トップページ > 歯磨き粉 > 電動歯ブラシの歯磨き粉

電動歯ブラシに適した歯磨き粉とはPulvis dentrificus

電動歯ブラシとは

歯ブラシ

電動歯磨き粉についてご紹介する前に、まずは電動歯ブラシについてご紹介します。 電動歯ブラシとは、モーターの力を利用してブラシを高速振動させ歯磨く歯ブラシです。 普通の手磨きでの歯磨きと比較すると、磨き残りが少なく、磨く時間が短縮されるのが特徴的です。 (当然のことですが、磨いていない場所は汚れを落とすことが出来ません。 電動歯ブラシを使用する場合も、歯の隅々までしっかりと磨くことが大切です。) 発売されている電動歯ブラシは、100円ショップで買えるものから1万を超えるものまで様々な電動はブラシが売っています。 比較的安価な電動歯ブラシは電池式ものが多く、ヘッドの振動回数は1分間で約2000~10000回程度の振動数となっています。 高価な電動歯ブラシになると、1分間の振動回数が20000~40000回という振動回数が超音波並みという音波式歯ブラシになり、振動回数が20~20000Hz(ヘルツ)という音波の領域に入ることから音波式歯ブラシと呼ばれています。 (Hz(ヘルツ)は1秒間の振動数を表す単位です。) 最近主流となっているのが、この音波式歯ブラシです。 電動歯ブラシを使用することで、少ない力で歯を磨くことができ、歯への負担を減らすことができるほか、ブラシが振動することによって泡や水流が発生するため、汚れや歯垢の除去を促進させる効果があります。

電動歯ブラシに使用する歯磨き粉

歯医者さん

電動歯ブラシに使用する歯磨き粉は、電動歯ブラシ専用の歯磨き粉か、研磨剤が0若しくは少ないものを(ジェル状の歯磨き粉等)使用するようにしましょう。 電動歯ブラシは、手動で磨くより遥かに多くの回数、歯を擦っていることになります。 そのため研磨剤がたくさん入っている歯磨き粉を使用すると、その分歯を研磨していることになりますので、歯の表面のエナメル質を削り取ってしまいます。 (電動歯ブラシで、研磨剤たっぷりの歯磨き粉を使用して力強く磨いてしまうなんていうのことは絶対に辞めましょう。 力強く磨かないと磨いた気がしないという方もいるかもしれませんが、振動回数が多い分、力強く磨かなくても済む様にカバーされておりますので、どうしても力強く磨きたい方は手動歯磨きのほうがいいかもしれません。) また、液体の洗口剤もお勧めです。 洗口剤で口を濯いだ後は、歯磨き粉など付けずに電動歯ブラシで磨くだけでも充分効果があります。

エナメル質とは

エナメル質 ピカピカの歯

歯の1番外側にある部分をエナメル質と言い、歯冠(歯の表面に出ている部分のことです。)の表面部分は全てエナメル質に被われています。 エナメル質は96%のリン酸化カルシウム(ハイドロキシアパタイト)と、有機質・水で構成されており、人間の身体の中で最も硬い組織となっています。 エナメル質自体は透明なのですが、下の組織(象牙質)が黄みがかった色のため、歯自体も黄みがかって見えます。 (そのためホワイトニングをしない限り真っ白な歯にはなりえません。) エナメル質は人間の身体の中で最も硬い組織なのですが、その反面とても脆いという性質も持っており、1度エナメル質が失われてしまうと2度再生することはありませんので、欠けてしまった場合は早期に治療するようにしましょう。 (悪化してしまった場合、歯の神経を取ることになる場合があります。) エナメル質が失われると、象牙質部分が剥き出しの状態になりますので、冷たいもので歯がしみるなどといった知覚過敏になる恐れもあります。

歯を守るために一生懸命歯を磨いても、逆効果になってしまっては元も子もありません。 電動歯ブラシを使う場合は正しい使い方を守って、歯を健やかにそして美しく保つようにすることを心がけましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.