デンタルガイドトップ歯磨き粉歯周病や歯肉炎の症状とそれらを予防する歯磨き粉とは?

歯周病や歯肉炎の症状とそれらを予防する歯磨き粉とは?

歯周病とは

プラーク

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている細菌に感染してしまうことで歯周ポケットが深くなり、歯垢(プラーク)が溜まりやすくなるという悪循環を引き起こし、歯茎が腫れてしまったり出血をするといった症状が出るようになります。

歯垢(プラーク)が一切関係していない歯周病というのも存在します。

歯周病の初期段階では自覚症状が殆どないため、気付かずに悪化してしまい最悪の場合歯が抜け落ちてしまう人も少なくありません。

日本人の成人約80%が歯周病にかかっているとされ、日本人が歯を失う原因の殆どが歯周病と言われています。

この自覚症状があまりないのが問題で、気付いた頃には歯周病がかなり悪化してしまっている事が多いのが特徴的です。

そのため、予め歯周病にならないような歯のケアをすることが大切です。

尚、歯周病のうち歯茎に炎症が起こる症状を歯肉炎と言い、歯周病の初期段階、歯周炎の前段階の症状です。

他の歯周組織にまで炎症が広がってしまったものを歯周炎と呼びます。

※昔は歯周病のことを歯槽膿漏と言っていました。

歯槽膿漏とは、歯周組織から膿が出てくる症状で、厳密に言うと歯槽膿漏は歯周病の症例の1つと言えるでしょう。

※歯周病のことを、歯周疾患あるいはペリオと言う場合もあります。

歯周病チェック

歯周病には自覚症状があまりありません。

もし、以下のチェック項目に当てはまる要素があるようでしたら、歯周病の可能性が考えられます。

悪化してからですと手遅れになってしまう可能性もありますので、早急に歯科医にて歯周病検診をしてもらうことをお勧めします。

(1)歯磨きをしている時に、歯茎から出血が見られる人
(2)急に口臭が気になるようになった人
(3)口腔内が粘つく人
(4)歯茎が腫れている・柔らかくなってしまった人
(5)歯茎が赤や紫に変色してしまった人
(6)歯茎から膿が出てきている人
(7)硬いものを食べると痛みを感じる人
(8)歯がぐらつく人
(9)歯茎が痩せてしまった人(歯が長く見える)
(10)歯間が広くなった人
(11)歯茎に痛みを生じたり、痒みを感じる人
(12)糖尿病の人

歯周病によって様々な症状がでてくるようになります。

歯周炎の前段階である歯肉炎の症状であれば、完治することが可能な歯周病ですので、少しでも異変を感じた場合、早めに診断を受けるようにしましょう。

歯周病や歯肉炎を予防する歯磨き粉

歯磨き粉 歯ブラシ

歯周病や歯肉炎にならないためにも日頃のケアをしっかりと行うことが大切です。

ε-アミノカプロン酸、β-グリチルレチン酸、イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸メチルといった薬効成分が配合されているものは、歯周病や歯肉炎を予防する効果がありますのでお勧めです。

また、歯茎から出血があり歯周病の可能性があるという人で中々歯科医に行く時間がないという人には、トラネキサム酸が配合されている歯磨き粉を使用すると出血を抑制してくれる効果ありますのでお勧めです。

歯磨き粉で歯周病は完治しませんので、歯周病が疑われる場合は早急に病院へ行くことをお勧めします。

現在歯周病治療を行っている人にも、歯周病や歯肉炎を予防する歯磨き粉はお勧めです。

通常の歯磨き粉より抗炎症作用によりで歯茎の腫れを緩和させてくれたり口臭を予防してくれる効果があります。

歯周病や歯肉炎に効果のある歯磨き粉を買われる方の多くは、歯茎の腫れや出血を感じてから買う方が多く、すでに歯周病が進行してるケースが多いのが特徴的です。

歯周病や歯肉炎に効果のある歯磨き粉によって、症状を緩和させることはできますが、完治することはできませんので早急に診察を受けるようにしましょう。

そして、今現在歯周病や歯肉炎に掛かっていない人こそ、予防として歯周病や歯肉炎に効果のある歯磨き粉を使用することをお勧めします。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.