トップページ > 歯列矯正 > 歯列矯正の年齢制限とは

歯列矯正の年齢制限とはDental Guide

年齢制限

歯列矯正には行ってはいけないといった年齢制限は特に定められてはいませんが、幼児期など永久歯が生える前の段階や、高齢期の歯や顎の状態によっては歯列矯正に適さない状況という場合がありますので、各年代の歯列矯正について詳しくご紹介します。

幼児期

赤ちゃん

主に0歳~6歳までの期間を幼児期と言います。 歯列矯正は基本的に永久歯を矯正しますので、乳歯を歯列矯正するのは稀です。 乳歯は生後11ヶ月くらいから生え始め、3歳頃までに乳歯が生え揃い、乳歯は隙間があっても問題ありませんので、無理に矯正する必要はありません。 指しゃぶりや舌癖が悪かったり多少噛み合せ等が悪くても、まずは、永久歯が生え始める(6~7歳)まで様子を見るのが一般的で、永久歯の歯並びが悪くなる可能性の悪癖を修正していくのが専らの治療となるでしょう。

但し、顎にズレなどの異常がある場合は矯正を行う場合があります。 顎のズレを放置していると顔のバランスが大人になるにつれ顕著になる他、噛み合せが酷くなるなど様々なマイナス要素の要因となるためです。 この場合の矯正は手術などと言った大掛かりな矯正ではなく、あくまで成長に合わせて治療していくことになります。

第一次成長期

子供

主に7歳~13歳までの期間を第一次成長期と言います。 (永久歯は6~7歳頃から生え始め、12歳前後で生え揃います。) この第一次成長期から第二次成長期というのは、顎骨の成長期でもありますので、骨格の矯正が容易に行いやすい時期になります。 特に、受け口の矯正は第一次成長期が最も治療に適した期間となります。 第一次成長期は上顎の成長段階にありますので、上顎の成長を促すことが1番負担のない受け口の治療法となるからです。

受け口になってしまうと、噛み合せの問題や発声に問題が生じる場合があります。 早期治療が完治が早く影響も少なくて済みますので、まずは永久歯が生え揃った段階で1度歯並びの検診を受診されることをお勧めします。 検診を受けることは、今後の歯並びの予測をつける上でとても重要なことですし、第一次成長期から歯列矯正を行うことは、永久歯のケアに非常に有効になります。

第二次成長期

少年

主に13歳~18歳までの期間を第二次成長期と言います。 第一次成長期から第二次成長期の間が最も歯列矯正に適した期間となります。 第二次成長期になると顎骨の成長が落ち着いてきますので、第一次成長期と比べると顎骨の矯正が難しくなってきます。(場合によっては抜歯の必要性や、外科的手術が必要になる場合があります。)

しかし、全ての永久歯がしっかり生え揃っていることで、歯列矯正の計画が立てやすくなりますし、第一次成長期に起こりがちな歯医者=怖いという思いは軽減していると思われることと、審美的な面で気になりだす年齢になることから、自分の意思で歯列矯正をしたいという強い意志が治療を促進させることでしょう。 歯列矯正は年齢を重ねるにつれ、歯の動きが鈍くなり治療期間が長くなってしまいますので、第二次成長期までに行うのが理想です。

成人期

成人

19歳以降の期間を成人期と言います。 成人期に入ってくると、顎骨の成長も終わっていますので、歯列矯正を行う場合、抜歯や外科的手術が必要となる場合があります。(顎骨の成長が止まってしまうと、上顎と下顎のバランスによる歯列矯正を行えなくなります。) 成人期は親が子供の歯並びを気にして治療を薦めるというよりは、本人が審美目的で歯列矯正を希望する例が多く、治したいという強い気持ちと、高額な治療費を支払うことからきちんと矯正に取り組む人が多いのも特徴的です。

また、成人期になってから親知らずによる圧力よって歯並びのズレに気付くという場合もありますので、成人期に入ってからの治療でも手遅れということはありませんので、気になるなと思った場合、それ以上の進行を止めるためにも早めに歯科医に相談することをお勧めします。 歯列矯正が行える年齢の上限ですが、40代異常でも歯列矯正を行うことは可能ですが、加齢により歯や歯茎、顎骨が弱くなっていきますので、何かしらの影響及び治療の長期化が予想されます。 (歯周病などが進行している場合は、歯列矯正を行えない場合もあります。) 70歳以上でも歯や歯茎などの健康状態が良好であれば、歯列矯正を行うことも可能ですが、一般的に女性は閉経する65歳くらいまでが歯列矯正が可能と言われています。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.