トップページ > 歯列矯正 > 歯列矯正にかかる治療期間と治療の流れ

歯列矯正にかかる治療期間と治療の流れDental Guide

治療期間

歯

歯列矯正の治療期間は、個々の状況によって異なりますが、(年齢や基礎代謝、虫歯や歯周病、顎の間接の状態等で歯の動き方が変わるためです。)小児期の矯正治療は凡そ6ヶ月~2年、大人の矯正治療には凡そ1~3年程度が平均と言われています。(大人の矯正で困難な歯列の場合、治療に3~5年以上かかるケースもあります。) ※ 上記の期間は、ブラケットを装着している期間のことですので、装着前の治療期間、保定期間は含みません。

自身の都合もあると思いますので、具体的な治療期間は、担当矯正医とよく相談するようにしましょう。 また、虫歯の発生や患者自身の非協力によっては予想治療期間が延長する場合がありますので注意しましょう。 ※ 患者自身の非協力とは、治療予約日を度々キャンセルしてしまったり、矯正器具などを直ぐに外してしまう(可撤式タイプ)などのことを指します。

自身の都合以外で予想治療期間が伸びていると感じた場合は、不安な気持ちを押し殺すのではなく、早急に担当矯正医に説明を受けることが治療完了への近道です。 尚、小児期や若年期の矯正は歯の動きが良いため、予想治療期間よりも早めに治療が完了するケースもありますが、骨の成長や歯の生え変わり時期を考慮する必要がありますので、5年以上治療に掛かってしまうケースもあります。 歯列矯正は、しっかりと根付いていた歯を体に負担をかけないようにゆっくりと位置を動かしていく治療ですので、小児期も大人も治療には長期間有することを念頭に治療を受けることが大切です。

治療の流れ

歯医者さん

1:歯科医院探し

近所の口コミや、インターネットでの地域コミュニティ検索、知人の紹介などから情報を収集し、信頼できる医師を探すことが大切です。

2:問い合わせ

歯列矯正の治療についてまずは電話かメールにて問い合わせをしましょう。 費用や期間は勿論のこと、応対も重要なポイントです。

3:初診・相談

現在の歯の状況を診てもらい、凡その治療期間と費用などについて説明を受けます。 少しでも疑問や不安に感じたことは最初のうちに相談することが大切です。 予め聞きたいことをメモしていくのも良いでしょう。 聞きたいことを教えてもらうとうのも重要なポイントですが、医師が、誠実に応対してくれているかも重要ポイントですので、忘れずにチェックしましょう。

4:検査

矯正の計画を立てるために顎や歯のX線撮影や歯型の採取、噛み合せ、顎の間接などを検査します。 この時に、虫歯の有無や抜歯の必要性なども調べます。

5:診断の説明

検査結果から、今後の治療方針や、期間、治療費などが説明されます。 矯正装置にも可撤式タイプと固定式タイプのようにそれぞれメリットデメリットがありますので、医師の説明をよく聞き、歯の状態や自分の都合などを摺り合わせて納得できる治療方針を選択することが大切です。

6.矯正前の治療

ほとんどの場合歯列矯正に入る前に、虫歯や歯周病の治療が行われます。(必要に応じて抜歯も行います。)

7:治療開始

歯列矯正の治療に入ります。 矯正に使う装置によって異なりますが、種類よっては複数回に分けて装着するものもあります。 (装着直後は、食事や会話がしづらいといった違和感や、痛みを感じることもあります。) 矯正装置を装着後、矯正治療中の正しい歯磨き方法を教わります。 (矯正装置が入っていることで歯磨きがし辛くなる他、金具などに汚れが溜まりやすくなり、虫歯が発生しやすくなるためです。) その後ワイヤーを調整したり、歯の状態をチェックするために月に1~2回程度の割合で通院し治療を続けます。

8:リテーナー装着

歯列が矯正された後は、歯の後戻りを予防するためにリテーナー(保定装置)を装着します。 リテーナーは最低でも1年間使用し、矯正期間と同じかそれ以上の期間を保定することが望ましいです。 (リテーナー装着時も3~6ヶ月に1度程度の割合で通院が必要です。)

9:治療完了

リテーナーが外れて治療が完了になります。 矯正治療が終了しても定期的に歯の検診を受けるようにし、歯列や噛み合せを維持するようにしましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.