トップページ > 歯列矯正 > 歯列矯正の失敗例

歯列矯正の失敗例Dental Guide

歯列矯正の失敗

歯

歯列矯正は絶対に治るというものではなく、残念ながら失敗してしまう例も少なくありません。 高額な治療費と、長期にわたる治療期間、そして治療に伴う痛みを耐えて治療を進めていたのに、数年後に再び歯並びが悪くなってしまったという例も実際にあります。

また、矯正失敗とまでは言えませんが、当初の治療計画よりも治療が長引いてしまう例や、歯列矯正の期間中に虫歯が発生してしまう例なども、歯列矯正がスムーズに進行したとは言い難いでしょう。 特に、歯列矯正中虫歯が発生してしまった場合、歯列矯正を中断して歯科治療に行かなくてはいけず、矯正医との連携が取れていない歯科医院や矯正についての知識があまりに乏しい場合、矯正が振り出しに戻ってしまったということもあると言いますので注意が必要です。

矯正の知識に乏しい歯科医

歯医者さん

歯列矯正は歯科医であれば誰でも行うことができるため、矯正治療の知識が乏しい歯科医でも治療を行うことができるのが現状です。 知識のない歯科医が矯正を行うことで、歯列が綺麗だった箇所まで隙間を空けてしまったり、無理な力を加えることで痛みを生じさせる、神経を殺してしまうといった症例もあると言います。

矯正の知識に乏しい歯科医にありがちな治療方法として、床矯正を勧める場合があります。 床矯正は入れ歯のように取り外しが行える治療器具のため用意に取り付けることができるのが特徴的ですが、容易に行える治療だからこそ、知識の無い歯科医が安易に使用し歯列矯正に改善が見られないということがあります。 値段も安価で取り外しも可能なため、患者としても負担が少ない矯正器具ですので、飛びついてしまいがちな矯正器具なのですが、手軽な矯正器具=効果が低い=治療期間が長いということも言えますので、よく考えてから決断をするようにしましょう。

失敗例

歯

審美目的の歯列矯正が、しわが増えてショック!!

綺麗な歯列を得るために犬歯を抜くことになったAさんは、顔にしわが出来てしまったと言います。 歯列矯正の治療には抜歯が必要な場合があります。 綺麗な歯列を得るためには止むを得ない決断になる場合もあることでしょう。 しかし大きい犬歯を抜くことによってその部分の肌は窪んでしまい、窪んだ事が原因でしわになってしまったというのです。 審美目的で歯列矯正をしたのに、誤った治療により別の場所の審美を損ねてしまっては元も子もありません。

その他にも誤った治療によって鼻呼吸がしずらくなったり、神経の死んでいる歯を残されて健康な歯を抜かれてしまったり、無理な圧力をかけたせいで歯髄が死んでしまったりなど様々な失敗例があるのが現実です。 正しい歯列矯正を行うことで、骨格の歪みが矯正され顔のバランスが良くなったり、呼吸の改善や、視力が回復したという症例もありますので、誤った治療がいかに恐ろしく、正しい治療がどれほどの効果をもたらすのかお分かりいただけることかと思います。

信頼できる矯正医

歯医者さん

1度治療が始まってしまうと、患者は医師を信じて全てを委ねるしかありません。 痛みを感じて訴えても、誰もがそういう痛みを感じるのですよと言われたら治療が間違っているとは思わずにそういうものなのかと信じてしまうでしょう。 無理な歯列矯正を行った医師の中には、治療の途中で匙を投げるような発言をしたという医師もいるそうです。 そのような発言をされて不安にならない患者はいませんし、行ってしまった治療は巻き戻しがききませんので、なぜこの医師を選んでしまったのかと自分を責めたり、医師を許せないという気持ちも生じてしまうでしょう。 失敗しない歯列矯正を行うためには、確かな技術を持ち信用できる矯正医を探すことが重要です。 矯正の技術に関しては矯正歯科の認定医として認められていることが1つの判断材料となりますので、様々な矯正医に相談をしてみることが信頼できる矯正医を見つける近道と言えるでしょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.