トップページ > 歯磨き > 電動歯ブラシのメリットとデメリット

電動歯ブラシのメリットとデメリットTooth polish

電動歯ブラシのメリット

歯医者さん

この10年の間に、電動歯ブラシがだいぶ普及してきました。 あなたももしかしたら、もうすでに使っているかもしれないですね。 電動歯ブラシは手で磨くよりも、パワフルに歯ブラシをすることが可能になりました。 また、手も疲れないですから、より多くの方が愛用しています。 それに、各メーカーが次々に使いやすい電動歯ブラシを開発していますから、あなたにもぴったりとあった電動歯ブラシを選ぶことができます。

電動歯ブラシのメリットは、ほかにもあります。 今までのように手で磨いていたら、どうしても面倒な気分になってきます。 歯ブラシは、1日の中でできるだけ多くの回数を行った方がいいです。 普通の歯ブラシだったら、億劫になってしまったり、やりたくなくなってしまいます。 けれども、電動歯ブラシならばそんなわずらわしさもなくて、あなたにも手軽に歯ブラシを行えます。 また、お子様や高齢者の方など、自分だけでは上手に歯ブラシが行えない方でも、電動歯ブラシを使えば簡単に歯ブラシを行えます。 このようなメリットがたくさんありますから、今後も、多くの方が電動歯ブラシを利用していくに違いがありません。

電動歯ブラシのデメリット

傷ついた歯

けれども、こんな電動歯ブラシにも、デメリットもあります。 だから、あなたが電動歯ブラシを使うときには、頼りきりにならないことも重要です。 電動歯ブラシに頼りきりになってしまったら、正しく歯ブラシが行えなくなってしまうからです。 電動歯ブラシのデメリットでもっとも大きなものの1つが、その刺激があまりにも大きすぎることです。 電動歯ブラシは、あなたの年齢や性別やお口や歯の大きさにかかわらないで、みんな同じような動き方をします。 このような電動歯ブラシの動き方では、あなたのお口の大きさや年齢や性別などによっては、口の中を痛めてしまう危険性があるのです。 事実、電動歯ブラシを行ったことによって、口の中を痛めてしまう方はよくいます。 たとえば、歯を傷つけてしまったり、歯茎を傷つけてしまったりします。 あまりにも、電動歯ブラシの刺激が強すぎるために、あなたの大切なお口や歯を傷つけてしまったら、大変なことになってしまうでしょう。 ですから、電動歯ブラシを使って毎日の歯磨きを行うときには、あなたのお口や歯を傷つけないように十分な注意が必要になってきます。 もし、おうちでお子様や高齢者の方が電動歯ブラシを使って、毎日歯磨きをしているのならば、そのような方がお口や歯を痛めていないかどうかもしっかりとチェックをしてくださいね。 高齢者やお子様は自分でお口や歯を痛めていないかどうかに、気がつきにくいのです。 そのため、誰かが必ず見てチェックしましょう。

電動歯ブラシで正しいブラッシングを

綺麗な歯

また電動歯ブラシを使うときには、いつも以上に正しい歯ブラシが必要になってきます。 電動だからといって、ただやみくもに歯ブラシを使っていたら、逆効果になって、あなたのお口の中を清潔に保つことができなくなってしまうでしょう。 電動歯ブラシを使っているからこそ、より丁寧にブラッシングしなくてはいけないのです。 歯はただ適当に磨いていたのでは正しく磨けませんし、口臭や虫歯、歯周病を予防することは絶対にできないのです。 電動歯ブラシを使うからこそ、より正しい歯磨きの方法が求められます。 特に、歯の繊維にそって、歯ブラシを行うことが最も重要です。 それぞれの歯は縦に繊維が入っています。 その歯の繊維にそって、電動歯ブラシを使って、歯磨きを行うようにしましょう。 横方向に電動歯ブラシを動かしたのでは、あなたの大切な歯やお口の中の環境が守れなくなってしまいます。 縦方向の正しいブラッシングを行うようにして、いつまでも健やかで丈夫な歯を保ちたいですね。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.