トップページ > 歯列矯正 > 歯列矯正中の虫歯予防法・歯磨き法

歯列矯正中の虫歯予防法・歯磨き法Dental Guide

歯列矯正中の虫歯

歯医者さん

歯列矯正を行っている期間は、矯正器具をしているため歯を磨きづらい状態(磨き残し)が続いてしまいます。 そのため、虫歯になりやすく歯列矯正中に虫歯治療に行く場合もあります。 (基本的には虫歯の治療は歯列矯正を行う前に行います。 歯列矯正期間中は一般的には矯正器具が治療の妨げになりますので、応急処置的な治療になる場合が多いです。)

歯列矯正中に虫歯治療が必要になる場合、それだけ治療期間が延長するということですので、歯列矯正中は虫歯にならないよう特に気をつけて歯磨きをすることが大切です。

虫歯予防

歯

自分で磨くだけでは不安だという場合は、歯科医で定期的にクリーニングを行うことをお勧めします。

[PTMC]

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)を一掃し、仕上げに専用のチップとペーストを使うことによって、 葉の表面のざらつきを滑らかにし、汚れの付着を予防します。 健康保険対象外の治療となり30分で3000円~5000円程度の費用がかかります。 (医療費控除対象です。)

[クイックジェット]

重曹パウダーを強圧で吹き付けることにより、ステインなど強力に除去することができるクリーニング法です。 但し、PTMCと違い歯にざらつきが残りますので、汚れや着色が起こりやすくなる可能性があります。 歯肉炎や歯周病の場合、多少沁みる場合がありますが、通常は痛みをあまり感じません。

[リナメル(ナノアパタイト)]

歯の表面にあるざらざらをリナメルを刷り込むことで滑らかにし汚れの付着を予防します。 コーティングすることで知覚過敏の軽減などにも効果があり、虫歯菌を吸着する性質があるため虫歯予防にも期待ができます。

歯磨き法

歯磨き

歯列矯正中は、矯正器具が取り付けられているため歯磨きがしづらく磨き残しが多くなりがちです。 そのため、歯を1本1本丁寧に磨くことが大切になります。

[TBI]

Teeth Blushing Instructionの略で、歯科衛生士による歯磨き指導を意味します。 矯正器具は取り付けられている場合m自己流の歯磨き方法では、磨き残しの可能性がありますので、歯科衛生士により正しい歯磨き方法の指導を受けます。

<歯の磨き方>

1:歯茎側から歯ブラシの毛先をワイヤーの間に入れるようにして歯ブラシを左右に動かしワイヤーの隙間の汚れを除去します。
2:次は逆向きになります。歯の先端側から毛先をワイヤーの間に入れるようにして歯ブラシを左右に動かしワイヤーの隙間の汚れを除去します。
3:ブラケットの上に歯ブラシをあてがい左右に細かく振動させ汚れを除去します。
4:歯の裏側は、歯ブラシを縦にし、1本1本汚れを掻き出すように汚れを除去します。
5:歯の底(噛む面)は歯ブラシを水平にあてがい左右に細かく振動させ汚れを除去します。

≪歯を1本1本丁寧磨く意識と、矯正器具の境目は特に細かく丁寧に磨くことが大切です。≫
※汚れを上手く落としきれない場合は毛先が小さい歯ブラシ(タフトブラシやORTHOSEVEN(オーソセブン)、インタースペースブラシ等)を用いて丁寧に磨きましょう。
※抜歯箇所がある場合、抜歯した箇所の横の歯は歯ブラシを斜めにあてがい側面の汚れを丁寧に除去しましょう。

お勧め歯ブラシ

歯ブラシと歯磨き粉

・タフトブラシ…毛先が山型カットになっており、奥から手前へとかい出しやすく矯正器具を装置していても汚れを除去しやすい歯ブラシとなっています。
・ORTHOSEVEN…毛束が山切りカットになっているため矯正装置の周りの汚れを除去しやすい歯ブラシとなっています。
・歯間ブラシ…歯と歯の間や矯正器具の間の汚れを除去しやすい歯ブラシとなっています。
・インタースペースブラシ…歯と歯の間や歯周ポケット、矯正器具の間の汚れを除去しやすい歯ブラシとなっています。
・デンタルフロス…歯と歯の間の汚れを除去しやすい歯ブラシとなっています。

(矯正器具が取り付けられていると、ワイヤーが邪魔をしてデンタルフロスが通りませんので、まずデンタルフロスを歯の間の通すのではなく、ワイヤーの下に通してから歯の間へ通すようにして使用すれば、歯の間を磨くことができます。 市販の柄付きのデンタルフロスは歯列矯正中は使用できませんが、矯正治療中のデンタルフロスとしてオーソフロスという柄付きのデンタルフロスもあります。)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.