トップページ > 歯磨き > 歯ブラシの歴史

歯ブラシの歴史Tooth polish

古代から歯の健康は重要だと考えられてきました

城

古代から、歯の健康は重要だと考えられてきました。 けれども、日本では歯ブラシは使われてきませんでした。 日本人が今のような歯ブラシを使い出すようになったのは、この100年ぐらいの間だといわれています。 では、それよりも以前は、どのようなものが使われていたのでしょうか? それよりも以前は、大体が塩で歯磨きをしていました。 塩には除菌作用がありますから、塩で歯をこすったり、塩水でうがいをしただけでも歯の健康にはいいことです。 だから多くの人が、毎日のように手に塩をつけて歯ブラシの代わりにしていました。 けれども、塩で歯をこすったのでは、なかなか歯の間につまってしまった細かな食べ物のかすがとれないですよね。 その食べ物のかすが、虫歯などの大きな原因になってしまうからです。 そこで、昔の人が歯磨きの代わりにしてよく使っていたのが、爪楊枝です。 今でも、爪楊枝を使っている人がいますが、爪楊枝は本格的な歯磨きが登場する前から使われていたものでした。 江戸時代には、もう爪楊枝は一般的に使われていました。 爪楊枝で、歯の間につまってしまった食べ物のかすを取り除くのです。 そうすることによって、食べ物のかすが取れますから、虫歯になりにくくなるのです。 今でも、爪楊枝は日本でも一般的に使われています。

さまざまなデンタルケアーグッズが登場しています

グッズ

最近になってからは、より歯の健康について関心が高まっています。 だから、さまざまなデンタルケアーグッズが登場しています。 そのために以前に比べても、より細かく歯のケアーが行えるようになってきました。 きっとあなたも、多くのデンタルケアーの商品を持っていることでしょう。 その中でも歯ブラシの代わりとして、多くの方が使うようになったのがデンタルリンスです。 デンタルリンスは、水に溶かしてうがいをしたりして使います。 今までの歯ブラシでは落としきれなかった汚れでも、デンタルリンスを使ったら落とせるようになってきました。 また、デンタルリンスを使うことが多くなった背景には、口臭に気を使う人が増えてきたからです。 口臭は、歯ブラシだけを行っていても、なかなか落ちるようにはなりません。 それに、自分では感じなくても、他人には口臭でいやな思いをさせてしまうことがよくあるからです。 そのために、歯ブラシだけのケアーでは限界を感じている人が多いのです。 デンタルリンスを使って口の中をすすいだら、より口臭が少なくなってくれます。

今では、電動歯ブラシが当たり前になりました

歯ブラシ

さらに、この何年かの間に、歯ブラシの技術は大きく進んできました。 特に、大きな変化だったのが、電動歯ブラシです。 もしかしたら、もうすでに多くの方が、電動歯ブラシを使い始めているかもしれませんね。 電動歯ブラシを使っていたら、自分では磨ききれなかった、歯の奥や隅々までに歯ブラシが届くようになってきます。 そうしたら、磨き残しもなくなりますし、口の中が快適に保てるようになるのです。 電動歯ブラシは今や、定番にもなっています。 だから、多くの方が電動歯ブラシを使っているのです。 歯ブラシのメーカーでも、少しでも使いやすくて、歯にも優しい電動歯ブラシを作ろうとしています。 そのために、どんどんいい商品が販売されていきます。 最近では、OLさん向けに携帯用のおしゃれな電動歯ブラシが発売されました。 歯ブラシには見えないおしゃれな形で、多くの OLさんの心をつかんで、大人気になっています。

このようにして、歯ブラシの歴史はどんどん新しくなって、いい商品が販売されていきます。 あなたも自分の歯を健やかに保つためにも、新しくて使いやすい歯ブラシを試してみませんか? そうしたら、今以上に健康で健やかな歯を保つことが可能になるかもしれないですね。 歯ブラシは、もはやあなたの日常生活になくてはならない、大切なものの1つになっているはずです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.