デンタルガイドトップ歯周病歯周病になるとどうなる?

歯周病になるとどうなる?

歯周病の症状

歯茎

歯茎から血が出ることは初期に最も多い症状です

歯磨きした時に、気が付くと歯ブラシに血が付いていてびっくりした経験のある方も多いのではないでしょうか?このように歯茎から血が出ることは歯周病の症状として初期に最も多く見られます。

では、歯周病になると歯茎から血が出るのはどうしてかというと、歯茎が腫れて炎症を起こしているからです。

お口の中をよく観察してみると、歯の付け根部分の歯茎が赤くはれていることが確認できるでしょう。

この部分が歯肉炎を起こしているのです。

ただし、歯茎から血が出るとはいえ、痛みがほとんどない場合もあります。

そのため、この段階で歯周病になっていることに気がつく人もたくさんいます。

またこの状態では少しの刺激でも血が出るのですが、そうかといって歯磨きをしない方が良いというわけではありません。

それではますます症状が悪化してしまいますし、同時に虫歯の原因にもなりますので、丁寧なブラッシングで歯垢を取り除くことが大切です。

しばらくは歯磨きのたびに血が出ることが続くかもしれません。

しかし、しっかりブラッシングを行っていけば、症状の改善が期待でき、炎症が段々治まってくることでしょう。

歯周病の症状として歯茎から血が出るのは、まだ初期段階ですのでこの状態から進行させないように気をつけましょう。

口臭がすると歯周病の可能性大です

虫歯になると口臭が強くなりますが、それは歯周病の症状としても当てはまります。

この嫌な臭いの原因は、歯周病の症状を引き起こす原因菌によるものです。

この原因菌が排出する物質によって独特の臭いが発せられるのです。

もちろん歯磨きをしたり、口臭スプレーを使えば一時的に解消されます。

最近の歯磨き粉や口臭スプレーには爽快感が強いタイプもあり、使用した瞬間にはかなりスッキリします。

しかし、歯と歯の隙間や歯と歯茎の間に溜まった歯垢はしぶといものです。

すぐにまた元通りの嫌な臭いに悩まされることになってしまうことでしょう。

歯垢の中にはたくさんの原因菌が住み付いていて、その繁殖能力は私たちの想像以上にすさまじいのです。

お口の中に歯垢がある限り、原因菌がなくなることはありません。

虫歯ではないにも関わらず、口臭が気になる、悩んでいるといった人は歯周病を疑ってください。

お口の中を見て、歯茎が腫れたように赤くなっていませんか?歯の周りに歯垢がたまって膿みを持ったようになってはいませんか?特に歯茎が腫れて膿みを持っている状態になると臭いの強さもさらに強烈になってしまいます。

でも安心してください。

歯周病の症状としての口臭は、治療することで消すことが可能になります。

一刻も早く治療を開始して、不快な臭いの悩みから解放されてくださいね。

口のネバつきは歯周病の症状でもあります

「最近、何だか口のネバつきが気になって仕方がない。

」、もしみなさんがこう感じているのなら歯周病の可能性はかなり高いですね。

実は、口のネバつきも歯周病の症状の一つなのです。

夜に歯を磨いて寝たにも関わらず、朝起きぬけの口のネバつきがひどい場合は確実です。

寝ている間は唾液の分泌が少なくなって、口の中が乾燥している状態になります。

唾液には口の中のPHバランスを保つために重要な役割を持っています。

普段は唾液のおかげである程度は原因菌が増えるのを抑えてくれているのです。

しかし、寝ている間はこの唾液が少なってしまうので歯周病の原因菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。

ネバつきという症状はまさしくこの原因菌の仕業によるものだったのです。

また、寝る前の歯磨きで落としきれなかった歯垢も、寝ている間に歯周病の原因菌を増やしてしまいます。

歯垢は格好の栄養源になりますからね。

自分ではしっかり歯磨きをして完璧だと思っていても、歯ブラシの先が届きにくい箇所には歯垢がしぶとく残っているものです。

特に奥歯の一番奥に位置している親知らずが生えている付近や、歯の裏側、歯と歯の間は注意して磨かないと歯垢が残りやすいものです。

朝起きたときにお口のネバ付きを感じたら歯周病の症状ではないかと疑って、すぐにでも対策を開始しましょう。

歯茎が腫れる膿むというのも代表的な症状です

歯茎が腫れる膿むということも歯周病の症状の代表的なものとなります。

多くの人が、生活に支障が出てくるこの段階になって初めて歯周病の治療を始めようと真剣に考え始めることでしょう。

この歯茎が腫れる膿むという状態になるのは、歯周病の原因菌に対して血液中の白血球が対応している証拠です。

そのため、ある程度の痛みを伴うこともあります。

こうなると食べ物を噛むだけでも痛かったり、歯が浮いたような感覚を覚える場合もあります。

特に膿んでいる場合は、口臭もひどくなります。

この症状が出るようになると、すでに歯周病がある程度進行してしまっていることが考えられます。

安易な自己判断で、市販の痛み止めなどを飲んで対処するのはオススメできません。

痛みは一時的に引くことがあるかもしれませんが、市販の痛み止めでは根本的な治療にはなりません。

このまま歯茎が腫れる膿むという状態のままで放置すると、もっと歯茎の奥深くのあごの骨まで歯周病の原因菌が炎症を起こすようになります。

ここまでひどくなると、あごの骨がほぼ溶かされてしまって歯は抜け落ちてしまい、さらに手術をしなくてはならない場合も出てきます。

歯医者さんが苦手な人でも、この症状が出たらこれ以上進行させないためにも覚悟を決めて速やかに受診してください。

その他の症状について見ていきましょう

歯周病の症状は、歯茎からの出血や腫れ・膿み、お口の中がネバつく、口臭がするなどが代表的です。

しかし、これだけではありません。

例えば、最近虫歯ではないものの、どうも歯がぐらつくというのであれば、それも歯周病の症状である可能性が高くなります。

よくお口の中を見てみると、歯の根元が以前よりも露出していないでしょうか?それは、原因菌により歯茎が炎症を起こして、組織が破壊されてしまった状態なのです。

こうなると歯茎が歯を支える力も弱くなりますから歯がぐらつくというわけです。

もっと進行するとあごの骨まで炎症が進んで、いつ歯が抜け落ちてしまってもおかしくないぐらいになってしまいます。

また、初期の段階では痛みがあまりないのもこの病気の特徴の一つですが、次第に進行していくうちに食べ物を噛んだだけで痛みを感じることもあります。

これは歯茎やあごの骨の組織がダメージを受けているために、噛むことによって発生する大きな圧力に耐えられないから、に他なりません。

このように虫歯ではないのに、歯が痛むというのは実は歯周病の仕業だということもあるのです。

歯周病は多種多様な症状を表します。

虫歯ではないようだけれども気になる点がある、というのだったらすぐに歯医者さんに相談すると良いでしょう。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.