トップページ > 歯磨き粉 > 歯磨き粉の歴史

世界各地の歯磨き粉の歴史Pulvis dentrificus

世界中の歯磨き・歯磨き粉の起源をご紹介します。

歯磨き粉の歴史 エジプト

エジプトの壁画

歯磨きは、古代エジプトでのチュースティックが起源と言われています。 チュースティックとは、木の一端を歯で噛んで柔らかくしたもので、柔らかくなった部分に歯磨き粉盛って使っていました。 この歯磨き粉は、世界最古の歯磨き剤と言われており、紀元前1500年頃にエジプトで書かれたパピルスに記載されているほどです。

~パピルスに記されていた歯磨き粉~

[ビンロウジュの実]を細かく粉上に粉砕し、ナイル川が氾濫した時に運ばれる肥沃な土[緑粘土(研磨剤・粘結剤として利用)]、 蜂蜜(粘結剤、甘味料として利用)、燧石(研磨剤として利用)、乳香(香料として利用)、緑錆(細菌抑制効果・殺菌作用)を混ぜたものを使っていたそうです。 (尚、エジプトでは4世紀頃になると食塩や黒胡椒、ミントの葉やアイリスの花などを混ぜ合わせた粉末状の歯磨き粉を使っていたと言われています。)

歯磨き粉の歴史 インド~中国~日本

中国

古代インドではお釈迦様がニームという木を使って磨く、歯木というものが歯磨きとして広まりました。 驚くべきはニーム樹液の中には、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)に効果のある成分が配合されていたそうです。 (シュルタという医書には、蜜などの糊剤を歯木につけ、歯を磨くことで歯肉を傷つけずに口臭や汚れを落とすと記されています。) その後歯木はインドから中国に渡り、中国では楊(柳)の木でつくられた楊枝を使って歯磨きを行っていました。 唐の時代になると、歯磨き粉として塩を使っていたそうです。 そして、その後は朝鮮を経て日本へ伝来したものと思われます。

平安時代には既に竹でできた楊枝も存在していたようで、現在と同様に、歯間に詰まった食べかすを除去する目的で使われていたようです。 江戸時代になると、一般庶民にもかなり普及し、楊枝専門店もあったほどで、琢砂という目の細かい研磨砂に、各種漢方薬(丁字等)を配合した歯磨き粉は、口臭を除去、歯を白くするなどといった宣伝文句も掲げられていたと言います。 その後明治になり日本の歯ブラシは、イギリス領であったインドから伝来してきた歯ブラシを真似して鯨の髭と馬の毛で作ったクジラ楊枝へと姿を変えることになります。

歯磨き粉の歴史 ローマ~ヨーロッパ~アメリカ

アメリカ

[ローマ]

古代ローマでは、ポルトガル人の尿が歯を白くすると信じられており、大金を払って他人の尿を歯磨き粉として使っていたそうです。 実際に尿に含まれるアンモニア成分(尿素)には歯を白くする働きがあり、尿による歯磨き(口腔洗浄)は18世紀頃まで行われていました。 帝政ローマ時代は、焼いた動物の骨や焼いた卵殻の灰を歯磨き粉として使用していたそうです。

[ヨーロッパ~アメリカ]

ヨーロッパでは、歯をブラシのようなもので磨くのではなく、布なので拭き歯の隙間を木片や金属などの先端の尖ったもので掃除していたそうです。 17世紀頃に今の歯ブラシが作られるようになりますが、18世紀になっても歯ブラシは使用されず、布などで磨くことが主流だったそうです。 (歯ブラシは贅沢品であったため1部の貴族にしか使われていませんでした。) 但し、フランスでは14世紀には、ハッカやニッキ、胡椒入りのワインで含嗽したり、焼塩、酢、焼いた動物の骨などを混ぜた歯磨き粉で歯を磨いていたとも言われています。 17世紀には、欧米で歯磨き粉を付けるという習慣が広まり、チョークの粉や、砕いた煉瓦、食塩などを混ぜたものが歯磨き粉として使われていました。 18世紀のアメリカは焦げたトーストを混ぜた歯磨き粉が使用されていたほか、合成樹脂にシナモンやミョウバンなどを混ぜた歯磨き粉などもあったようです。 そして19世紀末になり、粉末状の歯磨き粉からペースト状の歯磨き粉へと移り変わってゆき、20世紀にはフッ素化合物が配合された歯磨き粉が誕生しました。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.