トップページ > 歯磨き粉 > 歯磨き粉の成分

効能により様々な成分が配合されている歯磨き粉Pulvis dentrificus

歯磨き粉に配合されている成分

歯磨き粉には、虫歯予防や歯周病予防など、それぞれの目的に応じた成分が配合されているほか、研磨剤や発泡剤などといった成分が配合されています。 成分の具体的な内容をご紹介します。

[湿潤剤]

歯磨き粉のしっとり感を適度に保ち、凝固や分離を防ぐ働きがあります。 ソルビトール、グリセロール、プロピレングリコールなどがあります。

[発泡剤]

歯磨き粉が泡立つ成分で、歯磨き粉を口内に拡散させ汚れの除去を促す働きがあります。 歯科医が推奨する歯磨き粉に低発砲のものは多い理由は、泡が立つことで磨けたつもりになってしまうためです。 泡立ちが良いものが悪いというわけではありませんので、丁寧によく磨くことを心がけましょう。 ラウリル硫酸ナトリウム(界面活性剤)、ラウロイルサルコシンソーダ、ショ糖脂肪酸エステルなどがあります。

[研磨剤]

歯垢やステイン(茶渋等)、タバコのヤニを落とす働きがあります。 ホワイトニング効果の高い歯磨き粉は、歯のエナメル質を研磨して白くするため、クレンザーのような強力な研磨剤が入った歯磨き粉を利用すると、逆に歯を着色しやすい状態にさせてしまうため気をつけましょう。 通常の歯磨き粉でしたら、それほど強い研磨力はありませんので心配はいりません。(逆に漂白効果はあまり高くないということです。) 炭酸カルシウム、リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウムなどがあります。 ※商品によっては清掃剤と表記されている場合もあります。

[香味剤]

爽快感や、香りを付けることによって歯磨きしやすくなるという働きがあります。 香料、サッカリンナトリウム、オレンジ油、メントールなどがあります。

[粘結剤]

液体成分と粉末成分が分離するのを防ぎ、適度な粘度感を与える働きがあります。 カルボキシメチルセルロース、CMC、カラギーナン、キサンタンガムなどがあります。 ※商品によっては結合材・粘度調整剤と表記されている場合もあります。

[浸透剤]

成分を浸透させやすくする働きがあります。 ポリエチレングリコール4000などがあります。

[薬用成分]

医薬部外品の歯磨き粉には薬用成分が配合されており、殺菌剤や抗炎症剤の働きで、歯周病の予防や歯肉炎の予防などの効果があります。 フッ化物、ε-アミノカプロン酸、イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、ラウロイルサルコシンナトリウム(LSS)などがあります。

[防腐剤]

歯磨き粉の変質を防ぐ働きがあります。 パラベン、安息香酸塩などがあります。 ※商品によっては保存料・保存剤と表記されている場合もあります。

薬用成分の効能

歯 ポイント

[ε-アミノカプロン酸/β-グリチルレチン酸]

歯肉炎・歯周病(歯槽膿漏)などの予防や口臭の防止に効果があります。

[イソプロピルメチルフェノール(IPMP)]

殺菌作用があるため虫歯の予防や、歯肉炎の予防に効果があります。

[ラウロイルサルコシンナトリウム(LSS)]

虫歯の予防や進行を抑制する効果あり、口臭の予防にも有効です。

[フッ化ナトリウム/モノフルオロリン酸ナトリウム]

虫歯を予防し酸を抑制し、再石灰化を促す効果があります。 モノフルオロリン酸ナトリウムは主に小児用歯磨き粉に配合されます。

[サリチル酸メチル]

歯茎などの炎症を抑える効果があります。

[トラネキサム酸]

歯周病(歯槽膿漏)などによる出血を抑制する効果があります。

[乳酸アルミニウム/硝酸カリウム]

象牙細管の封鎖を薬用成分が塞ぐことによって歯がしみるのを予防します。

[ポリリン酸ナトリウム/ポリエチレングリコール]

タバコのヤニを除去する働きがあります。

[デキストラナーゼ(酵素)]

歯垢(プラーク)を分解・除去し、薬用成分でコーティングすることで、再付着を防ぐ効果があります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.