デンタルガイドトップ歯磨き歯磨きガムとは?その効果は?

歯磨きガムとは?その効果は?

歯磨きガムは時間がなくて歯磨きができない人には便利な商品です

歯

最近、歯磨きガムが一般にも浸透してきました。

スーパーやコンビニなどでも、売られています。

あなたは、そういったものを食べたことがありますか?

本当ならば、食事の後には、きちんと歯磨きを行うのが理想です。

けれども、実際には、なかなか忙しくて歯を磨いている暇がない人もいます。

また女性だったら、歯磨きをしたらメイクが落ちてしまうこともあります。

このような理由から、このごろでは歯磨きガムをかむ人が大変増えているのです。

歯磨きガムは、時間がなくて歯磨きができない人には、便利な商品です。

今販売されている歯磨きガムは、虫歯にならない効果が高くなっています。

特に最近では、「キシリトール」という成分が注目されています。

「キシリトール」は、北欧などの歯の健康の先進国では、もはや常識になっている歯にやさしい成分です。

きっと、あなたも聞いたことがあるでしょう。

「キシリトール」で歯を磨いていたら、虫歯になりにくいのです。

現在では、多くの歯磨き粉にもキシリトールは含まれています。

口臭予防の効果も

歯医者さん

また歯磨きガムのもう1つの効果は、口臭予防です。

今、においの強い食事が増えています。

焼肉やキムチ、餃子、にんにくなどの、においの強い食べ物を食べた後には、歯磨きガムが欠かせません。

食べたまま何もケアーをしなかったら、あなたの口臭はかなりにおってしまいます。

口臭は本人が感じるよりも、周りが感じることが多いものです。

あなたの口臭も、自分以上に周りは敏感に感じていることでしょう。

ですから、あなたもにおいのきつい食べ物を食べたときには、歯磨きガムをかんだほうがいいのです。

今、歯磨きガムはさまざまな機能があります。

歯が強くなる機能を持ったものもあります。

また、以前の歯磨きガムはミントなどのにおいがきつかったのですが、最近の商品は、あまりにも強いミントの風味はしなくなりました。

それよりも、フルーツなどのおいしい風味のものが多くなってきたのです。

いくら歯磨きガムが歯の健康や口臭予防によかったとしても、きつい風味のものでは食べる気にはならないですよね。

このようにして、味も改良されてきましたから、あなたもおいしく歯磨きガムをかめるようになってきました。

歯磨きガムはあくまでも補助的な役割

歯

けれども、ここで注意をしなくてはならないことがあります。

それは、歯磨きガムはあくまでも、補助的な役割だということです。

つまり、歯磨きガムがあるからといって、まったく歯を磨かなくてもいいわけではないのです。

まったく歯を磨かなかったら、あなたのお口の中の環境は最悪になっていきます。

ばい菌や雑菌がわいてしまって、不潔になってしまうでしょう。

ですから、歯磨きガムは、ほんの1時的な代用品だと思ってくださいね。

必ず毎日、できたら3食の後と朝起きたときと眠る前には、歯を磨くようにしましょう。

そうでなかったら、歯の隙間に挟まってしまった食べ物は、いつまでたってもあなたのお口の中にとどまったままです。

それでは、すぐに虫歯や歯槽膿漏にもなってしまいますし、口臭もしてきます。

あくまでも、毎日欠かさずに歯磨きをすることが基本だと思ってください。

そして、外出しているときや忙しいときには、歯を磨く代わりに歯磨きガムを食べると考えましょう。

歯磨きガムは日本製のものもありますし、外国から輸入されているものもあります。

日本製でも外国製でもその働きは、ほとんど変わりません。

けれども、外国製のものの風味が、強くてきついかもしれないですね。

ですから、マイルドな風味を好まれるのならば、外国製の歯磨きガムよりも日本製の商品をセレクトしてください。

今では、何十種類もの歯磨きガムが市販されていますから、あなたのお気に入りの商品を、ポケットの中に入れていたらいいかもしれないですね。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.