デンタルガイドトップ歯周病歯周病を予防するにはどうしたらいい?

歯周病を予防するにはどうしたらいい?

歯周病を予防するにはプラークコントロールが効果的です

プラーク

歯周病を予防するにはプラークコントロールが一番有効です。

結局のところ、歯周病はその原因菌によって引き起こされるのです。

つまり歯周病を予防するにはその原因菌の元を断つことが効果的なのです。

では、どのような方法でプラークコントロールを行えば良いのでしょうか?私たちは生きていくために食事をすることは不可欠ですよね?食事をしなければ必要なエネルギーを摂ることができずに、衰弱してしまいます。

しかし食事をすることはイコール、食べカスがお口の中にのこって歯垢(プラーク)が残るという運命なのです。

そのため、食事のたび、また寝る前と起きぬけに丁寧な歯磨きを行うことで歯垢をできるだけお口の中に残さないようにすることが肝心なのです。

これが日常生活において自分でできるプラークコントロールの方法です。

でも、残念ながらどんなに丁寧に歯磨きをしていても完全に歯垢を取ることはなかなか難しいものです。

そこで、歯医者さんに通ってチェックしてもらい、特に磨き残しが出やすい歯と歯の隙間や歯と歯茎の間である歯周ポケットの歯垢や歯垢が固まってできてしまった歯石を取ってもらうことも大切です。

このように常日頃からプラークコントロールに力を入れることで、原因菌の増殖を抑えることができ、効果的に歯周病を予防することができるのです。

歯周病を予防するには毎日の正しい歯磨きが一番です

歯磨き

歯周病はお口の中にたまった歯垢に原因菌がはびこり、それが元で歯を支える歯茎やあごの骨が炎症を起こしてしまう病気です。

つまり、歯周病を予防するには歯垢を貯め込まないことが大切で、そのためにも毎日の正しい歯磨きが一番なのです。

でも、1日に何回もコマメに磨けが良いというものではありません。

要は、磨き方の問題なのです。

自分ではしっかりブラッシングできていると思っていても、歯垢が染まる専用の染め出し溶液をつけて調べてみると歯の根元部分などが真っ赤に染め出されるものです。

歯垢は見た目には白っぽいので、歯に付着していても一見キレイに見えます。

そのため油断してしまって、知らず知らずのうちに進行しているなんてことも多いのです。

本当に正しいブラッシングを行えている人は少ないのです。

歯周病を予防するための正しいブラッシング方法を身につけるためには、歯医者さんに行きましょう。

マンツーマンでブラッシング指導を受けられますのでオススメですよ。

歯磨きで歯垢をきちんと落とすためには、正しいブラッシング方法を身につけるとともに、自分に合った使いやすい歯ブラシや歯磨き粉の選定も大切ですので覚えておきましょう。

最後に、せっかくきちんと磨けていても最後にお口を良くすすがなければ台無しです。

しっかりお口をゆすいで、歯周病を予防することに励みましょう。

生活習慣を改善して歯周病を予防しましょう

歯医者さん

歯周病は生活習慣病の一種と考えられます。

そのため、意識的に生活習慣を改善することで歯周病を予防することは可能になります。

では具体的にはどんなことに気を付けていけばよいのでしょうか?まずは、自分の食生活に目を向けてみましょう。

キャンディーやガム、チョコレートなど、いつも何かしらお口の中に食べ物がある状態になってはいないでしょうか?食べ物がお口の中にある時間が長いほど、歯周病の原因菌が増えやすい環境になってしまいます。

そのため、だらだら食いを止めるだけでも予防になるのです。

もちろん、糖分が多い食べ物はお口の中で原因菌を増やしやすくしますので、できるだけ避ける方が賢明です。

さらに食後には毎回丁寧に歯磨きをするように心掛けましょう。

食べたら磨く、この基本事項を守ることも大切です。

また、たばこに含まれるニコチンやタールは症状を悪化させる大きな原因となります。

禁煙も考えることも必要です。

このように、自分の生活習慣を一度きちんと見直し、大きく改善することで効果的に歯周病を予防することを心掛けましょう。

いくら腕の良い歯医者さんに通って正しい指導を受けても、元々の自分自身の生活習慣がダメでは意味がありません。

将来的に悩まないためにも、歯周病の予防のために今自分でできることから随時改善していきましょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.