トップページ > 歯列矯正 > 相談から矯正完了までにかかる歯列矯正の費用とは

相談から矯正完了までにかかる歯列矯正の費用とはDental Guide

歯列矯正にかかる費用

歯医者さん

歯列矯正は一部の症状を除き全額自己負担での治療となります。 歯列矯正は自由診療のため(各歯科医院で治療費の設定が自由に行えます。)、全く同じ治療を行ったとしてもA歯科医院とB歯科医院とでは治療費に差が出ることもあります。 (歯列矯正(矯正専門歯科医)は一般的に地方都市と大都市圏とでは治療費の格差が多く、地方都市と大都市圏を比較すると倍近く治療費に差が開いていることもあります。)

また、歯の状態や、矯正器具、治療期間などによって治療費は異なりますので、治療を行う前に治療期間、治療費など担当矯正医に詳しく聞くことが大切です。 ただ、矯正治療にも相場というものがありますので、実際に歯科医の診断を受ける前に、相場を知ってから受診されることをお勧めします。

歯列矯正の相場

歯 費用

相談料

無料~5000円程度掛かります。 歯列矯正について相談する場合にかかる費用です。 相談に費用が掛かるか否か事前に電話やメールで問い合わせをするのが良いでしょう。

初診料

3000円~5000円程度かかります。 初めて診療を受ける際に請求される診察料のことです。

診断料・検査料

4万~7万円程度かかります。 歯列矯正を行うための検査(X線撮影や、噛み合せ、顎の間接などといった検査になります。)にかかる費用です。

治療費・装置料

70万~90万円程度かかります。 歯列矯正の治療や、矯正装置にかかる費用です。 (小児の場合は、30万~60万程度になり、 部分矯正の場合は約5万円~の治療費となります。)

調整量

1回につき3000~1万円程度かかります。 ワイヤーの調整にかかる費用です。

その他に金属ではない透明や白のブラケットを利用する場合は別途5万~20万程度の費用がかかり、舌側(裏側)矯正を行う場合は、基本料金+1.5倍ほどかかりますので、別途40万程度の費用が必要となります。

尚、国立大学の付属病院は日本全国同じ料金で治療を行いますので、治療費は一体いくら掛かるんだろうと不安に思っている方は、国立大学での治療をお勧めします。

[国立大学]

初診料:5040円
検査料:80430円
診断料:29400円
治療費:55万~60万円程度
調整料:6300円

金属製のブラケットで2年程治療を続けた場合約70万~80万円の治療費になります。

保険適用例

綺麗な歯

歯列矯正は、顎の変形を治療する顎変形症、生まれつき上唇や顎の骨が癒合不全である唇顎口蓋裂で手術が必要と診断された場合のみ健康保険が適用される場合がありますが、それ以外の治療は全て自己負担となります。 (一般の歯科医院では保険が適用されるかされないかという診断は行っていない歯科医院もありますので、歯科大学付属病院などで受診されることをお勧めします。)

一般の歯科医院でも外科矯正を行っている医院の場合、保険が適用されるか診断を行っている場合もありますが、一般の歯科医院で受診される場合は、事前に電話やメールなどで保険適用の診断の有無は可能か確認しておくと良いでしょう。 尚、外科矯正にかかる費用は約100万~200万程度かかります。 (保険が適用されて約50万~60万の費用で治療を行うことができます。)

アメリカの治療費

アメリカでは歯列矯正はステータスとも言われている程普及しているのですが、アメリカでの歯列矯正に掛かる費用は、実は日本よりも高いということをご存知でしょうか。 矯正治療が浸透しているアメリカでかかる治療費は110万~140万程かかると言われていますので、日本の歯列矯正にかかる費用が決して無駄に高いというわけではないということがお分かり頂けたかと思います。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.