トップページ > 歯列矯正 > 歯列矯正における適切な医者の選び方

歯列矯正における適切な医者の選び方Dental Guide

歯列矯正の歯医者とは

歯医者さん

現在の日本の法律では、歯科医であれば誰でも矯正治療を行うことができますが、矯正治療は、矯正の技術や経験を学んだ矯正医に治療をお願いするのが1番です。 矯正医とは、虫歯治療や入れ歯を作成はせず、矯正に専従した医師です。 日本には、いくつか有名な矯正学会があり、それらの学会にて資格を得ることで認定医(専門医)を名乗ることができるようになります。

・日本矯正歯科協会(JIO)
・日本矯正歯科学会(JOS)
・日本成人矯正歯科学会(JAAO)
・日本舌側矯正歯科学会(JLOA)

学会の認定医であれば、待合室などに証明証を掲示されているかと思いますので、事前に確認をしましょう。

歯科医と矯正医の連携

歯医者さん

矯正医は、大学の矯正科で矯正についての知識や技術を学ぶ反面、虫歯などの技術は学ばないため、噛み合せや虫歯などが発生した場合一般の歯科医に治療を依頼することになります。 歯科医は、虫歯や入れ歯、噛み合せなど歯科治療に関して様々な知識や技術を学びますが、矯正治療に関しては、専門に矯正学を学んでいる矯正医と比べて知識は不十分と言えるでしょう。 (勿論、一般の歯科医の方でも矯正の知識に博識な歯科医もいます。) そのため歯科医と矯正医は足りないところをお互い補うと言う面でも正しく連携していることが大切です。

<矯正医の方針と歯科医の方針が食い違ってしまった場合など連携が正しく行われない例>

・矯正治療が無事に完了しても、その後に行われる虫歯や噛み合せの治療で、今までの矯正治療が無駄になってしまう場合があること。 ・矯正の技術がない歯科医が矯正医に治療を依頼した場合、歯列は矯正されても噛み合せが改善されない場合があること。 そのため歯列矯正の治療には、矯正医が常勤している歯科医院か、歯科医院としっかり連携が取れている矯正医院を選ぶことが最良と言えるでしょう。

矯正Q&A

歯医者さん

Q:矯正専門医院と虫歯治療なども行っている歯科医院ではどちらのほうが良いのですか?

A:矯正専門医院のほうが、技術や、経験、装置などが優れていることが多いのです。 ただ、噛み合せなどに関しては歯科医のほうが熟知している場合もありますので、噛み合せに熟知している矯正医に巡り合えれば矯正専門医院のほうが優れていると言えるでしょう。 歯列矯正は、矯正の技術も重要ですが、それ以上に噛み合せもとても重要なのです。

Q:矯正治療中の転院は可能ですか?

A:転院は可能ですが、費用や治療期間などを考慮すると転院はお勧めしかねます。 そのため、最初に歯列矯正を行う医院を選ぶことがとても重要であると言えるでしょう。 歯列矯正には数ヶ月から数年の年月をかけて治療を行います。 治療を行っている間に治療方針について不信感を抱いたり、不安を抱いてしまった場合転院を過ぎることもあるかと思います。 そのような状況に陥らないためにも治療前に担当医に納得いくまで説明を受け、この医師になら任せられると場合に治療をお願いしましょう。

Q:床矯正を長年使用していますが矯正が改善されません。

A:床矯正とは入れ歯のように取り外しが可能な矯正器具のことで、値段も安価で治療も簡単なことから人気がある矯正治療なのですが、矯正治療の経験が乏しい歯科医師が床矯正を安易に行おうとするため、結果として矯正が改善されないという状況の患者が増加してしまっております。 矯正の相談に言った際に、床矯正を薦められた場合、床矯正が最善の矯正方法であれば問題ないのですが、技術不足のため安易に申し出ているのだとしたら歯列矯正に効果が見られないかもしれませんので、別の矯正医・歯科医にも相談をしてみることをお勧めします。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.