トップページ > 歯磨き粉 > 歯磨き粉の選び方

成分や形状によって歯磨き粉を選ぶPulvis dentrificus

歯磨き粉の選び方

歯ブラシと歯磨き粉

いろいろな種類の歯磨き粉がありますので、何を選べばよいのか迷ってしまう人も少なくないでしょう。 あまり中身にこだわらない人は、値段だけで決める人もいるでしょう。 勿論そのように決めて頂いても全く問題はありませんが、どうせなら、自分の歯や歯茎の状態に合わせた歯磨き粉を使うことで、症状の緩和や予防に繋がりますので、どの歯磨き粉にしたらよいのか迷った時は、自分の口腔状態に合わせて歯磨きを選ぶことをお勧めします。

成分によって歯磨き粉を選ぶ

歯磨き粉

歯磨き粉には様々な成分が配合されています。 歯周病(歯槽膿漏)を緩和・予防したいと思っている方は、歯周病に効く成分ε-アミノカプロン酸や、塩化セチルピリジニウムなどが配合された歯磨き粉がお勧めです。 また、歯がしみるなと思った場合は、硝酸カリウム、乳酸アルミニウムが配合されているもの、ステイン(茶渋等)やタバコのヤニが気になるという場合は、ポリエチレングリコールやハイドロキシアパタイトが配合されたものを選ぶと良いでしょう。

形状によって歯磨き粉を選ぶ

歯医者さん

一般的にはチューブに入ったペーストタイプのものが主流ですが、とろっとしたジェルタイプのものや、液体の歯磨き剤など存在します。 用途やお好みに応じてお選びください。

[チューブタイプ]

薬効成分の入っていない化粧品分類のものから医薬部外品ものまで様々な種類の歯磨き粉が販売されています。 最近はフッ素入りの歯磨き粉が虫歯予防に効果があるとして大変人気となっています。 手軽に使いやすいのが特徴的です。 一般的な歯磨き粉には発泡剤が配合されておりますので泡立ちが良くなっております。 泡立つことによって歯が綺麗になったと勘違いをし、磨きが不十分な方もたくさんいますので、しっかりと歯を磨くということを念頭において歯磨きを行いましょう。

[ジェルタイプ]

形状はとろみのあるジェルタイプで、チューブタイプに配合される研磨剤がないため、歯や歯茎に優しく、電動歯ブラシなどを利用しても歯への負担が低い歯磨き剤です。 また、最近では通常の歯磨き後に、仕上げとしてフッ素を塗る歯磨きジェルも人気となっています。

[液体タイプ]

マウスウォッシュや洗口剤とも言い、口全体を薬用成分が配合された液体で洗浄します。 会社や学校など、しっかりと歯を磨く時間が取れない場合に有効です。

[粉末タイプ]

昔は良く使われていたタイプの歯磨き粉です。 現在は、無添加やオーガニック素材の歯磨き剤に利用されることが多いタイプです。 歯磨き粉の後味(ハッカ等)が残りにくいため、後味が嫌いな方にはお勧めの歯磨き粉です。

無添加歯磨き粉

女性の歯医者さん

日本で発売されている歯磨きは化粧品分類のものも、医学部外品のものもどちらも厚生労働省の認可を受けておりますので、安全確認がされているのですが、発泡剤(特にラウリル硫酸ナトリウム(界面活性剤))が配合されている歯磨き粉を、口にするのは本当に安全なのかと不安に思う方がいるのも事実です。

そのような方は、是非無添加の歯磨き粉を利用することをお勧めします。(研磨剤に不安を感じる方にもお勧めします。) 無添加ですので、品質保持期間は3ヶ月以内のものが多くなっています。 雑菌だらけになってしまった歯磨き粉は体に悪影響をおよぼす可能性がありますので、開封後はしっかりと蓋をし冷暗所で保管して下さい。 市販されている無添加歯磨き粉は、大量生産されているほかのチューブタイプの歯磨き粉と比較し割高感はありますが、重曹と塩等で簡単に手作りできるのも魅力的です。 (但し、手作りの歯磨き粉は厚生労働省より認可が下りない限りフリーマーケット等で販売してはいけません。)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.