デンタルガイドトップ歯列矯正矯正歯科の選定基準になる認定医・指導医とは

矯正歯科の選定基準になる認定医・指導医とは

矯正歯科の認定医とは

歯医者さん

矯正医療には水準を維持及び向上を目的とした「日本矯正歯科学会」というものが存在します。

日本矯正歯科学会とは国が公式に認めている機関で、歯列矯正における専門学会です。

日本の法律では、歯列矯正に関して特別に学んでいなくても矯正治療を行うことが許されているため、日本矯正歯科学会では、矯正治療について特別な知識を得ている医師に対し認定医・指導医・専門医といった資格を付与しています。

矯正医は、虫歯の治療や入れ歯の作成などは行いませんので、矯正治療には矯正医と歯科医が協力して治療を行います。

日本矯正歯科学会の発行する資格証は、歯列矯正の資格として最も有効だと言われておりますので、歯列矯正を受診する際は、日本矯正歯科学会の認定医であるかなど判断材料にする事が望ましいでしょう。

日本矯正歯科学会の階級

歯医者さん

日本矯正歯科学会は技術や経験によって名乗れるグレードが異なります。

[一般学会員]

会費を支払うことで日本矯正歯科学会の会員になれますが、会員であるからといって、資格を有しているとは限りません。

認定医であれば、認定医証明証や学会の名簿を見せてくれますので、確認するようにしましょう。

大抵の場合は待合室などに証明書が提示されています。

[認定医]

現在日本に約3000名ほどの認定医の資格を有した矯正医がおりますが、日本矯正歯科学会の認定医になるために必要な条件があります。

1:5年以上日本矯正歯科学会の学会員であること。
2:2年以上大学の矯正科で研修をし、その後3年以上指導医の下で専従すること。
3:学会誌に論文を発表すること。
4:日本矯正歯科学会の定める認定試験に合格すること。

以上の4点が認定医を受ける最低条件となります。

「指導医」 

認定医になるための条件の2に登場している指導医になえるためには、更なる条件が付与されます。

1:13年以上日本矯正歯科学会の学会員であること。
2:認定医の資格を取得後、3年以上大学の矯正科で教育指導を行っていること。
3:日本矯正歯科学会の定める認定試験に合格すること。

この条件をクリアして、日本矯正歯科学会の指導医の資格を得ることができます。(現在日本で約500名の指導医が活躍しています。)

[専門医]

認定医の資格を有していても、新人とベテランとでは技術に大きな差があります。

そこで2006年に、より技術・経験・知識のある認定医に対し、専門医という資格を付与されるようになりました。

1:認定医の資格を取得した後、2回以上更新試験に合格をしていること。
2:10年以内に矯正に関する論文など学会発表をしていること。
3:学会の指定する10種の治療例を提示し基準をクリアすること。
4:口頭での試験に合格すること。

認定医のススメ

歯医者さん

前述したように日本には、矯正の知識がなくても矯正治療を行うことができます。

そのため知識や技術もないのに矯正治療を行う自称矯正医がたくさん増え、杜撰な矯正治療を受けた患者も少なくありません。

勿論、日本矯正歯科学会の学科員ではないからといって、矯正の技術がないとは限りません。

しかし、日本矯正歯科学会の認定医であれば、最低5年以上矯正の専門的技術や学問を学んでいることはお墨付きです。

また、患者としても明確な資格証があるということは、医師を選ぶ判断に大いに役立つことだと思います。

1度治療を受けてしますと、元に戻すことはできません。

信頼できる、安心して任せられるという歯科医院にお任せするのが1番ですが、信頼している医院でも、矯正が得意分野とは限りませんし、矯正が得意な医師を見つけることができても、あまり相性が合わなさそうだなと思うこともあることでしょう。

後悔しない治療を受診するためには、ネットや口コミなどで情報を集めたり、実際に治療相談を行う等をして、治療する医院を判断することが大切です。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.