デンタルガイドトップ歯磨き粉薬用と医薬部外品の歯磨き粉の違いとは?

薬用と医薬部外品の歯磨き粉の違いとは?

薬用とは

女性の歯医者さん

薬用と、医薬部外品の違いをご存知でしょうか。

例えば薬用と表記されているのに、医薬部外品とも表記されている場合、薬用なのか、薬用ではないのか疑問に思ったことはありませんか?

医薬部外品は、医薬の部外品とあるため、薬用ではないと思う方がいるのではないでしょうか。

しかし薬用と医薬部外品は同じ意味を成しています。

医薬品とは、病院で処方される薬や薬局で販売されている風邪薬などといった薬のことを指し、配合されている成分で病気や怪我などを治療する効果があると認められている薬を意味します。

一方、医薬部外品は、医薬品に順ずるものという位置であり、配合されている成分で予防や緩和を目的とする薬を指します。

また、医薬品のように販売許可を得る必要がないのも特徴的です。

薬用及び医薬部外品と表記されているものは、医薬品と比較して効果のほどは高くはありませんが、予防や緩和のために薬用成分が配合された歯磨き粉を使用することをお勧めします。

そのため、薬用及び医薬部外品と表記されていた場合、あくまで予防効果があるものと認識をし、薬用歯磨き粉を使用しているからといって歯周病にならないとは限りませんので、薬用という言葉を鵜呑みにせず、日々のケアをしっかりと丁寧に行うことが大切であると言えるでしょう。

薬用と表記されているからと言って、歯磨きをおろそかにしてしまっては本末転倒です。

薬用成分

薬用歯みがき

歯磨き粉に配合されている薬用成分は、主に殺菌効果や抗炎症効果のあるものが配合されています。

それらの効能によって、歯周病の予防や歯肉炎の予防に効果が期待できます。

歯肉炎・歯周病(歯槽膿漏)といった症状に効果が期待できるのは、ε-アミノカプロン酸、β-グリチルレチン酸、イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸メチルといった成分です。

歯肉炎は歯周病の初期段階の症状で歯茎に炎症が起こり、赤く腫れてしまっている状態ですので、薬効成分のある歯磨きで優しく磨くことで、腫れが緩和する効果が期待できます。

尚、出血が見られる場合にはトラネキサム酸が配合されているものがお勧めです。(出血を抑制してくれる効果があります。)

歯周病になってしまうと、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう場合がありますので、そうなってしまう前にしっかりと予防ケアすることが大切です。

タバコのヤニやステイン(茶渋等)が気になる方は、ポリリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコールなどが配合されている歯磨き粉をお勧めします。

ポリリン酸ナトリウムは、タバコのヤニを浮かせて除去する効果や歯石の沈着を防ぐ効果があり、ポリエチレングリコールは、タバコのヤニを溶解し除去してくれる効果が期待できます。

フッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムは、いわゆるフッ素と呼ばれる成分で、虫歯を抑制する効果が高く、歯の再石灰化を促す効果があります。

市販されている歯磨き粉の90%には、フッ化物が配合されておりますので、知らず知らずと使っていたということもあるでしょう。

最近では、歯磨きをした仕上げにフッ素ジェルを塗って歯にしっかりとフッ素をコーティングすることで、虫歯予防の効果を高めると言う方法も人気があります。

フッ化物のほかに虫歯予防に効果があるのは、デキストラナーゼや、ラウロイルサルコシンナトリウムといった成分があります。

デキストラナーゼは酵素によって歯垢(プラーク)を分解・除去する効果があり、ラウロイルサルコシンナトリウムは殺菌成分があるため虫歯の予防に効果があります。

歯磨き粉には様々な薬用成分が配合されていますので、自分の歯の健康状態に合った歯磨きを選ぶことをお勧めします。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.