきてあわてて歯医者さんに駆け込むことも多く見られます。

治療には一般的なスケーリング・ループトレーニングなどの方法に加えて、原因菌を殺菌する薬を投与することを並行していく方が良い場合もあります。

さて、この侵襲性歯周炎は、歯周病の種類の中ではなかなか症状の改善が出にくい種類であると言われています。

そのため、歯周病治療の経験や実績の豊富な歯医者さんに相談することがベストとなります。

無駄に治療期間を長引かせないためにも、悪化する前に適切な処置を行うためにも、腕の良い歯医者さんを選ぶことが肝心です。

壊死性歯周疾患はどんな症状が特徴なのでしょうか

歯周病の種類の中でも、壊死性歯周疾患と呼ばれている症状があります。

症状の名前が壊死性歯周疾患と、壊死性という恐ろしい言葉が入っていることから、ちょっと怖いイメージがありますね。

この症状は、細かく分類すると壊死性潰瘍性歯肉炎と、壊死性潰瘍性歯周炎の2種類に分けられます。

このうち壊死性潰瘍性歯肉炎は、歯茎にひどい炎症ができるほかに、高熱が出たり全身に倦怠感を感じる症状に襲われます。

また、強い口臭があったり痛みを伴う潰瘍を形成します。

症状としては、急激に炎症が歯茎の全体に広がって組織を破壊していきます。

この状態がさらに歯根膜やあごの骨などの、歯を周りから支えている部位までに進行してしまったものが、壊死性潰瘍性歯周炎です。

こちらも重症になってしまうと、発熱や全身の倦怠感、さらには頭痛などの症状にも見舞われます。

このように、急激に痛みを伴う潰瘍が歯茎に見られ、全身のだるさなどを感じたら壊死性歯周疾患になっている可能性が高くなります。

いずれの場合も、体の免疫力が著しく低下しているときに発症しやすい歯周病であることが特徴です。

また、全身の栄養状態が良くない人にも多発するとされます。

風邪がなかなか治らないなど身体的に弱っている時期には、特に注意すべき歯周病の種類なのです。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.