トップページ > 歯列矯正 > 歯列矯正中に生じる痛みとその原因

歯列矯正中に生じる痛みとその原因Dental Guide

歯列矯正の際に生じる痛み

歯列矯正には様々な要因から痛みを生じる場合があります。 歯列矯正は歯の治療の一種ですので、ある程度の痛みは伴い場合があることを理解し、治療に臨むようにしましょう。

抜歯による痛み

痛がる女性

歯列矯正を行う場合場合によっては虫歯の無い健康な歯を抜歯する必要があります。 特に成人してからの抜歯は顎の成長が終わっていますので、容易に抜けづらい場合もあります。 抜歯中や、抜歯直後は麻酔が効いていますので痛みを感じることはないと思いますが、抜歯した当日は痛みを伴うことがありますので、麻酔が切れる前に痛み止めの服用を勧められる場合があります。

また、歯列矯正を行う場合親知らずを抜く場合があります。 親知らずは横向きに生えていることが多く、歯肉に中に完全に埋もれている場合がありますので、口腔外科にて外科的手術が必要になる場合があります。 1週間ほど痛みが持続する場合がありますので、仕事などに影響がある場合は長期休暇などを利用しましょう。

また、抜歯を行った場合通常は傷口に血が固まって(血餅)傷を治癒する働きがあるのですが、治癒不全を起こしてしまうと歯槽骨がむき出しになってしまい強い痛みを生じる場合があります。 これをドライソケットと言い抜歯後3日くらい経ってから痛みを生じ、完治までに数週間要しますので、このような痛みを感じた場合、至急治療した医院にて受診を行い軟膏を塗ってもらうなどの処置をしてもらいましょう。

矯正中の痛み

歯

矯正を行う前に矯正器具を取り付けやすくするためセパレーションリングと言う歯間を押し広げるゴムを装着します。 装着後から2~3日程度痛みが持続することもあり、矯正治療で1番辛いという人もいます。 歯間が広がった後、矯正器具にて歯間を広げるのですが、こちらも歯をじわじわと動かす行為ですので痛みを伴う場合があります。 一般的には歯が浮くような痛みと言われています。 痛みの感じ方は人それぞれで、全く痛みを感じないという人もいれば、噛んだ時に痛みを感じる、常に鈍痛及びズキズキと痛みを感じるという人もいます。

このように歯を動かすことで生じる痛みのほかに矯正器具が当たって痛みを生じる場合があります。 矯正器具が口内に当たることで痛みを感じる場合は、器具の向きなどを調整してもらうか、器具にワックスを塗ってもらい痛みを緩和してもらうことで解消できます。(1週間ほど装着しているうちに、体が学習し矯正器具が当たらないようになります。)

また、慣れない器具を装着していることで、頬の内側を噛んでしまうこともあります。

尚、歯列矯正中常に痛みを伴う人は稀です。 主に痛みを感じるという場面は、矯正装置を付け始めの数日間と、月に1~2回の調整の後の数日間になります。 調整直後は物を噛む時に痛みを伴う場合がありますが、数日で痛みはなくなりますし、どうしても痛みが嫌だという場合は鎮静剤で痛みを抑えることもできます。 痛むと言うことは、歯が順調に動いている証拠です。 最初のうちは、感じたことの無い痛みに辛いと思うこともあるかもしれませんが、矯正器具の痛みは次第になれていきますので、極端に恐れる必要はありません。

ダイエット効果

歯

歯列矯正を行うと、顎骨が改善し顔のバランスが良くなることで顔が痩せたと感じる方が大勢います。 その他に、矯正中の痛みによりスープやおかゆなどの流動食をメインの食事としていた場合、意図せぬところでダイエット効果があったという人もいます。

痛みのため泣く泣く流動食になってしまっても、ダイエットをしたいという方には嬉しい誤算と言えるでしょう。 歯列矯正は長い治療となります。 辛い・苦しいと思ってしまうと根気良く続けることが難しくなってしまいますので、前向きに物事を捉え、治療を続けていくことが大切です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.