トップページ > 歯ブラシ > 動物の毛を使用した歯ブラシとは?

動物の毛を使用した歯ブラシとは?Toothbrush

天然動物の毛の歯ブラシは歯茎に優しい

歯

動物の天然の体毛を利用した歯ブラシには、馬毛と豚毛があります。 この動物の天然の毛をブラシ部分に採用した歯ブラシは、非常にソフトな感触で歯磨きをすることができて、歯茎を傷つけることが少ないのが大きな特徴です。

歯磨きで気をつけなければ重要なポイントに、硬すぎる歯ブラシや力を入れすぎた磨き方で歯茎を傷つけないようにすることがあります。また、同様に研磨剤入りの歯磨き粉を使って、強い力で磨いて歯のエナメル質を削りすぎないようにすることも重要です。 現在、販売されている歯ブラシは、ブラシ部分の素材は、95%がナイロン製ですが、ナイロン製の歯ブラシでは、つい、力を入れすぎて磨くと、歯茎や歯のエナメル質を削り取ってしまう危険性があります。 しかし、天然の動物の毛をブラシに使った歯ブラシでは、歯茎や歯のエナメル質を傷つけることのない優しさで歯磨き可能です。 その特徴は、天然のたんぱく質から出来ており、歯や歯茎を傷つけることなく、かつ適度な刺激で歯垢(プラーク)の除去も可能な硬さであるのです。そして、使うごとに、毛先自体が磨耗し、丸くなっていくので、歯を削る心配も全くありません。 動物の毛は、復元力が強いので、ナイロンのように使うことによって広がってしまうという欠点も非常に少なく長持ちします。 つい力が入った磨き方をすると良くない高齢者や歯茎が傷んでいるような人に向いている歯ブラシです。

しかし、長所の反対側は、デメリットで、動物の毛の歯ブラシは、歯磨きをした後、乾燥のスピードが遅く不衛生になりがちです。天然の毛ですから、吸水性があり、乾きが遅いのは避けることができません。 そして、歯垢(プラーク)の落ちが悪く、歯茎の刺激が少ないので歯周病にもなりやすいと言う批判があります。また、動物の天然の毛は、歯磨きすることで、磨耗していきますが、その磨耗した微小な毛のかけらが歯周ポケットの中に入ったときに、動物性たんぱく質だけに過敏反応(アレルギー)が、人によって発症する可能性も指摘されています。そのため、アレルギー体質の人の場合は、動物の毛の使用は注意をしたほうが良いでしょう。

短所を理解して使うことで、天然の毛の歯ブラシは、強めに磨いても歯茎を傷つけるような危険性は低いと思われます。歯磨き時、どうも力が入りすぎてしまうという人や、思い切り磨かないと磨いた気にならないと言う人には向いている歯ブラシです。 また、歯周病の人や、歯茎を傷めている人にも、お勧めの歯ブラシです。

注意点は、乾燥が遅いので、使用後は水をよく切って、乾燥をよくして、雑菌の繁殖を防いで使いましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.